** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ 世界のどこかで

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ ピナ・バウシュに会うために

■ ピナを想う

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 2008年新作

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ ピナ・バウシュ
京都賞を受賞


■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 5月の静かな涙

■ マティアス

■ フェスティバル

■ 新作タイトル

■ ダンサーの名前

■ 訃報、トマス

■ 口絵(1)

■ ブックデザイン

■ 神々の邂逅

■ 帯


■ メッセージ





Copyrights



春の宴


なんと愉快な夜だったのでしょう!
ピナ・バウシュの「フォル・モント」(フル・ムーン)の昼の公演が終わったあと、皆と夕ご飯を共にしました。
ピナ・バウシュ、コスチューム・デザイナーのマリオン・スィトー、ダンサー数名に、山海塾の天児さんや、パリから駆けつけたアケミさんもお誘いして、懐石しゃぶしゃぶのお座敷へ。
部屋に飾られた満開の桜に、一同歓声を上げ、華やかに宴会はスタートしました。




このうえなく温かで心地よい空間。
ピナやダンサーたちの何気ない所作のひとつひとつの、まあ美しいこと。
誰もがリラックスして、言葉が飛び交い、たわいない冗談で盛り上がり、笑い声が絶えません。
ピナ・ファミリーの大きな愛情の輪のなかに身を置いて、私はもう、夢を見ている気分でした。


マリオン、ドミニークと、大笑い。

ナザレット、ダフニス、ミヒャエルから、
ラジコン・ヘリコプターをプレゼントしてもらいましたよ!

ピナからいただいたイヤリングをさっそく付けて、写真を1枚。
ピナも「インヴィジブル・イヤリング!」(見えないイヤリング)
と笑いながら、
耳を出してポーズを取ってくれました。

フェルナンドからも、すてきなお土産が!
中身は・・・ごめん、秘密です。

日本人ダンサーのアズサさん。
この食事中、
パフォーマンスのなかの彼女のセリフが大きな話題となり、
新しいアイデアが生まれました。
「明日のステージで、さっそくやってみます」と彼女。

いつも優しいエレナ。

まだニューフェースだけれど、
切れのいいすばらしいダンスを見せるパブロ。

ピナとのひとときは、いつも、幸せ。



飛びっきりの春の宴を楽しませていただいたことに、心から感謝。


2008年4月7日  

楠田 枝里子