** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■甘えんぼマフィン

■15歳の、バースデー・ケーキ

■マフィン、15歳になる

■マフィンのお世話

■アレン・ママからのお便り

■15回目のお正月

■プレゼントは、何?

■ご飯、ちょうだい

■ママの留守のあいだに

■カーテンでかくれんぼ

■夏だから、ひまわり

■14歳の、表彰状

■さらに、バースデー・プレゼント

■バースデー・プレゼント

■マフィン、14歳になる

■ネコの日の、プレゼント

■冬の夜は、ふかふかのベッドで

■14回目のお正月

■サンタさんと一緒

■おしゃれなマフィン

■タオルの上でお昼寝

■ いいコになったマフィン

■ Zooの袋で、遊ぶ

■ 13歳の、表彰状

■ 6月のちっちゃなマフィン

■ バースデー「ねむねむ」

■ マフィン、13歳になる

■ マフィン、久々のテレビ出演

■ ごはん、ちょうだい

■ 13回目の、お正月

■ クリスマスがやってきた!

■ おしゃれ、中級者用

■ ネクタイは、いかが?

■ お気に入りの場所

■ マフィンと、おもちゃ

■ お留守番は、大成功

■ ちっちゃな、ちっちゃなマフィン

■ ちょっと長いお留守番

■ マフィン、12歳になる

■ またもや、気まぐれマフィン

■ 気まぐれ、マフィン

■ 12回目の、お正月

■ クリスマスのマフィン

■ ネクタイ付きシャツのすすめ

■ かつおぶしを、卒業する

■ マフィンの秘密を、公開します

■ 暑い夏には、アロハ

■ マフィン、ゴキブリをやっつける

■ マフィンがうちにやってきた日

■ ベッドの上の、マフィン

■ マフィン、11歳になる

■ 夢みる、マフィン

■ 雪が、降ってきたよ

■ 11回めの、お正月

■ 嬉しいクリスマス

■ ママのものは、ボクのもの

■ 真似っこ、マフィン

■ タオルが、大好き

■ マフィン、保険にはいる

■ マフィン、病気を乗り越える

■ マフィンのお留守番

■ マフィンの、誕生日

■ マフィン、10歳になる

■ マフィン、自宅療養中

■ マフィン、入院する

■ マフィンと、10年

■ メリー・クリスマス!

■ さよなら、HYUちゃん

■ マフィンがうちに来た日

■ 大好き、ダンボール箱

■ もりもり食べています

■ 猫ドック、検査の結果

■ 不安な、猫ドック

■ 大地震で、10円ハゲ

■ マフィン、9歳になる

■ ねえ、ねえ、ねえ

■ 豆を追いかけろ!

■ お正月の、マフィン

■ また今年も、サンタ・マフィン

■ ルームシューズと一緒に

■ マフィンの年齢は?

■ ネコの受難

■ マフィンの「イビキ」

■ ラムネちゃんの輪っ

■ またたびポワソン

■ ねむねむ、大好き

■ マフィン、8歳になる

■ 撮影、成功しました

■ 節分の赤鬼さん

■ お正月は、お殿様気分

■ 今年も、サンタ・マフィン

■ お風呂場のマフィン

■ シャワーを浴びるネコ

■ またもや、掃除機

■ 掃除機で、お昼寝

■ 健康診断の結果は?

■ 「痛い」なら、よくわかる

■ 付き添いネコ、マフィン

■ マフィン、7歳になる

■ 紙は足りていますか?

■ お花が、大好きさ

■ お年玉が、嬉しいな

■ サンタの季節がやってきた

■ エアロバイクにタックル

■ ピンチ、マフィンのご飯

■ 消臭剤と、除菌剤

■ シャンプーで、ウンチ

■ ノルウェージャンは、今

■ マフィン、嵐の猫ドック

■ ナカヨシ、ナカヨシ

■ マフィン、6歳になる

■ やっぱり和食も
おいしいね


■ イタリア料理は
おいしいね


■ 新年は、豪華な晴れ着で

■ 今年も、サンタさん

■ ごめんね、ごめんね

■ お水を、飲みにいくよ

■ 初めての「猫ドック」

■ 暑いのが、キライ

■ 初めての「血液検査」

■ お留守番は、大成功

■ かっこいいっ、
GジャンにGパン


■ マフィン、5歳になる

■ ご飯、ちょうだい

■ 赤鬼さんも、よく似合う

■ 今年もめでたい
招き猫


■ クリスマスが、やってきた

■ ちょっぴり、ヤキモチ

■ クールに決めた
マフィン


■ 以心伝心、マフィンと私

■ かわいい災難に
大笑い


■ 暑い日は、ここが一番

■ シャンプー好きの、ネコ

■ バースデー・プレゼント

■ マフィン、4歳になる

■ マフィンの、耳そうじ

■ マフィンと、一緒に寝たい

■ 新年は、お殿様気分で

■ 12月の、サン
タ・マフィン


■ マフィンの、ため息

■ 紙で遊ぶの、大好き

■ ライフ・ジャケットを着る

■ えらいぞ、マフィン

■ 「ねむねむ」に夢中

■ マフィン、奥の手を使う

■ ちょっとだけ、反抗期

■ マフィン、3歳になる

■ 「お手」の教え方

■ 丸い背中が、語っている

■ ちょっぴり、大人になったね

■ なんてこった、マフィン

■ ネコが、歌をうたう?

■ 初めての、ペットシッターさん

■ 教えなかったこと(2)

■ 教えなかったこと(1)

■ 「お手」と「おすわり」

■ 思春期の、ニキビ

■ 嵐の、TVデビュー

■ マフィン、2歳になる

■ 春のニャン・ファッション

■ 死んではいられない

■ マフィンの郵便ポスト

■ たった一度の、おもらし

■ 秋の日の、マフィン

■ けなげな、マフィン

■ マフィンと、ランニング

■ お母さんの名前は?

■ はじめての、動物病院

■ ようこそ、マフィン

■ マフィン、1歳になる

■ ハッピー・バースデイ

■ おやすみ、マフィン

■ バスタブにおっこちる

■ ボーイフレンドがやってきた


Copyrights



かわいい災難に、大笑い
楠田枝里子  


いつものように、マフィンと追いかけっこをしている途中で、マフィンが和菓子屋さんの紙袋のなかに逃げこみました。
ここまではママも入ってこられないから、安全だね、って感じです。
そして、やがて、あたりをうかがいながら、外へ出てきたのですけれど・・・。
あ〜らら、変な体勢で頭を突っ込んでしまったようで、首に袋の持ち手を引っかけたまま、ずるずると引き摺っています。
行けども行けども、紙袋がくっついてくる。
最初、マフィンは何事が起きたのかわからないようすで、きょとんとしていましたが、そのうち、なんとか袋から逃れようと、ものすごい勢いで、うちじゅうを走りだしました。
それでも、どうしても、袋は離れてくれません。
袋を振り払おうと、必死になって、あたりを飛び、転がりまわります。
私はもう、そんなマフィンがかわいくて、かわいくて・・・。
あまりに、おかしくて、おかしくて、引っくり返って笑ってしまいます。
急いでカメラを取り出して、シャッターを押し続けました。
かわいそうにね・・・すぐに袋を外してあげなくて・・・ごめんね、マフィン。



2006年8月  


マフィンへのお手紙は、こちらへ   



買い物帰りのおばさん、
じゃないよ。



紙袋が、取れないんだ。


くっついてくるなよ〜。


うっとおしいなあ。


あ〜ん。


もう〜、やだあ〜!


いいかげんに離れてよ〜。



先月、ボクのテディおじいちゃんとヤマナカさんが亡くなって、タケチヨ・パパもいなくなってて、ボクはひとりぽっちになっちゃった・・・ってションボリしていたら、ボクのラムおばさん、生まれたばかりのちっちゃなソマリたちのパパとママから、励ましのお便りをもらったよ。
甥っ子のコロちゃんや、いとこたちからも、メールが届いたんだ。
みんな、ありがとう!!
ボクはすっごく嬉しかった。
ひとりじゃないんだ、元気出さなきゃ、ガンバラなくっちゃ、って思ったよ。
ヤマナカさんのキャッテリーRAGAZZOは、残念ながら閉鎖になったけど、一緒に暮らしていたたくさんの猫ちゃんはみんな、無事に元の実家に帰ったり、新しいおうちを見つけたりできたんだって。
たった1週間で!
それは、ヤマナカさんのお友だちや、ソマリの知り合いのキャッテリーが、一生懸命お世話してくれたおかげだよ。
やっぱりソマリの輪って、とっても優しくて、あったかいんだよね。

ボクの一番のなかよし、ラムネちゃんは、わざわざ、ボクのダイナおばあちゃんが帰っていった実家のコバヤシさんのところまで出かけて、写真を撮って送ってくれたんだ。
テディは、将軍って言われるほど、堂々とした立派なソマリだった。



テディおじいちゃん(Ragazzoのホームページより)


ダイナは、もう10歳だから、ホントにおばあちゃんなんだけど、今もきれいで上品で、大事にしてもらって、幸せな一生を過ごしてきたのがよくわかるね。



ダイナおばあちゃん(撮影ラムネちゃん)


タケチヨ・パパの写真も、ラムネちゃんが見つけて送ってくれたよ。
とっても若いころのパパだ。



タケチヨ(右)と、妹の鶴姫
(RAGAZZOのホームページより)


ボク、みんなの写真、大切に取っておくよ。
いつまでも、いつまでも、忘れないよ。

あのね、ボクが、
「もしママに万が一のことがあったら、テディおじいちゃんのように、ボク、一緒に付いていってあげるね」
って言ったら、ママは、それはダメだよ、って。
「マーちゃんは、たっぷりご飯食べて、いっぱい遊んで、そのあとで、やってくればいいんだよ。
ママは、虹の橋のたもとで、マフィンちゃんが来るまで待っててあげるからね」
そう言うんだ。

「虹の橋」のことは、このサイトで読めるよ。
ボクとママは、何度もこの詩を読んで、泣いたんだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/dogplanet/2000

でもさ〜、よく考えてみたら、ネコの寿命は短いから、普通はボクのほうが先に死んじゃうじゃない。
それに、ママは長生きするよ、生命線が手首まで伸びてて、とても長いんだもん。
いつも「この次のハレー彗星も見るんだ」って楽しみにしてるしね。
大丈夫だよ、ママ。
ママはうんと長生きして、ハレー彗星見てから、虹の橋においでよ。
ボクは、ママが来るまで、ずうっと待っててあげる。
一緒に虹を渡りながら、ママが見たハレー彗星がどんなにきれいだったか、お話いっぱい聞かせてね!