** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■マリア・ライヘ基金について



■最後に

■レポート
Mar.2014
ナスカ・パルパを
巡る国際講演会


■レポート
July2010
パルパ博物館から


■論文  
「古代パラカス人
の移動に関する
新たな考察」

New Speculation Regarding the Migration of the People of Ancient Paracas

■レポート
Oct.2006
新発見、ナスカの
地上絵


■論文  
「ナスカ・パルパ
の地上絵、ひとつ
の解釈」


One Interpretation
of the Nasca and
Palpa Geoglyphs


■レポート
Jan.2006
パルパ博物館の子供たち


■レポート
May 2005
マリア・ライヘ博物館


■レポート
Oct.2004
パルパ博物館


■レポート
Sep.2004


■レポート
Apr.2004
パルパの遺跡


■レポート
Jan.2004




Copyrights

■メッセージ
ナスカへ


■メッセージ
夢のような日々


■メッセージ
ペルーの子供たち









南半球にある南米ペルー、ナスカでは今、夏真っ盛り。

以前、年末年始をナスカで過ごしたとき、お正月にレストランへ行ったら、まだクリスマス・ツリーが飾ってあり、その横で大きな扇風機が回っていたのを、懐かしく思い出します。
そこで私が味わったのは、めでたいお正月料理だと薦められた、クイ(大きなネズミ。モルモットのようなものです)の丸焼きでした!



さて、すでにお知らせした、ナスカ・パルパ・プロジェクト。
予定では、もうそろそろ博物館がオープンすることになっておりました。

建物は、完成しています。
温かな雰囲気の、美しい博物館です。
今、内部の展示の準備を進めているところですが、それにもう少し時間がかかりそうです。
重要な展示室のパネルの印刷が、ペルー、リマの印刷所では難しいことが明らかになり、改めてヨーロッパの印刷所に発注し、運ばねばならない状況になってしまったようです。
コンピュータを使って作製した、精巧でサイズも大きいパネルですから、高度な印刷機材、テクニックも必要とされるのでしょう。

日本マリア・ライヘ基金の支援者の皆様方に敬意を表し、日本からの来訪者のために、日本語のパンフレットも用意してくださることになっています。

オフィシャル・オープニングの日取りが決まりしだい、お知らせいたしますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

2004年1月