** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■15歳の、バースデー・ケーキ

■マフィン、15歳になる

■マフィンのお世話

■アレン・ママからのお便り

■15回目のお正月

■プレゼントは、何?

■ご飯、ちょうだい

■ママの留守のあいだに

■カーテンでかくれんぼ

■夏だから、ひまわり

■14歳の、表彰状

■さらに、バースデー・プレゼント

■バースデー・プレゼント

■マフィン、14歳になる

■ネコの日の、プレゼント

■冬の夜は、ふかふかのベッドで

■14回目のお正月

■サンタさんと一緒

■おしゃれなマフィン

■タオルの上でお昼寝

■ いいコになったマフィン

■ Zooの袋で、遊ぶ

■ 13歳の、表彰状

■ 6月のちっちゃなマフィン

■ バースデー「ねむねむ」

■ マフィン、13歳になる

■ マフィン、久々のテレビ出演

■ ごはん、ちょうだい

■ 13回目の、お正月

■ クリスマスがやってきた!

■ おしゃれ、中級者用

■ ネクタイは、いかが?

■ お気に入りの場所

■ マフィンと、おもちゃ

■ お留守番は、大成功

■ ちっちゃな、ちっちゃなマフィン

■ ちょっと長いお留守番

■ マフィン、12歳になる

■ またもや、気まぐれマフィン

■ 気まぐれ、マフィン

■ 12回目の、お正月

■ クリスマスのマフィン

■ ネクタイ付きシャツのすすめ

■ かつおぶしを、卒業する

■ マフィンの秘密を、公開します

■ 暑い夏には、アロハ

■ マフィン、ゴキブリをやっつける

■ マフィンがうちにやってきた日

■ ベッドの上の、マフィン

■ マフィン、11歳になる

■ 夢みる、マフィン

■ 雪が、降ってきたよ

■ 11回めの、お正月

■ 嬉しいクリスマス

■ ママのものは、ボクのもの

■ 真似っこ、マフィン

■ タオルが、大好き

■ マフィン、保険にはいる

■ マフィン、病気を乗り越える

■ マフィンのお留守番

■ マフィンの、誕生日

■ マフィン、10歳になる

■ マフィン、自宅療養中

■ マフィン、入院する

■ マフィンと、10年

■ メリー・クリスマス!

■ さよなら、HYUちゃん

■ マフィンがうちに来た日

■ 大好き、ダンボール箱

■ もりもり食べています

■ 猫ドック、検査の結果

■ 不安な、猫ドック

■ 大地震で、10円ハゲ

■ マフィン、9歳になる

■ ねえ、ねえ、ねえ

■ 豆を追いかけろ!

■ お正月の、マフィン

■ また今年も、サンタ・マフィン

■ ルームシューズと一緒に

■ マフィンの年齢は?

■ ネコの受難

■ マフィンの「イビキ」

■ ラムネちゃんの輪っ

■ またたびポワソン

■ ねむねむ、大好き

■ マフィン、8歳になる

■ 撮影、成功しました

■ 節分の赤鬼さん

■ お正月は、お殿様気分

■ 今年も、サンタ・マフィン

■ お風呂場のマフィン

■ シャワーを浴びるネコ

■ またもや、掃除機

■ 掃除機で、お昼寝

■ 健康診断の結果は?

■ 「痛い」なら、よくわかる

■ 付き添いネコ、マフィン

■ マフィン、7歳になる

■ 紙は足りていますか?

■ お花が、大好きさ

■ お年玉が、嬉しいな

■ サンタの季節がやってきた

■ エアロバイクにタックル

■ ピンチ、マフィンのご飯

■ 消臭剤と、除菌剤

■ シャンプーで、ウンチ

■ ノルウェージャンは、今

■ マフィン、嵐の猫ドック

■ ナカヨシ、ナカヨシ

■ マフィン、6歳になる

■ やっぱり和食も
おいしいね


■ イタリア料理は
おいしいね


■ 新年は、豪華な晴れ着で

■ 今年も、サンタさん

■ ごめんね、ごめんね

■ お水を、飲みにいくよ

■ 初めての「猫ドック」

■ 暑いのが、キライ

■ 初めての「血液検査」

■ お留守番は、大成功

■ かっこいいっ、
GジャンにGパン


■ マフィン、5歳になる

■ ご飯、ちょうだい

■ 赤鬼さんも、よく似合う

■ 今年もめでたい
招き猫


■ クリスマスが、やってきた

■ ちょっぴり、ヤキモチ

■ クールに決めた
マフィン


■ 以心伝心、マフィンと私

■ かわいい災難に
大笑い


■ 暑い日は、ここが一番

■ シャンプー好きの、ネコ

■ バースデー・プレゼント

■ マフィン、4歳になる

■ マフィンの、耳そうじ

■ マフィンと、一緒に寝たい

■ 新年は、お殿様気分で

■ 12月の、サン
タ・マフィン


■ マフィンの、ため息

■ 紙で遊ぶの、大好き

■ ライフ・ジャケットを着る

■ えらいぞ、マフィン

■ 「ねむねむ」に夢中

■ マフィン、奥の手を使う

■ ちょっとだけ、反抗期

■ マフィン、3歳になる

■ 「お手」の教え方

■ 丸い背中が、語っている

■ ちょっぴり、大人になったね

■ なんてこった、マフィン

■ ネコが、歌をうたう?

■ 初めての、ペットシッターさん

■ 教えなかったこと(2)

■ 教えなかったこと(1)

■ 「お手」と「おすわり」

■ 思春期の、ニキビ

■ 嵐の、TVデビュー

■ マフィン、2歳になる

■ 春のニャン・ファッション

■ 死んではいられない

■ マフィンの郵便ポスト

■ たった一度の、おもらし

■ 秋の日の、マフィン

■ けなげな、マフィン

■ マフィンと、ランニング

■ お母さんの名前は?

■ はじめての、動物病院

■ ようこそ、マフィン

■ マフィン、1歳になる

■ ハッピー・バースデイ

■ おやすみ、マフィン

■ バスタブにおっこちる

■ ボーイフレンドがやってきた


Copyrights



けなげな、マフィン
楠田枝里子  


今年の7月。
マフィンが突然、食べたものを吐きだしました。
いつもと同じご飯。
いつもと同じ生活を送っているというのに、いったいどうしたのでしょう!?
1回に与える分量を少なめにし、消化の良さそうなものにフードも変えてみたりしましたが、いっこうに良くなりません。
周囲の愛猫家の知人に相談をしてみると、
「ああ、今の時期は、ネコも体調を崩しがちなんですよ。
ほら、人間だって、梅雨時はすっきりしないでしょう?
それと同じです。
うちのネコたちも、いつもこの時期は元気ないですよ」
という返事。
またある友人は、
「ちょうど毛が抜けて、夏の準備をする時期なので、抜けた毛を飲み込んで、それを吐き出しやすくなるんです。
心配しなくて、いいですよ」
とのこと。
それでも、やっぱり気にかかります。
そんな日が1週間か、10日も続いたでしょうか?

ところが!
そのマフィンの嘔吐が、ある日を境に、ぴたりと止まったのです!!
それはもう、劇的な変化でした。
信じられないくらい!
何があったと、思います?
実はそのとき、私が、この10月下旬発売の新刊書の、書き下ろし原稿を完成させたのです。
「ピナ・バウシュ中毒」というタイトルの本で、去年の12月から、8ヶ月かけて書いてきた原稿でした。
書名に「中毒」なんてあるから、マフィンも食中毒にかかっちゃったのかって?
いえいえ、まさか。
私多分、最後の仕上げの10日間は、あまりに集中して、その世界に入り込みすぎていて、普段と全く空気が違っていたのではないでしょうか。
昼も夜も、ベッドで眠っているあいだも、頭のどこかで引き続き原稿のことを考えている自分がいて、夜中にがばっとはね起きて、仕事を始めることも少なくなかったのです。
マフィンにはいつもどおりに接していたつもりでしたが、一緒にいても、心の全部が自分のところにないことを、彼は察していたのでしょう。
それでも、マフィンは懸命に我慢をして、いい子でいたのです。
今はお仕事してるんだから、仕方ないや、と思ってくれていたのでしょうね。
でも、そのストレスがどんどん大きくなっていって、人間で言えば胃炎を起こしたかのように、食べ物を吐いてしまっていたのだと思います。
ああ、なんとけなげなマフィンでしょう!
私が原稿を完成させ、編集者に提出した、次の日から、マフィンの嘔吐はぴたりと止まりました。
そして、10日間分を取り戻すかのように、1日じゅう私にすりよって、甘えん坊をしていたのでした。



2003年10月  

よーい、どん、じゃないよ。
考え事してるんだ。


人(?)生について、さ。
もの思う秋だもの。


ま、たまにだけどね!




「ピナ・バウシュ中毒」だって。変な名前。
でも、ボクが一生懸命がまんしてあげたから、本ができたんだよ。えっへん。
みんなも、読んであげてね!