2021年1月〜

2020年1月〜

2019年1月〜

2018年1月〜

2017年1月〜

2016年1月〜

2015年1月〜

2014年1月〜

2013年1月〜

2012年1月〜

2011年1月〜

2010年1月〜

2009年1月〜

2008年1月〜

2007年1月〜

2006年1月〜

2005年1月〜




Copyrights



meijiのチョコレートの専門家の方々と、チョコレート・プロジェクトの打ち合わせで、大盛り上がり!
私からの協力依頼を快くお受けくださり、また新商品のテイスティングもさせていただいて、すばらしい経験でした。
新しいカカオの可能性、新しいチョコレートの形・・・さらに大きく広がる、愛すべきチョコレートの世界で、まだまだやらなければならないことが、たくさんある、と情熱的に語り合うことができ、本当に幸せな時間でした。
さあ、ガンバルゾ、と力が湧いてきました。
2021年10月15日

運転免許の更新に行ってきました!
緊急事態宣言が長く続いたため、更新手続きの期限延長手続きを経て、ようやく、今日!
新しい免許証を手にして、う〜んと唸ってしまいました。
皆が言っていることですが、どうして免許証の写真って、妙に暗い印象になるんでしょうかねえ。
私、思うに、圧倒的にライティングが足りないのですよね。
普通の事務室の普通の蛍光灯で撮っているから、顔は暗く写る。
スタジオまでいかなくても、もう少し心配りが必要ですよね〜。
5年間も、こんな顔写真の免許証を持たなければならないのは、悲しい。
もうひとつ、撮影のとき、私は普通に正面を見ていたのに、「あごを引いて」と言われたのにも、ちょっと疑問を感じました。
あごを引くと、目つきが上向きで、険しくなる。
これも、表情が怪しくなる一因なのでは・・・。
免許用写真の撮影スタッフも、職員さんではなく、プロのカメラマンさんを導入してくださることを、期待したいですね。
2021年10月14日

バリーカレボー社の「サステナブルチョコレートの未来2021」というカンファレンスが、オンラインで行われました。
バリーカレボーは、新世代のチョコレートを続々開発して注目されるだけではなく、チョコレートのサステナビリティについて、他に先駆けて熱意をもって取り組み、業界を率いてきた企業。
海外から届けられる興味深いレポートに、背筋を伸ばす思いでした。
ただ、今日は、日本の協力企業に気を使いすぎたためか、失礼ながら不要なブロックも・・・。
そんな時間があったら、大事な話を、もっと掘り下げて聞かせていただきたかったです。

ところで・・・こういうテーマを、ライブでやる必要があったかなあ、と首を傾げてしまいました。
これは、すでに行われたチョコレート・ココア国際栄養シンポジウムでも、チョコブランドの新作発表会でも感じたこと。
機材トラブルで、開始が20分も遅れたり、音声レベルが調整できず、発言者の声が聞こえなかったり、プツプツ途切れたり、生だと、どうしても見苦しい進行になってしまって、みっともない。
今日の内容も、VTRを取って、余計な待ち時間や空白や、通訳の失敗などを編集して、きれいな仕上がりにして、翌日配信したほうが、ずっといいと思うんですけどねえ。
もし、どうしてもライブでやりたければ、優秀なプロのイベント・スタッフを揃えないと、社内会議を垂れ流している印象になってしまって、もったいない。
誰もが気軽に何でも配信できる時代になったからといって、それに甘えた企画にしてしまうと、肝心の情報が効果的に伝わらず、残念な結果になってしまいますよね。
2021年10月13日

ラ・メゾン・デュ・ショコラの新作発表会が、今日オンラインで開催されました。
まあ、クリスマス・コレクションの、なんてロマンチックで美しいことでしょう!!
さすがのデザインセンス、うっとりする精緻な造型!!
マンディアンの飾り、アドヴェント・カレンダー・・・すばらしい!!
私はすっかり、ラ・メゾン・デュ・ショコラのクリスマス気分に酔いました。
続くバレンタイン・コレクションにも、唸ります。
なんと、意表を突く、シックな黒のボックス。
そのなかにも、華やかで品のいいイラスト、輝きを放つ差し色・・・選ばれた大人のバレンタイン、って印象です。
今年はちょっとミルクチョコレートが多めで、私の好みとは違うけれど、味わいの見事さには感嘆!
ニコラさんの鮮やかなプレゼンテーションにも、大拍手です。

ズームを使っていたので、画質が今ひとつで、5秒に1度プツプツ途切れるのは煩わしかったけれど、それを上回り、作品の魅力が心を掴んで離しませんでした。
次回は、ユーチューブでの配信をお願いしたいものですね。
2021年10月6日

私のチョコレート・プロジェクトの打ち合わせで、ハイアット・リージェンシー・東京へ。
とても楽しく心弾む時間は、あっという間に過ぎて、充実した意見交換ができました。
このプロジェクトをスタートしてから、関係する皆さまに、本当に快く温かく協力していただいて、私はなんて幸せ者なのだろうと、感激する毎日です。
心から、感謝しています。
このページを読んでくださっている皆さん、詳細発表まで、もう少し、お待ちくださいね。
2021年10月4日

先週、テレビ朝日パネルクイズ「アタック25」が、46年の歴史に幕を閉じました。
もう、ガッカリです。
小玉清さん司会の頃から、ずっと、日曜の楽しみの番組だったのです。
アタック25は、クイズ番組のひとつの完成形だったと思います。
長寿番組のなかには、長年の疲れが見え、魅力を失っている例もありますが、アタック25は、いつも、心地よい緊張感と面白さがありました。
後番組はどうなるのかしら、と今日モニターしましたが、若者が大騒ぎする、夜遅い時間帯によくある番組。
あ〜あ、ともう一度ガッカリして、テレビのスイッチを切りました。
どの放送局でも、若者をターゲットにした番組編成が進んでいますが、日曜の午後に、自宅にいてテレビ見てる若者なんて、いませんよ。
それに、若者のテレビ離れはますます加速し、インターネットやYouTubeなど、もっと魅力的なメディアに移行している。
実際に一番よくテレビを見ている、必要としているシニア層のために、充実した番組を提供しようとは、考えていただけないものでしょうか。
こんなことだから、日本では、大人の文化が育たないのではないでしょうか。
2021年10月3日

ついに、今夜、東京の緊急事態宣言も解除になります。
これまで、なかなか思うように動けなかった、チョコレートのスペシャル・プロジェクトも、いよいよ全力で疾走しますよ!
でも、勿論、感染予防対策は完璧に、油断しないで動きますね!!
ご期待ください!
2021年9月30日

ペルー極左ゲリラ「センデロ・ルミノソ」の最高指導者アビマエル・グスマンが、今月11日に、刑務所で病死したと聞きました。
1980年代を中心に、残虐なテロを繰り返していたこの地下組織は、人々を恐怖に陥れ、日本人も多く犠牲になったのです。
85年から、度々ペルー、ナスカを訪れていた私も、常に細心の注意を払って行動していたことを、ありありと思い出しました。
遠い日の、苦い記憶です。
2021年9月24日

チョコレート、生クリーム、ケーキ・・・洋菓子大好きな私は、和菓子があまり得意ではありません。
おもちも牛皮も食感が好まないし、粒あんはいいけど、こしあん、白あんは食べられない・・・。
そんな私に、弟の奥さんの英子さんが、季節の和菓子を送ってくれました。
栗蒸羊羹!!
羊羹のねっとり感が苦手なんだけど・・・とつぶやきながら、少しテイスティングしてみると!
な、な、なんと!!
甘さ控えめで、さっぱり上品な口当たりの、蒸羊羹です。
そして、それより何より、口いっぱいに溢れる栗の旨味に驚嘆!!
立派な丸ごとの栗が、ぎっしり詰まっていて、その繋ぎとして、ちょっぴり蒸羊羹が添えてある、という印象で、あまりにも美味しいのです!!
それは、岐阜県中津川という、有名な栗の産地で作られた、「すや」という名店の逸品でした。
すやは、創業500年という、老舗中の老舗。
納得の味わいですね。
嬉しい栗の和菓子で、日本の秋を満喫しました。
英子さん、ありがとう!!
2021年9月18日

日本橋の「ル・ショコラ・アラン・デュカス」に出かけてきました。
1月〜2月のチョコレートのスペシャル・プロジェクトの打ち合わせです。
ドアが開いて、中に足を踏み入れた瞬間に、極上のカカオの匂いが出迎えてくれて、それだけで私はもう幸せ気分です。
(マスクをしていても濃厚に感じられる、美味しい香り、です!)
魅力的なアラン・デュカスのチョコレートのボックスを選び、新しいアイデアを伝え、わくわくしながら話を進めていると・・・。
エグゼクティブ・ショコラティエのジュリアンも参加してくれて、すばらしい提案をしてくれました。
とんでもなく魅力的で、画期的なアイデアに、私は飛び上がりました。
夢のよう・・・実現したら、こんなステキなことはありません。
まだ、皆さんにお伝えすることができないのですが、どうぞお楽しみに、待っててくださいね!
2021年9月15日

またまたステキな秋の味覚が!
ありがたいことに、広島から、ピオーネが届きました!!
もう20年、30年という長いお付き合いの友人が、毎年、送ってくださっているピオーネは、「黒い真珠」と呼ばれる絶品。
飛びっきり大きくて、黒くつやつやに輝いていて、その美しさに、見惚れてしまう。
無精者の私も、この葡萄の甘くて深い美味しさを味わえるのなら、皮をむく苦労も厭いません。
ああ、今年もすっかり、秋ですねえ。
2021年9月10日

伊勢梨を食べ終わったと思ったら、注文してあったシャインマスカットと、ナガノパープルが届き、食べ比べして、楽しんでいます。
無精者の私は、種を取るのも、皮をむくのも面倒で、ずっと葡萄を食べなかったのですが(例外は、広島から届くピオーネ。この美味しさには、どんな苦労もいとわない)、丸ごと食べられる葡萄の出現に、拍手喝采したのでした。
さらに、カヌレやモンブランなど、絶品スイーツが続々と到着。
いよいよチョコレートシーズンも始まって、新作のテイスティングに、嬉しい悲鳴を上げているのは、ご承知の通りです。
ああ、なんてステキな季節の始まりでしょう!!
でも・・・ちょっと体重が・・・天高く・・・(笑)。
2021年9月7日

なんて、すばらしいのでしょう!
あまりの感動に、私は息をするのも忘れてしまいました。
ジャン゠ポール・エヴァンのこの秋の新作「フォレ・ドゥ・カカオ」(カカオの森)!!
箱から出した瞬間に、回りにいた全員から、わあ〜っと、歓声があがりました。
チョコレートで拵えた、大きなカカオポッド(カカオの実)!!!
その中には、オランジェットや、4種のプティ・パレ、それから秋の新作ボンボンショコラが、輝いています。
このこの上なく美しいカカオポッドを、小さなカカオポッドたちが取り巻いていて、その可愛いらしいこと!
黄緑、黄、赤とカラフルに彩られ、本物そっくりに作られているのです。
勿論、これもまるごと、ダークチョコレート!
何から何まで、見事なチョコレート彫刻、傑作なのですね。
チョコレートで表現された、カカオの森の奥深くに、私たちは誘われます。
これはもう、芸術作品、としか言いようがない。
もったいなくて、とても食べられないので、私は今、テーブルの上に飾って、楽しんでいます。
あたりは、チョコレートの香りに包まれ、もうそこにいるだけで、幸せな気分になっているの。
ああ、一口、食べたい!
誘惑に負けて、つまみ食いしたら・・・またご報告しましょう。
2021年9月3日

感激!
日本一のご長寿ソマリ、あらし君のパパのマッキーさんが、ラジオの生放送で、今月1周忌だったマフィンのために、歌を贈ってくれました。
私は涙が溢れて、止まりませんでした・
マッキーさん、ありがとう!!
マッキーさん、最高です!!
2021年8月28日

驚きました!
ラ・メゾン・デュ・ショコラの新商品「ビーガン」。
ご承知の通り、ビーガンとは、肉類に加え、卵、牛乳など、動物由来の食品を一切取らない、厳しい菜食主義者のこと。
私は生クリーム大好きな肉食女子なので、ビーガンのチョコはきっと物足りなく感じるだろうなと、思っていました。
ところが!
一粒、口に入れたとたん、フレッシュなレモンの果汁がほとばしり出て、私は、わあっと声を上げてしまったの。
さらに、オレンジも、パッションフルーツも、フランボワーズも!
こんなに生き生きと溢れる果実感が、あるでしょうか?!
ラ・メゾン・デュ・ショコラの担当の方が、テイスティング用に、通常の(ビーガンでない)ボンボン・ショコラもご用意くださったので、食べ比べをすることができました。
なんて、面白いのでしょう!!
当然、いつも食べているチョコは、乳製品の豊かな味わいが、魅惑的な世界を構築していて、とても美味しい。
しかし、その味わいを削ぎ落したビーガンは、果汁を前面に出した、ピュアな喜びに満ちているのです。
どちらも、すばらしい!
全く新しい美味しさの出現に、私は大きな拍手を贈ったのでした。
「ビーガン」は、9月2日発売の予定です。
ぜひ一度、お試しあれ!
2021年8月25日

毎日、伊勢梨の幸水を楽しんでいましたが、ひと箱全部食べてしまい、次の豊水が到着するまで、1週間あるなあ、と思っていたら!
なんと、着物の五十嵐先生が、梨好きの私のために、多摩川梨を送ってくださいました。
この梨も、とても豊かな味わいで、美味しいの!
五十嵐先生が、特に腕のいい栽培農家さんに、手配してくださったのですね。
わ〜、嬉しい!!
この時期、梨は欠かせません。
本当に、ありがとうございました!!!
2021年8月21日

青山の、ジャン゠シャルル・ロシューさんのチョコレート店へ。
近未来的な、美しいブティックのなかには、現実を超えた、静謐な空気が流れていて、たちまちその世界に飲み込まれました。
フルーツ・タブレットを始めとして、私はロシューさんのチョコレートが大好き。
新登場のマロンのスペシャルなチョコや、オシャレで可愛くディスプレイされたトリュフなどに目を奪われました。
充実した打ち合わせを終え、どっさりチョコを抱え、ウキウキと帰宅した私は、すぐに、新作のフルーツ・タブレット・パインを、テイスティング。
正直に言うと、私はパイナップルがあまり好きではなくて、ほとんど食べないのですが・・・。
まあ!!
なんという、嬉しい衝撃でしょう!!
味わい深く、こんなに優しい、まろやかなパイナップルは、経験したことがありません。
溢れ出る香りに圧倒されます。
ダークチョコレートとの組み合わせが、あまりにも見事で、完璧な美味しさ!!
うふふ、しばらく私、ロシュー三昧しますゾ!
2021年8月19日

今年も、伊勢梨が、到着しました!
私の故郷、伊勢の特産品です。
おそらく、そもそもは、神宮の神様に奉納するために、大事に育てられたものでしょう。
最近まで、伊勢の町の外には出なかったという、特別な梨なのですね。
梨は、秋の入口に姿を現す果物で、私大好きなんです。
東京に暮らす私のために、三十年以上も、母が毎年、送ってくれていました。
母が亡くなると、父が手配をしてくれるようになり、その父も亡くなって、今は私が、西井果樹園さんから、お取り寄せをさせてもらっています。
注文の電話を入れると、
「まあ、お母さんと、声がそっくり」
と、ひとしきり思い出話に花が咲きます。

さあ、今日手にしたのは、幸水!
なんとまあ、大きくて、きれいなこと!!
瑞々しくて、豊かな味わい!!
こんな立派な梨が、他にあるでしょうか!!
ああ、美味しい、美味しいと、嬉しく、懐かしく、いただきました。
西井さんは、長い歴史のある、すばらしい果樹園ですが、例に漏れず、後継者不足に悩まされているようで、いつまで続けていけるかと、心細い心の内をお話くださいます。
もったいないこと。
コロナ禍で行き場を失った若者がたくさんいるでしょうに、こういう伝統を守る、やりがいのある仕事に、興味を持っていただけないものでしょうか。
私は毎日、ありがたく幸水を楽しませていただいています。
もう少しすると、次は、豊水が届きます。
しばらく、幸せな日々が続きますね。
2021年8月13日

今日は、マフィンの1周忌です。
悲しい記憶は、遠い日のようでもあり、つい昨日のことのようにも感じられます。
たくさんのお友だちから、心のこもった贈り物をいただき、マフィンは、美味しいお菓子や、きれいなお花に囲まれて、嬉しそうです。
きっと、
「あれ?
きょうは、ボクのお誕生日だったっけ?」
なんて、言っていることでしょう。
私はさきほど、マフィンと一緒に、シュークリームを食べました。
もう何も食べられなくなったマフィンが、最後に口にしたのが、シュークリームだったから。
1年ぶりのシュークリームでした。
「おいしいねっ、マーちゃん」
姿は見えなくなったけれど、マフィンは今も私のすぐそばにいて、その存在感は、ますます大きくなるばかり。
名前を呼び、おしゃべりし、ご馳走を食べ・・・これからも、ずっと、マフィンと共に生き続けます。
(1年前のマフィンの様子は、このサイトの「マフィン」のページの「マフィン、虹の橋へと」で、振り返っていただけたら、幸いです。)
2021年8月11日

私の故郷、伊勢に住む弟夫婦から、荷物が届きました。
私の大好物、伊勢の鮑の膨煮!
鮑かゆや、鮑の炊き込みご飯も!!
さっそく、丸ごと鮑を好みにスライスして、おそうめんと一緒にいただきました!!
そうめんつゆにね、鮑の煮汁を加えるの、すっごく美味しいですよ。
この猛暑で、食欲をなくしていた私も、伊勢の鮑で、すっかり復活しました!!!
2021年8月8日

甥の真ちゃんから、ステキな夏のギフトが届きました。
先日結婚したばかりの真ちゃんに、この日のためにヴェネツィアで入手したグラスのセットを、お祝いに贈ったのですが、そのお礼のお品だったのですね。
千疋屋の贅沢なマスクメロンに、完熟マンゴー!
果実の美味しさをそのまま閉じ込めた、フルーツゼリー!
(この千疋屋のフルーツゼリー、大好きなんです。)
のどを潤す、たっぷりのジュース!
猛暑の夏にピッタリの詰め合わせは、さすがのセンスと、感心しました。
美しい手紙が添えられていたのにも、顔がほころびます。
嬉しく、ありがたく、いただきますね。
おふたり、どうぞお幸せに!!
2021年8月6日

「きゃ〜〜」
と叫んで、私は飛び跳ねてしまいました。
ステキなプレゼントが、届いたのです。
福岡のお友だちが、特別にオーダーしてくれた、AZULというお店のクッキー!!
前々から、私の大好きなスイーツでした。
そのオリジナリティ溢れるクッキーは、飛びっきり可愛くて、カラフルで、美味しいの!
今回、きれいなガラス瓶に詰められていたのは・・・。
マフィンちゃんの愛した、お魚の爪とぎ!
カステラ!
ポンデリング!
マフィンが好きだったものが、どっさり、小さな夢のようなクッキーになっているのです。
マフィンをよく知るお友だちならではの、すばらしいアイデアでした。
蓋には、猫の足跡プリントの紙が飾ってあって・・・。
何から何まで、細やかで温かな心配りに満ちたプレゼントが、あまりに嬉しくて、ありがたくて、私は号泣しました。
実を言うと、もうすぐマフィンの1周忌だと、このところ私は少し暗い気持ちになっていたのですね。
この思いがけない贈り物のおかげで、マフィンとの楽しい思い出を甦らせながら、来週を迎えられそうです。
2021年8月3日

新型コロナの2回目のワクチン接種を終えたあと、注射を打った左腕が重痛いのと、全身に倦怠感があって、昨日は1日、ゆっくり休息を取っていました。
こまめに熱を計っていましたら、36度9分が長く続きました。
でも、この程度じゃ、解熱剤を飲むまでもないですよね。
今日になったら、すっきり平熱に戻りましたよ。
勿論まだずっと、感染予防対策は続けねばなりませんが、あと2週間で、ちょっと気持ちが楽になりますね。
2021年7月29日

新型コロナウィルスのワクチン接種、今日、2回目を無事に終えました!
台風による悪天候が心配されましたが、私が出かけるころには、すっかり晴れて、順調に会場に到着。
現時点で、接種から4時間が過ぎましたが、何の問題も起こっていません。
さあこのあと、夜になって、熱が出ないと、いいなあ。
2021年7月27日

柔道の阿部一二三選手、詩選手の兄妹の同日優勝に、心打たれました!
正直に言うと、オリンピックを巡る、あまりに醜いスキャンダルの連続に、私は興醒めしてしまっていて、開会式も忘れていたほど。
とにかく、これ以上悲惨なことが起こらないで、無事に終わってくれと、願っていただけでした。
しかし、今日になって、テレビの前に釘付けになりました。
日本の若者の未来は、こんなふうに明るく、爽やかで、力強くあってほしい、と希望を持つことができた気がします。
おめでとう、そして、ありがとう!!!
2021年7月25日

ひゃ〜〜、大変でした〜!
なにせ明日から4連休に突入してしまうので、この3日間で、来年1月からのスペシャル・チョコレート・プロジェクトの基本的なプランを、ひととおりクリアしなければと、大忙しだったのです。
ようやく、なんとか目鼻がついて、ほっとひと息。
すっごく面白いプロジェクトになりますよ!!
すぐにも皆さんにお知らせしたいけれど、まだ公開はできなくて、ウズウズしています。
忘れないで、もうちょっと、お待ちくださいね。
あ〜〜、言いたいっ!!
2021年7月21日

「マツコの知らない世界」を、たくさんの方に見ていただいて、本当にありがとうございました!!!
消しゴム編放送終了直後から、山のようなコメントやメッセージを頂戴し、この2日、その対応に追われておりまして、このページにご報告するのが遅くなってしまいました。
ごめんなさい。
消しゴムファンの皆さんだけでなく、消しゴムに今まで興味はなかったけれど、番組を見て、すごく面白い世界だと感動しました、とおっしゃって下さる方も多く、嬉しいかぎりです。
これからも、更なる消しゴムの魅力にご注目いただけたら、幸せです。
一緒に、楽しんでいきましょう!!!
2021年7月15日

今日のフジテレビ「バイキングMORE」、ご覧くださいました?
坂上さんが着けていたオレンジ色のネクタイと、それに合わせたトータル・コーディネート、すてきだったでしょう?!
あのネクタイは、動物、特に犬好きの坂上さんの、6月1日のお誕生日に、私がプレゼントしたもので、ワンちゃんの柄が一面に入っていたのです。
私がゲスト・コメンテーターに入るというので、わざわざ、そのネクタイを使ったコーディネートで出演してくださったのですね。
坂上さん、優しい〜〜!!
本当に、オシャレな装いでした。
ブルーのジャケットに、チャコールグレイ(!)のシャツ、パンツは少しズラした渋めのブルー。
それに、オレンジが、見事に映えて、なんてきれいだったのでしょう!!
私は、大感激!
3時間の生放送を、とっても嬉しく、楽しく過ごしたのでした。
2021年7月9日

TBS「マツコの知らない世界」の放送が、来週の火曜日、7月13日夜9時からとなりました。
テーマは、消しゴム。
うちの消しゴム棚を撮影してもらって、実物大のパネルにし、スタジオのマツコさんと私の後ろに、置いてもらいました。
ソーシャルディスタンスを守らねばならないので、私たちは近づくことができない。
マツコさんに消しゴムを間近で見ていただくために、私たちの前に、ターンテーブルを特注で作ってもらいました。
私はどっさり、うちから消しゴムを持ち込んで・・・。
あまりに長々と話し込みすぎたため、ディレクターさんにはご苦労をお掛けして申し訳ないことをしましたが、面白い編集にしてくださっただろうと、期待しています。
(30分のオンエア、CMを除くと正味20分の放送なのに、私たち、ノンストップで3時間もおしゃべりしてたのです!!
自分でも、信じられない。)
それでも、私はおおいに不安で、放送までドキドキです。
宜しかったら、ぜひご覧くださいね。
2021年7月7日

到着しました、「GEE WHIZ」!
アメリカ、ワシントン州にある名門オービル農園のダークチェリーです。
オービル農園は、1928年に栽培を始め、1986年には、「Cherry King」の称号を獲得。
そのブランド「GEE WHIZ」は、味、サイズ、色つや、全て最高品質であるという印なのです。
私はもう2ヵ月近く前に、注文してあったの。
箱を開けると、ホントにつやっつやの、美しいチェリーです。
大きくて、立派で、思わずため息をついてしまいます。
まずは、インスタ用に写真を撮って、それからゆっくり味わいますね。
その結果も、インスタにて。
どうぞお楽しみに!
2021年7月5日

コロナワクチン接種後、特に副反応は感じられず、何ともなかったよ〜、と電話で弟(医師)に報告したら、
「それは、悲しいね〜。
年をとった証拠だね」
と言われました。
笑。
2021年7月3日

新型コロナのワクチン接種(1回目)から、丸1日が過ぎました。
ありがたいことに、熱は出なかったし、左腕も自由に動かせるし、何の不便もありません。
強いていえば、万歳をすると、注射したところに、ちょっぴりだけ重みを感じるかな。
(でも、万歳するほどおめでたいこともないので、問題ナシ。)
ただ、ひとつだけ・・・。
昨夜日付が変わって、インスタをアップして、コメントにお返事を書いたりしていて、3時頃ベッドに入ったんですね。
今日は何も予定を入れていなかったので、目覚ましをかけずに、眠ったら・・・。
目が覚めたのが、なんと、今日の午後3時!
12時間も、眠っていたのです!!
う〜む。
私はロングスリーパーで、普段から、8時間以上しっかり寝るタイプですが、でも、12時間は、記録です。
これって、ワクチンのせい?
いや、まさか。
たっぷりの睡眠で、寝起きは実にさわやか。
今日は、元気いっぱいです!!
2021年7月2日

新型コロナの第1回ワクチン接種に、行ってきました!
会場はうまく整理されていて、係の皆さんも、とても親切でしたよ。
筋肉注射なので、インフルエンザの予防接種より、ちょっと痛いくらいで、なんてことなかったです。
今夜はまだ、全く痛みも腫れもなく、熱も出ていません。
というか・・・私は熱を出したという経験がなく、実は今日のために、わざわざ体温計と「ひえぴた」を買ったほど。
これを使う事態が、はたして訪れるでしょうか?
2021年7月1日

火曜日に、無事「マツコの知らない世界」の収録を、終えました。
無事?
いや、無事じゃなかったかなあ。
だって、30分(CMを除いて、正味20分)の枠なのに、マツコさんと私、なんと3時間も話し込んでいたのですもの!!
すごく面白く盛り上がって、あっという間に時間が過ぎたの。
これから、ディレクターさんの編集が、大変です。
私も、戻ってきた消しゴムのケアに、追われる日々。
全部で300個くらいかなあ、スタジオに持ち込む消しゴムのピックアップにも苦労しましたが、収録が終わって、戻ってきた消しゴムたちを、ひとつひとつ、埃や汚れはついていないか、スリーブはずれていないか等チェックし、きれいに掃除し形を整え、消しゴム棚の然るべき場所に戻す・・・これに膨大な時間がかかっているのです。
この週末に作業は終わるか、と思っていたのですが、甘い考えでした。
まだまだ、かかりますね。
2021年6月27日

この週末、「マツコの知らない世界」のスタジオに持っていく、消しゴムを選ぶのに、大苦戦。
あれも見せたい、これも見せたい、でも運んでいける消しゴムの数には、限りがあるし・・・。
海外の消しゴムをご紹介するコーナーでは、6カ国の予定を大幅に越え、9カ国になってしまいました。
段取りに従って、用意したアクリルボックスに消しゴムを並べていくと、まあ、可愛いこと!!
ほれぼれと眺め、ひとつひとつを改めて味わっていると、あっという間に時間が過ぎて・・・。
やっぱり、消しゴムは面白い!!!
また明日になったら、
「これも持っていきたいなあ」
なんて迷い出すのでしょうね。
スタジオ収録は、あさって、22日の火曜日です。
2021年6月20日

ジャン゠ポール・エヴァンの、父の日のコレクションが、届きました!
なんて、ステキ!!
あまりにも美しい、葉巻のチョコレートに、圧倒されます。
クラシックカーが2台入った、ボンボンショコラのボックスには、顔がほころびます。
エヴァンさんのオシャレな遊び心に、拍手です
エヴァンさんの作品だもの、どちらも美味しくないわけがありませんよね。
どんなチョコか見たい、ですって?
明日0時過ぎに、私のインスタグラムでご覧くださいね〜。
2021年6月14日

TBS「マツコの知らない世界」の打ち合わせ。
今回のテーマは、「消しゴム」なんです!
とっても、楽しみ!!
ただ、緊急事態宣言が長引いたため、収録日もなかなか確定できず、当然放送日も決まらず・・・。
はっきりしたことが分かり次第、お知らせしますので、どうぞお楽しみに!
2021年6月11日

楽しみに待っていた、限定バスクチーズケーキが、到着しました!
スペイン、バスク地方の美食の町、サンセバンスチャンの旧市街にあるバル「ラヴィーニャ」が、話題のバスクチーズ発祥の店。
このチーズケーキに感銘を受けた戸谷シェフが、「ラヴィーニャ」から門外不出の製法を、世界で初めて譲り受け、日本で「GAZTA」をオープンして、バスクチーズケーキを日本中に広めたのでした。
そのGAZTA(ガスタ)の、スペシャルバージョンのバスクチーズケーキが、手に入ったのですから、私は大喜び。
ホールケーキの上に、一面に、戸谷シェフのオリジナル・スクランブルが敷きつけられています。
ヘーゼルナッツ味とメロン味、2種の焼き菓子です。
ひとつつまんでみると、さくさく軽く、口の中で溶けます。
でも、これが完成品ではありません。
さらに、この上に、クラウンメロンが乗っかるのですよ。
ひゃ〜、なんて豪華!
メロンのフレッシュでジューシーな甘味、焼き菓子の品のいい食感、それに負けない、存在感のあるチーズケーキの旨味!!
レアでも、ベイクドでもない、新しい口当たりに、驚嘆します。
心地よい一口ごとに、幸せ気分を感じさせてくれる、理想的な仕上がりのチーズケーキです!!!
写真を撮りましたので、まもなくインスタグラムでも、ご披露しますね。
どうぞ、ご期待ください。
2021年6月6日

そうそう!
私、新型コロナワクチン接種、7月1日に決定しました。
2回目の予約はまだ取れていないのですが、7月中には何とか、と思っています。
これで少し安心、ほっとできるかな。
2021年6月3日

エリック・カールさんが、亡くなりました・・・。
「はらぺこあおむし」は、あまりにも有名ですが、私はそれよりも前、すでに1970年代に、彼の「I See A Song」を洋書屋さんで見つけて、世界が変わってしまうほどの衝撃を受けたものです。
以来、この一冊は、私の最も愛する絵本、となりました。
数年前、世田谷の美術館で行われた、エリック・カール展にも、足を運びましたね。
すばらしい作品の数々を私たちに届けてくれたエリック・カールさんに、心からの感謝を伝えたいと、思います。
2021年5月28日

緊急事態宣言下の自粛生活で、ほとんど外出しない日々が続いています。
生活必需品は全てネット注文で受け取り、食料品でさえ、毎週の配達に頼っているのですが・・・。
やはり、自分の目で見て選びたい食品が、たくさんありますよね。
久しぶりに、青山の紀ノ国屋インターナショナルに、足を運びました。
店内は、季節の味覚に溢れていて、テンションが上がります。
赤いイチゴ、ピンクのいちご、白いイチゴ、3色揃ったパッケージを見つけて、大喜び。
それから、アスパラガスの3色セットも、カートに入れました!
グリーンアスパラ、ホワイトアスパラ、紫のアスパラ!
お味はどのように違うのでしょうか?
食べ比べが、楽しみ、楽しみ!!
2021年5月23日

田村正和さんが亡くなられて・・・ショックです。
本当に美しい、大好きな俳優さんでした。
昨日、今日と、フジテレビで再放送されている、「古畑任三郎」の「イチローさん」の出演回を、見ています。
勿論、今夜の2時間スペシャルも、録画も録って!
テレビドラマで、古畑任三郎ほど、夢中になって見ていたものは、ないかもしれません。
古畑を演じた田村さんは、見事に格好よく、ステキ。
お正月に、再々放送、再々々放送されていた分も、欠かさずチェックしていましたから、内容はもう全部、頭のなかに入っている。
それでも、繰り返し見いってしまうのですよね。
「岸惠子さん」出演回も、もう一度見たいなあ。
唯一無二の魅力的な役者人生を貫かれた、田村正和さん。
誰の人生にも、必ず終わりがくることを、嘆かないではいられません。
でも同時に、こんなふうに、人の心の中にいつまでも生き続けることもまた、確か・・・と悲しい気持ちを慰めるほかありません。
2021年5月21日

嬉しいっ!
フィギュアスケート・ファンのお友だちの礼子さんが、スターズ・オンアイスのDVDを送ってくれました!!
(私は普通のファンだけど、礼子さんはプロのファン!)
今日の予定を変更して、テレビの前に座りましたよ。
あ〜〜、楽しい、とんでもなく楽しい!!
興奮のあまり、以下、選手を「くん」付けで呼んでしまうこと、お許しください。
(おばあさんの世間話、と大目に見てね。)
友野一希くんには、やっぱり惹かれますね〜!
彼の全身から溢れる、軽やかに心が躍っているオーラが、私はとっても好きだわ。
昌磨くんも、魅力全開のプログラム、感嘆しました!!
言うまでもなく、羽生くんは、最初から最後まで、もう、ぶっちぎりにステキ!!!
今日もそのパフォーマンスに、酔いました。
会場で、「スケーターを越えた、唯一無二の存在」と紹介されていましたが、まさにその通りですね。
この人が存在する時代に生きていることの幸運を、しみじみ噛みしめました。
あ〜、早くコロナが終息して、また会場に出かけて、生でこの感動を味わいたいものです。
2021年5月16日

昨日は、ちょっと大変でした。
ホームドクターのクリニックに出かけたあと、お取り寄せを頼んであった、イッセイさんのプリーツプリーズとイッセイ・ミヤケのブティックでお買い物をし、帰ってきたら・・・うちのキーケースが、バッグの中にないっ!!
荷物を全部出して、よくよく確かめましたが、入っていないのです。
出先でキーケースを出すことはないので、おそらく、支払いの際、お財布と消毒用のティッシュと一緒に、バッグからこぼれ落ちてしまったのでしょう。
ショップで落としたのなら、お店の方が気付かないはずはないので、多分タクシーの中だろうと、レシートを見て、タクシー会社2社に電話をしました。
どちらも、とても親切な対応で、車番を元にすぐ連絡を付けてくださり、折り返しの電話をくださいました。
ほどなく、キーケースは見つかり、幸いにもタクシーがそう遠くないところにいるとのことで、そのまま届けてくださることになりました。
建物の前で待っていると、優しそうな運転手さんが、落とし物を手に、やってきてくれました。
何から何まで、本当に親切で、心温まる対応でした。
鳩タクシーさん、ありがとうございました!!!
(これが、大切に守っていきたい日本の良さ、世界に誇るべき日本人の美徳、ですよね。
海外では、タクシー内の小さな忘れ物など、けして出てこないでしょう。
日本人で良かった、日本に住んでいて幸運だったと、しみじみ感じました。)
2021年5月15日

なんて嬉しいことでしょう!
「岸惠子自伝」が、岩波書店から送られてきました。
新聞で、この本のことを知り、ぜひ読んでみたいと、ちょうど購入するところでした。
おそらく岸さんが、献本リストに私の名も入れてくださったのでしょう。
岸惠子さんは、若い頃からずっと、私の憧れの人。
女優としてというより、その文才や、潔く見事に美しい生き方に魅せられてきました。
幸運にも、一度、手分けしてヨーロッパの美術館を回り、最後にパリで落ち合う、というTVの特別番組でご一緒したことがあり、より強く、そのお人柄に惹かれました。
一昨年、東京で出演なさった一人舞台にお邪魔し、久々にお目にかかって楽屋でお話できたときには、大感激でしたね。
週末、大切に、文章をじっくり味わいながら、楽しませていただきます。
ありがとうございました!!
2021年5月13日

5月5日、子供の日になると、「なるほど!ザ・ワールド」で、鯉のぼりを着たことを、懐かしく思い出します。
蔵前の問屋街で、鯉のぼりを扱うお店を何軒か、見て回りました。
良さそうなものを見つけると、ショーウィンドウや、天井から吊るしてあるものを、取り外してもらって、チェックします。
体に当てて、サイズ感を確かめました。
「この色合いで、もう少し、大きめのはありますか?」
お店の方は、
「どのくらいの高さのポールなんですか?」
と聞いてくださる。
おそらく、私が自分の身長で、長さの検討を付けていると、思ったのでしょう。
しかし、顔写りが見たかった私が、
「すみません、全身が写る鏡はありますか?」
と聞くに至って、みるみる怪訝そうな表情になりました。
「何に、使うんですか?」
「これ、着るんです」
お店の方は、絶句。
それはそうですよね。
鯉のぼりを着る目的で買いにきた客は、後にも先にも、私ひとりだけだったでしょうから。
すみません、お騒がせしました。
ともあれ、問屋さんに、鏡も更衣室もあるはずがなく、私は目分量で、鯉のぼりを選び、買って帰ってきたのでした。
試着してみると、その鯉のぼりは、長さも幅も、見事に私のサイズにぴったりでした。
頭は、鯉の口から、そのまま出すことができましたので、手と足を出す部分だけ、切り込みを入れてもらいました。
帽子は、私がデザイン画を描き、作ってもらいました。
鯉のぼりの丸いピンクの目のような形で、うろこをデフォルメした三角を差しました。
そのイメージ通りの帽子ができあがり、私は大満足。
鯉のぼりドレスと、パーフェクトなコンビネーションです。
我ながら、よく似合う・・・(笑)。
愉快、愉快!!!
どんな感じだったか・・・私の今日のインスタグラムで、ぜひ写真をご覧になってくださいね!
2021年5月5日

ヴェネツィアから、嬉しい知らせが、届きました。
私が毎年この町で食事を楽しむ、馴染みのレストランのひとつが、このコロナ禍で、苦しい経営状況になり、昨年初めに顧客にクーポンの販売を始めたのですね。
私は勿論、レストランを応援するために、喜んでそのクーポンを購入したのですが、1年、2年のうちに海外に飛べるとは考えられない。
ヴェネツィア在住のダンサー、アイーダ・ヴァイニエリに、バウチャーをメールで送って、使ってもらうことにしたのです。
そして昨日、アイーダのお誕生日に、ご主人と2人で、そのレストランでお祝いのディナーを楽しんでくれたそうです!
良かった!!
ふたりとも、レストランのお料理も、サービスも、とても気に入ってくれました。
お店のスタッフも皆、喜んでいたそうです。
メールの文章を読みながら、私は、自分も一緒にテーブルについて、美味しいご馳走を食べたような満足感を得ました。
遠く離れた世界のどこかのお店を応援できるって、ステキなことですね。
日本でも、もっともっと、こういう形のサポートが広がってほしいと思います。
アイーダには、この次私がヴェネツィアに飛んだ時に、またそのレストランでご飯を食べましょう、と返信しました。
2021年5月2日

今日は、マフィンの誕生日〜〜!
19歳になったね、おめでとう〜〜〜!!!
マフィンの大好物の烏骨鶏のカステラで、今年もバースデーケーキを作りました!
お誕生日の歌をうたって、なでなでして、「マーちゃん、おめでとう」って10回も言って、お祝いしましたよ。
ママが生きているかぎり、マフィンも一緒に生き続けます。
2021年4月26日

うっふっふ。
ウォーキング・マシーンを購入しました!!
長引くコロナ自粛生活のなか、家にこもりっきりの毎日で、どうしようもない運動不足。
弟のアドバイスもあって、マシーンの導入となりました。
ただ歩くなんてツマラナイのでは、と心配していましたが・・・これがね、とても楽しいのです!!!
窓際に置いたので、外の緑を眺めていると、新緑のなかを散歩しているよう。
テレビやDVDを見ていれば、あっという間に時間が過ぎて、全く負担がないのですね。
これなら、続けられそうです〜〜。
2021年4月22日

昨夜のエキシビション、すてきでしたねえ!
フィギュアスケートの国別対抗戦、最後のお祭りです。
以前から書いている通り、私は、フィギュアスケートは個人競技であり、団体で、しかも国と国との戦いにすることには、首を傾げてしまうのですが、それでも、国際試合が極端に少なかった今シーズン、選手たちのパフォーマンスが見られたのは、嬉しいかぎりでした。
しかも、このコロナ禍に、すばらしい顔ぶれが勢揃いしていたのですもの!
私は、審判員の評価や順位などには全く関係なく、それぞれの演技に純粋に酔いしれました。
羽生選手、宇野選手、チェン、ブラウン、コリヤダ、エイモズ、シェルバコワ、トゥクタミシェワ、テネル、坂本選手、紀平選手・・・。
ああ、やっぱり、フィギュアスケートって、いいなあ、と感動を新たにしたのでした。
エキシビションでは、さらにメンバーが翼を広げて、このコロナ禍に集うことの喜びを表現しているように見えました。
(なかでも、別格のオーラを放っていたのは、やはり羽生選手でしたね。)
番組は、以前のハイライトを差し込む形で編集されていたので、いっそうエキサイティングな放送となりましたね。
長引く苦しい自粛生活のなかに、これほどの喜びを贈ってくれた選手たちや関係者の皆さんに、感謝。
2021年4月19日

今日は、NHKでインタビューを受けた後、TBSに移動して、来月の番組出演の打ち合わせ。
コロナ禍、久々に再会するスタッフの皆さんの笑顔に、嬉しくなってしまったわ。
いやあ、楽しかった!!
番組、面白くなりそう〜〜!!!
まだ口外できないのですが、情報公開できるようになったら、いち早く皆さんにご報告しますので、少しお待ちくださいね!
2021年4月17日

厳格な(笑)コロナ自粛生活で、なかなか季節を実感できない日々が続いていた、私。
先週、すがすがしい春の風を感じながら、イッセイ・ミヤケのブティックに出かけ、嬉しくなって、買ったばかりの春のお洋服を、今日の生放送「バイキングMORE」で着ちゃいました。
菜の花の黄色のコーディネートです。
黄色と薄いグレイの優しいグラデーションのロングワンピースと、同柄のパンツ、そしてストール。
それに、やはり春の黄色の特殊織りのソフトジャケット。
春のお洋服で、春の喜びをいっぱいに感じる、これって、女性ならではの楽しみですよね!
2021年4月13日

久〜しぶりに、イッセイ・ミヤケのブティックに、行ってきました!
1年ぶり?
いや、もっとですね。
模範的なコロナ自粛生活を送っている私は、食事会もイベントも買い物も、全て断って、ずっと、ほとんど外出しない生活を続けてきたのです。
外の空気が新鮮〜、気持ちいい〜。
プリーツ・プリーズで、黄色とライトグレーの柄の上下と、同色のストールを、イッセイ・ミヤケで、特殊織りのソフトジャケットを、黄色とペパーミントグリーンの2枚、購入しました。
一気に春らしい装いになりますね。
でも・・・自粛生活でどこにも行かないのに、いつ日の目を見るのやら・・・?
あっ、と気付きました。
私、来週、「バイキング」の生放送に出演するのです!
そのとき、着ていこう、っと!!
2021年4月9日

困ったなあ〜。
運転免許の更新に行かなければならないのですが・・・。
緊急事態宣言下で、3か月の延長の手続きはしたものの、その期限が5月12日。
でも、まだまだ感染者数は増えるばかりで、更新所に、恐くて行きたくない〜!
手続きの行列に並ぶの、怖ろしい〜!
密にならないように、予約制にしてもらえないでしょうかねえ?
免許更新手続き、オンラインにならないでしょうかねえ?
2021年4月5日

緊急事態宣言解除を待っての打ち合わせが、やっと今日、実現しました!
チョコレートのイベント企画です。
2年前からすでに動き始めていながら、コロナ・パンデミックでストップしていたアイデアが、少し形を変えてですが、何とかまとまりそうで、嬉しいです。
勿論、年内は無理でしょうから、来年の1月〜2月。
それまでに、どうか、この困難な状況が落ち着いてくれますように!!

あっ、今日は4月1日。
エイプリル・フールですが、この話は嘘じゃありません。
本当です!!!
2021年4月1日

エキシビションの放送で公開された、羽生選手のインタビューで、羽生選手らしい前向きの発言を聞いて、ほっと胸を撫でおろしました。
フリーの「天と地と」も、エキシビションの「花は咲く」も、東日本大震災の被害者への鎮魂のメッセージでした。
出場時刻の符合をはじめとして、神は、選ばれた人に、あまりにも大きな試練を課したのだと、改めて、私も心に苦しい痛みを感じたのでした。
2021年3月29日

一夜明けて、情報が入ってきました。
羽生結弦選手、昨日の試合の直前に、喘息の発作が起こり、ギリギリまで治療を受けていたそうです。
そういえば、スタンバイしているスペースで、羽生選手が壁にもたれて、目を閉じていたシーンが、一瞬テレビ画面に映し出されたことがあって、あれ?と不安を覚えたのを、思い出しました。
いつものような気迫は感じられず、集中しているのでもなく、なんだか不思議な表情でした。
きっと、試練を受け入れる心の準備をしていたのかもしれません(泣)。
2021年3月28日

なんだか、今、胸がいっぱいです。
まずは、この世界フィギュアスケート選手権大会を実現してくださった、ISUはじめフィギュアスケート関係者の皆さん、力いっぱいパフォーマンスを見せてくださった選手の皆さん、放送してくれたフジテレビさん、本当に、関わってくださった全ての方々に、心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。
すばらしい4日間でした。
このコロナ禍で戦い疲れた私たちの心に、長く失われていた高揚と希望をもたらしてくれました。
今日の男子フリーも、大興奮の連続でした。
ジェイソン・ブラウンは、悲願の4回転に挑み、大空に突き抜けるような心地よいスケーティングで、見る者の気持ちを開放してくれました。
「ホワイトクロウ」を描いたコリヤダは、随所にバレエのポージングを決めた優雅なスケーティング、美しかった!
ショートも含め、コーチを替えたことが今回の飛躍に繋がっている気がしますね。
宇野昌磨選手は、思わず抱きしめたくなるようなチャーミングなパフォーマンスで、私たちを魅了しました。
ネイサン・チェンは、ショートの時とは打って変わって、にくらしいほどの完璧なパフォーマンスに感服し、あっぱれと拍手を送るばかりです。
そのすぐあとにリンクに登場した、若き鍵山優真選手の度胸、落ち着いたスケーティングには、目を見張りました。
そして、羽生結弦選手。
実は、競技会が始まる前、フィギュアスケート通の友人から、驚く話を聞きました。
羽生選手の出場が、現地時間で14時46分。
10年前の3.11の時刻だというのです!!
なんという衝撃の符合!
羽生選手は、つくづく神の御許にいる人なのだと、感じました。
だからこそ、数々の受難を運命づけられているかもしれない。
そして、それを乗り越えるべく、生かされているのかもしれません。
目に見えない何かを背負って滑っているような羽生選手のパフォーマンスの途中から、私は涙を止めることができませんでした。
2021年3月28日

フィギュアスケートは、総合芸術である、と一昨日書きました。
眠い目をこすり、徹夜で女子フリーの生放送を見て、ますますその感を強くしています。
目指すべき世界の実現・完成させるための、チームの総合力の勝利、と言い換えましょうか。
ロシア、サンボ70の軌跡を、思い浮かべていただきたい。
サンボ70は、スケーティングのエテリコーチばかりが表に出ていますが、さまざまな分野の秀でた才能の持ち主が集まった、非常に厚みのあるプロフェッショナルな演出集団だと思われます。
明確な方針を持って、ひとりひとりのスケーターを育て上げる。
ザギトワにはロシアバレエの世界をイメージした。
彼女が身に付けたのは、バレエのコスチュームさながら。
衣裳ばかりではなく、物語も選曲も、それぞれのプロが結集し、描かれるべきバレエの舞台を構築し、ザギトワにポジションを与えたのです。
メドヴェージェワには、ドラマチックなロシアの物語の主人公を演じさせました。
そして、シェルバコワには、恐い悲しい世界の美しきヒロインを。
15歳でのデビューの初戦に、静脈と動脈を想起させる衣裳を身に付け、「香水」の怪しい物語を演じて、世界を驚愕させたことは、記憶に新しいでしょう。
少女に人間の深い闇を表現させる、このスタッフの感覚の、なんと斬新でインテリジェントなこと!
今回のショートは「エレジー(悲しい歌)」、今日のフリーは、やはり寂しく、少し怪しげな曲調で始まり、それを打ち破って、踏み出すストーリーが描かれました。
衣裳も、ヘアスタイルも、ムーブメントも、見事に計算され、マッチしています。
シェルバコワの今後の演出プランが、ますます、楽しみになってきましたね。

今や、フィギュアスケート(特に女子)では、このチームとしての総合力が求められる時代になった、とすれば、日本の状況は、不安だらけといわざるをえないでしょうか。
シロウトの勝手な感想で申し訳ありませんが、紀平梨花選手も、彼女の身体能力だけで、戦っている感が拭えないのです。
ショート、フリーともに、あの衣裳も、ヘアスタイル・髪飾りも、少しも彼女を美しく見せていないし、選曲にもあまりセンスを感じない。
世界のトップを争える才能を持った、日本の宝なのに、これでは可哀そう、と私はいつも思ってしまうのです。
申し上げにくいのですが、日本の女子選手で、衣裳デザインが評価できるのは、宮原選手と樋口選手くらいではないかしら・・・。
衣裳も含め、有能な総合演出家が必要だと思われるのは、坂本選手もそうですね。
ショートは、プログラムも、衣裳も、彼女のテイストではなかった。
一方、今日の「マトリックス」は、スピード感があって、力強く、ダイナミック。
彼女の魅力を最大限に引き出せるプログラムですから、この方向で、今後の展開を演出できる方に、チームを率いていただきたいですね〜。

ところで、今日のフリーでの収穫のひとつは、ルナ・ヘンドリクスの、大人の女性のスケーティングを見せてもらったこと。
最近は10代の少女たちが多くスポットライトを浴びるなかで、大人の魅力を表現できるスケーターの活躍は、この世界の豊かさを感じさせ、嬉しいものですね。
2021年3月27日

すごい!
すごすぎる!!
いやもう、羽生結弦は、天才なんて言葉ではとても足りない。
神に選ばれし存在!!!

失礼しました。
思わず興奮してしまいました。
世界フィギュア、男子ショート・プログラム。
私は昼間から、何も手に付かず、生中継の時間が近づくにつけ、ドキドキは最高潮に達して・・・。
始まったら、もう座っていられなくて、立ち上がって、テレビの画面を食い入るように見つめていました。
順番は無視して、羽生結弦選手。
昨日の練習風景を見たときから、特に下半身の筋肉の付き方が以前とは明らかに違って、体をさらにしっかり作りこんできたな、という印象だったのですが、予想を裏切らない、パーフェクトの演技でしたね。
「Let me entertain you」という選曲にも、羽生選手の抜きんでた才能を感じます。
この困難な時代を生きている全ての人々と共に生きる覚悟があり、人々のために滑る、という意識をしっかり持っているのが、羽生選手なのですね。
それだけでもう、他の選手とは、違うステージに立っているのです。
私は、テレビの前に立ち続け、大きな拍手を送りました。
鍵山雄真選手も、大健闘でしたね。
とても落ち着いていて、隙のないスケーティングは、さすがでした。
いかにも優等生のスケーティングは、ややもすると面白みに欠ける印象になってしまうのだけれど、ローリー・ニコルの振り付けが、それをうまくカバーし、彼のチャーミングな部分を引き出すことに成功していたと思います。
世界フィギュア初出場で2位発進とは、すごいです。
宇野昌磨選手は、ジャンプミスはあったものの、力強い、彼にしか表現できない魅力的なパフォーマンスが復活したと、心から嬉しく思っています。
悩み苦しんだ期間を脱して、滑ることに喜びを見出した宇野選手を、どこまでも応援していきましょう。
ケヴィン・エイモスの、全身で飛び跳ねているような、独特のスケーティングにも、たちまち引き込まれました。
フランスには、こういうダンサブルな表現力に溢れた選手が、次々登場しますよね〜。
そういえば、カナダのキーガン・メッシングの演技を見ていて、すがすがしい気持ちになって、パトリック・チャンの誠実なスケーティングが、そのまま引き継がれているなあ、とも感じましたね。
ジェイソン・ブラウンの、長い手足を存分に使った、ダイナミックな風を巻き起こすパフォーマンスが、私は大好き。
今日も、一瞬も息つく暇なく、見入ってしまいましたよ。
注目のネイサン・チェンは、ジャンプに失敗しただけでなく、スタートから、動きに切れがなく、精彩に欠いたスケーティングで、驚きました。
振り返ってみると、ネイサンの群を抜いてすばらしいプログラムは、シェイリーン・ボーンを代表する、抜きんでた才能を持った振付師が付いた時だ、と気付きました。
スケーティングの技術力はすごいけれど、ネイサン自身には演出力はさほどないのかもしれない。
だから、今回のパフォーマンスは今ひとつ、成功しなかったのではないか・・・とシロウトの感想です。
それにしても、今日の羽生選手の点数は低すぎる一方で、ネイサンは高く評価されすぎているなあ、と感じ、たった今、フィギュア・ファン友だちと、夜中に電話で話していたら、
「いつも、そうなんですよ。
羽生選手にとんでもなく低い点数をつけるジャッジがいて、何か政治的な力が動いているんじゃないかと思うの。
ネイサンのあの出来で、あんな高い点数、ありえない」
とひどく怒ってました。
同感。
あさってのフリーが心配になってしまいますね。
でも、羽生選手は、もう一段も二段も高いステージにいる表現者だから、この現実社会の試練など、きっと乗り越えてくれる、と祈ります。
2021年3月26日

2年ぶりの世界フィギュアスケート選手権大会。
無観客とはいえ、開催していただいて、本当に良かった、嬉しかった!
厳しいコロナ自粛生活のなかで、この日をずうっと楽しみに待っていたのですもの。
以前ちょうどこの季節にストックホルムを旅したこともあり、私はあの空、あの空気、あの風景を思い浮かべながら、生中継の映像を待ったのでした。

最終グループは、さすがに見応えがありましたね〜。
トゥルソワの切れ味の良さは、変わらず。
デビューの時のあどけない印象が、いつのまにか大人びた表情・動きになっていて、少女の成長のスピードを実感。
シェルバコワの世界観には、いつも圧倒されます。
デビュー時に、ジュースキント「香水」の怪しい世界を演じきって、度肝を抜かれた私は、今日も、この人の持つニュアンスに魅せられました。
エレジー(悲歌)に乗せて、優雅に表現される儚さ、悲しさ・・・。
フィギュアスケートは総合芸術なのだと、納得させられましたね。
トリプルアクセルがなくても、文句なしの1位でしょう。
坂本花織選手は、動きはとてもいいのですが、ヘアスタイル、衣裳の演出が、この曲調とひとつになっていないのではと、ちょっと物足りない気が。
宮原知子選手は、彼女にぴったり合った、上品な衣裳、繊細で美しいムーブメントに、魅了されました。
ジャンプミスはありましたが、彼女にしか描くことのできない美の世界を見せてもらっただけで、十分、感謝です。
紀平梨花選手は、本当にすばらしかった。
ダイナミックなムーブメントで、ガンガンと胸に迫る演技を楽しませてくれました。
大胆な片手側転も、いつもどおりの軽やかさ。
鮮やかなジャンプのすぐあとにつないだムーブメントが、とてもしなやかに流れて美しかったですね。
二位発進ですが、さあ、明後日のフリーで、逆転なるか、楽しみです。
そして、明日は!
男子ショート・プログラムですね!!!
2021年3月25日

待ってました!
世界フィギュアスケート選手権大会!!!
コロナ禍で、グランプリシリーズも中途半端に終わってしまったし、ようやく迎えられた国際大会ですもの、大興奮も当たり前ですよね。
明日からの4日間、私はもう眠れません(いや、今日からか)(笑)。
まずは、女子シングルのショートプログラム。
シェルバコワ、トゥルソワ、トゥクタミシェワのロシア勢に、紀平梨花選手がどう食い込んでくるのか。
ブレイディ・テネルの大人のスケーティング、宮原選手のパフォーマンスの美学、坂本選手のダイナミックな演技も楽しみです。
あ〜、早く、明日になれ!!
2021年3月23日

今日の生放送「バイキングMORE」(フジテレビ)で、「とくダネ」の小倉智昭さんとご一緒しました。
「とくダネ」は来週いっぱいで放送を終わりますが、22年も続いた長寿番組。
しかも、月〜金の生放送!!
頭が下がります。
お話を伺っていて、ビックリの情報を得ました。
なんと小倉さん、睡眠時間は、毎日、3時間半、ですって!!
そんなことって、可能なのでしょうか?
私は、たっぷり寝ないと動けない、ロング・スリーパー。
1日8時間。
時間が許せば、10時間だって、平気で寝ちゃう。
「そりゃあ、寝すぎだよ」
と、小倉さん。
う〜む、小倉さんより、毎日7時間も長く眠っている私は・・・時間、そうとう損してる??
2021年3月19日

以下は、本日私のインスタに投稿したものです。
写真は、インスタの画像でご覧ください。
*****

3月11日。
東日本大震災から、今年でちょうど10年です。
あの時、私は香港に旅立つため、羽田空港に向かうタクシーのなかにいました。
高速道路が目の前で大きく波打ちうねり、体が浮き上がり、もう助からないかもと、全身が強張りました。
阪神淡路大震災で、高速が崩れ落ちた映像が、蘇ります。
揺れがいったん収まり、とりあえず目的地には到着したものの、空港内も混乱していて、電話も通じない。
諦めて帰宅しようと思いましたが、高速は閉鎖されていて、帰りのタクシーもない。
何時間も待って、ようやくタクシーを確保した方になんとか同乗させてもらって、都内へと向かったのですが、道路には車が溢れ、全く動かない。
やがてタクシーのガソリンもなくなって、唯一動き出したと情報のあった地下鉄の近くの駅で降ろされました。
重いスーツケースを抱えて、地下鉄に乗るのも、大変でした。
やっとの思いで帰宅できたのは、夜中の1時過ぎでした。
愛猫マフィンは、よほど怖かったのでしょう、精神的におかしくなってしまったように、荒れていました。
私の留守中、面倒を見てくれていたスタッフとバトンタッチし、マフィンに寄り添い声をかけながら、片づけものをしました。
大切にしていたガラスのコレクションの前で、私は貧血を起こして、その場にくずおれました。
アンティークのグラス類が、大きな被害を受けていました。
80年代、社会主義体制下のプラハに初めて旅した思い出として抱えてきた、ボヘミアングラスのデザート用の器一式は、全滅でした。
20年あまりをかけて集めた、古いヴェネツィアングラスも、ことごとく倒れて割れていました。
私が大好きで普段使いに揃えていた、カルロ・モレッティは、おおかた無事でほっとしましたが、ただ・・・とりわけ気に入っていた、この写真の皿は、たった一枚、これが残ったのみでした。
ガラスの内部一面に、巧緻に細工された無数の小さな花が散りばめられた、美しいお皿です。
モレッティの白と深い青の2色、大皿と小皿6枚ずつ、セットで揃えてあったのでした。
私は泣く泣く、この小さなお皿を、食器棚に戻しました。

私など話にならない、深刻な被害を受けた方が、たくさんいらっしゃいます。
かけがえのない命を奪われ、今なお心に傷を負った方々、故郷に帰ることすら困難な皆さんのご苦労は、想像を絶するものでしょう。
あの恐ろしい経験を、風化させてはいけません。
ひとつだけ、寂しく残された白い小さなお皿が、私にそう教えている気がします。
2021年3月11日

今日、3月3日の雛祭りに、すてきなプレゼントが届きました。
ドイツから、ルッツとフランコが、小包を送ってくれたのです!!
ピナ・バウシュ作品に欠かせないダンサーたちで、もう長い付き合いです。
赤い紙に包まれて、美しい3つの箱が出てきました。
赤、オレンジ、青のリボンが華やかに結ばれた、大きさも、形も違うボックス。
中央のボックスに「Happy Bithday」のカラフルな文字が踊っているのを見て、私ははっと気づきました。
1月の私の誕生日のために、用意してくれていたものだったんですね!
厳しいロックダウン中のドイツで、なかなか国際小包を送ることができず、2ヵ月近くも待って、やっと手配できたものだったのです!!
メッセージカードに記された、温かな言葉に、涙が滲みました。
プレゼントは、とっても可愛いドイツの消しゴムでした!!!
彼は、私が消しゴムコレクターであることを知っていて、なかなか手に入らない珍しいドイツの消しゴムを見つけては、私にプレゼントしてくれるのです!!!
胸が熱くなりました。
ああ、なんて嬉しいのでしょう!!!
なんて、ありがたいことでしょう!!!

写真を撮って、近日中に、このサイトの「メッセージ」のページ、そして私のインスタグラムにもアップする予定ですので、ぜひご覧になってくださいね。
2021年3月3日

ラ・メゾン・デュ・ショコラのホワイトデーのコレクションに、大喜びです!
チョコレートのメゾンですが、実は、ここのフィナンシェに、私、病みつきになっているんです。
アーモンドと焦がしバターの風味溢れる、フランスの焼き菓子。
そのフィナンシェが、今回、ホワイトデーのスペシャルとして、ハートの形でリリースされました。
プレーンとチョコ味。
どちらも、美味しい、美味しい!!
シルバーのボックスに、赤のリボン、というのも、大人っぽくて、カッコいい!!
私のインスタで、近々画像をアップしますので、ぜひご覧になってくださいね。
2021年2月27日

ひゃ〜〜!
今日、フジテレビの生放送「バイキングMORE」に出かけてきたんですけどね。
そのなかに、何かに夢中になっている人を紹介するコーナーがあって、なんと!
消しゴムのコレクターさんが、登場したのですよ!!
嬉しい、嬉しい!!
すてきなコレクションを見せてもらって、大喜びしていたら、驚いたことに、最後に、拙著「消しゴム図鑑」を出してくださって・・・。
その方は私のコレクションもチェックしてくださっていたのですね!
大大大感激!!!
ありがとうございます!!!
消しゴムコレクターの絆は、固く、温かいですね。
これからも一緒に、消しゴムの輪を広げましょう!
番組スタッフの皆さんのお心配りにも、感謝するばかりです。
2021年2月19日

なんとも、腹立たしい事件が起こりました。
ピエール・マルコリーニのバレンタイン・チョコを注文したにもかかわらず、当日になってもチョコは届かず、困って問い合わせをしても、電話はたらいまわしで、要領を得ない、というのです。
ネットでは、「マルコリーニ詐欺」と呼ばれて、炎上しているそうです。
楽しみに待っていたバレンタインデーが、悪夢の1日となってしまったわけで、お気の毒なんて言葉ですむ話ではありません。
マルコリーニ日本代理店、なんてひどいことをしてくれるんだ、と怒りの気持ちでいっぱいです。
マルコリーニさんご自身は、とても魅力的ないい方なのですが、日本人が経営するマルコリーニ日本代理店には、私もかつてひどい目にあったことがあり、このブログにも書いたことを、ご記憶の方がいらっしゃるでしょう。
その不誠実、非常識な商売の仕方に、私は失望してしまって、以来全く関わらないことにしていたのでした。
(そのときも、筋の通らない言い訳やウソばかりで、ついに正式の謝罪はありませんでした。)
今も変わらず、無責任な仕事を続けているのでしょうか。
多くのチョコレート・ファンを傷つけ、全てのチョコレート関係者を裏切る行為です。
被害者は、泣き寝入りしないで、追及し、きちんと補償を求めていただきたいです。
このような惨事が、二度と繰り返されないように!!
2021年2月15日

昨夜の地震には、驚きましたね〜。
皆さん、大丈夫でしたか?
私の暮らしている東京は震度4で、仕事机に重ねていた本や資料類が崩れ落ちたり、神棚のお札が倒れたりしました。
東北にお住まいの方々は、どんなに恐ろしい思いをなさったことでしょう。
心からお見舞い申し上げます。
これ以上、被害が広がりませんように・・・。
東日本大震災の悪夢が、蘇ります。
今回の地震が、10年前のあの大震災の余震だったとは・・・。
地球は、途方もなく大きなスケールで呼吸をしているのだと、思い知らされる夜でした。
2021年2月14日

なんと、パリから!
ステキなプレゼントが届きました!!
私がこよなく愛する天才ショコラティエ、パトリック・ロジェさんからです!!!
嬉しい、嬉しい!
大喜びで、私その場で、踊ってしまいましたよ。
中には、ロジェさんの珠玉のチョコ・ボックス、そして新作ワイン!!
毎年パリに行くたびに、ロジェさんのブティックでチョコをどっさり買い込み、その年の新作ワインのテイスティング会を楽しんできた私も、このコロナ禍で万事休す。
寂しい日々を送っていたのです。
ロジェさんからのビッグ・プレゼントに、もう大興奮!
ロジェさん、ありがとう〜〜〜!!!
どんなチョコとワインだったか・・・これから写真を撮って、近くインスタグラムにアップしますので、お楽しみにね!!
2021年2月9日

今朝の「グッとラック!」というテレビ番組のオンエアをモニターして、ガッカリしています。
私は収録現場で、要請に応えて、ギリギリまでコメントを短くし、コロナ禍のショコラティエさんの思いを伝えたにもかかわらず、三分の一ほどにカットされ、後半の大事な話は丸々なくなり、悲しい結果となりました。
ナレーションの危険な誤情報にはゾッとしましたし、私がダークチョコレートの話をしているときに、ミルクチョコのアップを入れていたのにも、心臓が止まってしまうほどのショックを受けました。
ディレクターは、パティシエとショコラティエの区別すらついておらず、収録中3回も指摘したにもかかわらず、ついに学習してくれなかったようで、放送では間違いだらけでした・・・。
お粗末。
作り手が人生をかけた大切なチョコをテイスティングした、司会の志らくさんの無礼なコメントも、ひどすぎましたよね。
豚に真珠とは、こういうことを指すのでしょう。
これが、朝のワイドショーの限界なのかと、暗い寂しい気持ちになりました。
2021年1月29日

TBS「グッとラック!」の撮影を、終えました。
テーマは、「コロナ禍のバレンタイン・コレクション」。
私のお勧めのチョコ紹介をまじえ、なかなか面白い展開になったと思いますので、ぜひ、ご覧になってくださいね。
29日(金)の朝です!
2021年1月26日

いよいよ、一年で一番の盛り上がりをみせるチョコレート・シーズンが、やってきました。
私はずっと、新作チョコのテイスティングの毎日です。
インスタグラムにて、26日から、今年のバレンタイン・チョコのレポートをお送りしますので、どうぞ、お楽しみに〜〜!
また、26日(火)夜の「マツコの知らない世界」(TBS)では、以前放送された私のチョコレートの話ダイジェスト版が放送されます。
29日(金)朝の「グッとラック!」(TBS)では、今年のバレンタイン・コレクションについて、私がお話します。
勿論、お勧めチョコも公開!
ぜひ、ご覧になってくださいね。
2021年1月24日

インスタグラムを始めたら、1日中スマホが手離せなくなりました。そこで!
私、スマホケースに、ハマってしまったのですね。
手元には、すでに10個。
失敗したものも含めると、ゆうに15個はオーダーしていますね。
外出するとき、着る服に合わせて、バッグを選び、靴を決めるでしょう?
同時にスマホもコーディネートしたくなったのです。
青い服には、神秘的な青いケース。
白黒の服には、夏用に、涼しげなモンドリアンの白黒のコンポジション、そして冬用に、ウールのような温かいタッチの、パウル・クレーの白黒グレイのデザイン画、2点を使い分けます。
チョコレート・イベントの日のために、美味しそうな板チョコのケースも用意しましたよ。
楽しい、楽しい!!
わざわざ、用もないのに、バッグからスマホを出して、にんまりしている私です。
2021年1月18日

私の誕生日は1月12日ですが、その前の1月11日は、私の尊敬する恩師、岡村浩明先生のお誕生日でした。
伊勢高校の、化学の、すばらしい先生でした。
化学の世界の魅力、面白さを教えていただいたばかりではなく、その温かなお人柄に強く惹かれ、私も化学の道を志すことに繋がったのでした。
科学エッセイを書いたり、ナスカの不思議を解いたり、チョコレートの分析をしたり・・・先生が教えてくださったことは全て、今も私の仕事のなかに生きています。
お祝いのカステラとバースデーカードをお送りしたところ、ご丁寧な
お礼状を頂戴しました。
お写真を、添えてくださっています。
95歳におなりになったとは思えない、矍鑠としたお姿で、私のカードを手にしてくださっていて、嬉しくて、涙がこぼれました。
伊勢高の皆さん、このブログをご覧になっていらしたら、ぜひ、岡村先生に、お祝いのメッセージを、届けてください。
先生、いつまでも、お元気でいらしてください。
2021年1月14日

今日は、私の誕生日!
緊急事態宣言下で、忘年会も、新年会も、誕生会もナシの私を、かわいそうに思って、スタッフが、私の気に入りのケーキ「サルバドール」をプレゼントしてくれました。
上質のカカオとフランボワーズの華やかな結婚に、感激!!
大喜びで、美味しくいただきました。
インスタグラムに写真をアップしましたので、ご覧くださいね。
でも・・・もう、おめでたい、という年ではないのですけれどね・・・(笑)。
2021年1月12日

緊急事態宣言が発出されました。 
遅きに失した感はありますが、やっと、という感じです。
ただ・・・感染者数が激増し、医療の逼迫が叫ばれるなか(もうすでに崩壊が始まっているという医療関係者もいます)、このていどの対策、規制で大丈夫なのかしら、と首を傾げてしまう私。
フジテレビの「バイキングMORE」に出演しましたが、やはりこのニュースに終始したのでした。
恐ろしい現実に、愕然としています。
2021年1月8日

コロナで明け暮れた1年が終わり、新しい年が、やってきました。
まだまだ苦しい時は続きそうですが、気を引き締めて、頑張って乗り越えましょう!!
今年もよろしくお願いいたします。

「クックパッドニュース」と「ヤフーニュース」に、私の「生チョコレート」の話が掲載されています。
ぜひ、ご覧くださいね。
2021年1月1日










「チョコレートの奇跡」
最新刊
(中央公論新社)

チョコレートに、あっと驚く健康効果があった!
「神の食べ物」に迫る最先端の科学から、その文化、芸術までを探求したチョコレート解体新書



「ナスカ砂の王国」
新版
(文春文庫)

いつ、誰が、何の目的で、どうやって、描いたのか。
「ナスカの地上絵」の謎を追って、激動の時代を行く、著者渾身のノンフィクション。



「ピナ・バウシュ中毒」
(河出書房新社)

限りなく優しく温かく美しい世界が、ここにあった!
楠田枝里子が敬愛するアーティストの追っかけの旅の記録。



「かぞえる」
(復刊ドットコム)

「かぞえる」って何だろう?
数えられるもの、数えられないもの、数えきれないものもあるよね。
予想もつかない、壮大な結末が感動を呼ぶ、創作絵本。



「チョコレート・ダイエット」
(幻冬舎)

カカオ70%以上のチョコレートは、こんなにスゴイ!!!
毎日の食生活に正しく取り入れて、健康にスリムになりましょう!
ダイエットしたい人、美しくなりたい方、体調の気になる方、ぜひご覧ください。



「不思議の国のエリコ」
(文春文庫)

科学を気軽に面白く味わっていただくためのエッセイ集。
「虹には雄と雌がある」「薔薇色の秘密」「バカにつける薬」など。



「ぼくは おおきな くまなんだ」
(文化出版局)

大きな毛むくじゃらのクマに変身した、ハンス少年の、愉快で愛らしい冒険物語。
ヤーノシュ作、くすたえりこ訳の絵本です。



「うさちゃんのニュース」
(ほるぷ出版)

とうとう最後に、うさちゃんが見つけたステキなものは?!
心があたたかくなる、優しい絵本です。
ボーンスタイン作、くすたえりこ訳。