** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ 幸せな、時間の贈り物

■ 世界のどこかで

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ ピナ・バウシュに会うために

■ ピナを想う

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 2008年新作

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ ピナ・バウシュ
京都賞を受賞


■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 5月の静かな涙

■ マティアス

■ フェスティバル

■ 新作タイトル

■ ダンサーの名前

■ 訃報、トマス

■ 口絵(1)

■ ブックデザイン

■ 神々の邂逅

■ 帯


■ メッセージ





Copyrights



訃報



6月30日、ドイツから、ピナ・バウシュの訃報が飛び込んできました。
何かの間違ってあってくれと、祈るような気持ちで、やりとりを繰り返し、ついに現実を直視しなければならない状況となりました。
あまりのショック、喪失感の大きさに、そのまま一睡もできず、翌朝を迎えました。
生きていく拠所を永遠に失ってしまったような思いで、私はずっと呆けたように座り込んでいます。

限りなく優しく、清廉で、愛に溢れた人でした。
持てる全てを、創作に捧げた偉大なアーティストでした。
私の人生で、もう二度と、ピナのように美しい人に巡り会うことはできないでしょう。
20年にも亘り、親しく傍らに置いてもらえたことは、何よりの幸せでした。


ヴッパータールにて、フォーサイスと



2009年7月2日  

楠田 枝里子