2017年1月〜

2016年1月〜

2015年1月〜

2014年1月〜

2013年1月〜

2012年1月〜

2011年1月〜

2010年1月〜

2009年1月〜

2008年1月〜

2007年1月〜

2006年1月〜

2005年1月〜




Copyrights



六本木、東京ミッドタウンにある「21−21デザインサイト」の「そこまでやるか」という展覧会のオープニングに出かけてきました。
ちょっと変わったタイトルではありますが、クリストをはじめ意表を突くアート作品を紹介する、実に面白いアプローチです。
久々に、イッセイさんや、コシノジュンコさん、小池一子さん、他懐かしい友人たちとおしゃべりすることができ、本当に嬉しかったわ。
イッセイさんは、いつお会いしても、ステキ。
日本の最も美しい男性だと、思っているんですよ、私。
2017年6月22日

エリック・カール展を見に、世田谷美術館へ。
エリック・カールは、私の最も愛する絵本作家です。
30年あまり前に手に入れた彼の作品「I See A Song」を今も大事に書棚に飾っているほど。
(その後翻訳も出たのですが、この本はやっぱり原文の英語で読んだほうが、うんといいのです。)
美術館を巡って、その世界の温かさ、楽しさ、見事な色彩、抜きんでたデザイン・センスに、改めて感嘆しました。
幼い頃をドイツのシュッツットガルトで過ごしたことや、クレー、カンディンスキー、マルク、マティスをこよなく愛し影響を受けたことなどを知り、なぜ私がこれほどエリックの絵本に魅かれてきたか、その原点に気付かされたりもしました。
晩年のクレーへのオマージュとして、天使のコラージュ作品が3点制作されていたのには、大興奮しましたね。
実は、オープニングに合わせて来日していたそうです。
あ〜、残念、お会いしてお話がしたかった!
2017年6月20日

名古屋のマリオット・ホテルで開催された、ジュエリーショーに出演しました。
ジュエリートークで盛り上がり、会場の美しい作品展示を巡って、幸せな時を過ごしましたよ。
あ〜〜〜、楽しかった!!!
このマリオットには先月も宿泊していますが、私の気に入りの美しいホテルです。
お部屋には必要なものが必要な場所に完璧に揃っていて、とっても居心地がいいんです。
スタッフの皆さんも本当に親切で、感じがいいんですよ。
(実は前回、備え付けのナイトウェアがあまりに着心地が良くて、どうしても家でも使いたくなり、無理をお願いして、2枚融通していただいたほどです。
快く対応してくださったご担当の方に感謝。)
さらに嬉しいことに、仕事の終了後、時間に余裕があったので、車を走らせ、あつた蓬莱軒の本店へ向かいました。
名古屋名物のひつまぶしの超有名店です。
私は鰻が大好物で、東京でもよく食べに行きますが、本格的なひつまぶしは、なんと初めて。
これは・・・別世界ですね!
最初の4分の1はそのまま。
次の4分の1は、種々の薬味を添えて。
さらに4分の1をお茶漬けにして。
最後の4分の1はお好みで、いただきます。
ううう〜む、次々に味わいが変わって、すばらしい体験でしたよ。
美味しかった〜〜〜!!!
朝から夜まで、慌ただしかったけれど、飛びっきり面白い大満足の1日でした。
2017年6月12日

すばらしい公演でした!
勅使河原三郎氏の「絶対零度」を観に、世田谷パブリックシアターへ。
キリキリと研ぎ澄まされた美の世界が、フラッシュバックのように、カットイン、カットアウトし、見るものの意識を、日常から遠く離れた遙かな彼方へとさらっていく。
タイトルの言葉を借りれば、そこが「絶対時空」ということになるのでしょうか・・・。
勅使河原さんのパフォーマンス、私前から大好きなんですけど、東京でなかなか目にするチャンスがないのが、なんとも残念。
少し早く出かけたので、公演の前後に、劇場周辺をぶらぶら楽しみました。
三軒茶屋というのは、面白い街ですね〜。
若い頃に、私も一度住んでみたかった・・・。
2017年6月2日

昨夜名古屋に1泊し、本日、三重県四日市市で講演会がありました。
テーマは、「健康と元気の秘訣」。
四日市まで来て、故郷伊勢の神様にご挨拶しないで帰るのは失礼、と仕事を終えてすぐ、伊勢の神宮へと向かいましたよ。
外宮さん、内宮さん、心洗われる清清しい緑の中を別宮さんまでお参りし、お札をいただいてきました。
夕方になり、列車の時間まで少し余裕があったので、伊勢牛のレストラン「若柳」へ。
三重県は松阪牛で有名ですが、実は、それに負けない飛び切り美味しい伊勢牛があるのですよ。
希少な牛ゆえ、伊勢の専門店でしか味わえない、知る人ぞ知る特選牛。
とろけるフィレの網焼きを堪能しました!
早朝から夜中まで、目いっぱい活動し、中身のぎっしり詰まった充実した1日でした。
2017年5月26日

今日は、年に一度のマフィンの猫ドック。
レントゲンにエコー、血液検査に尿検査・・・。
マフィンはみるみる不機嫌になり、うるさく唸り、「いやだ、いやだ」と叫ぶので、大慌てでした(汗)。
8時間も食事制限させられ、連れていかれた病院でさんざん検査、では怒るのも仕方ないですかね〜。
体重は順調に増えているし、食事療法が効いているのでしょう、昨年からの腎臓病もステージ2のまま進行していないし、他に問題はないようで、ほっと一安心です。
めでたく、15歳の表彰状をいただきました。
でも、
「バカバカ!
ボク、痛かったよ、苦しかったよ、ひどいよ、いいかげんにしてよ〜」
と、うちに帰ってからも、しばらくマフィンは私に八つ当たりしていましたよ。
2017年5月22日

風薫る5月!
例年なら、もうとっくに私はヨーロッパに飛んで、どこかの国でバカンスを楽しんでいるのですが・・・。
今年は、どうしても断れない仕事が入ってしまって、旅に出るのを諦めなくちゃいけなかったの。
といっても、来る9月〜10月のパリへのフライト・チケットをすでに取り、ミュンヘン、ヴェネツィアへの移動便の座席も指定し、ホテルを選び、レストランの予約を入れ、あれこれ遊びのプランを練りに練っているさいちゅうなので、やっぱり旅気分を存分に味わう毎日です。
二十数年ぶりの日本の5月も、爽やかで、なかなかいいものですね〜。
2017年5月15日

ツッカベッカライ・カヤヌマのザッハー・トルテが無性に食べたくなって、注文しました。
オーストリア菓子のマイスター、カヤヌマさんが作る、世界に誇るウィーンの銘菓です。
つややかなチョコのマントをまとった、味わい深く堂々たるチョコレートケーキ!!
日本で手に入るザッハー・トルテのなかで、ここのが一番美味しいと、私思うわ。
ホールで買って、好きなだけ切り分けて、たっぷりのホイップクリームを添えて、感嘆しながら、いただきました。
一緒にテー・ベッカライ(クッキー)も楽しんだんですけどね、これもまた良質の材料のみを使い、丁寧に手作りされた逸品。
カヤヌマさんの手にかかると、飛び切り上品で洗練された味わいになるんですよね〜。
「これ、これ、まさに極上のヨーロッパ貴族の味!」
と声を出しながら、嬉しくいただきました。
このところの私の食べっぷりを見て、アシスタントの堀之内さんが、感心して言います。
「楠田さん、毎日そんなにスイーツをたくさん召し上げっていて、よく糖尿病になりませんね〜」
本当に質の高い美味しいものは、体にもいいのよ!
ツッカベッカライ・カヤヌマは、赤坂にある、知る人ぞ知る名店。
ぜひ一度、お試しください。
(電話で予約してからお出かけになることを、お薦めします。)
2017年5月12日

私の行きつけのヘア・サロンで手作りケーキを出してくれている、パティシエの佳子ちゃんが、ピーナツとピーナツバターのシフォンケーキを、特別に作ってきてくれました。
このケーキが絶品!
先月食べて、あまりに感動し、どうしても大きなホールで思う存分味わってみたいと、無理をお願いしてしまったのです。
佳子ちゃんは、シフォンケーキの達人で、毎回さまざまなバリエーションで楽しませてくれるんですが(今月は、オレンジのシフォンケーキ、キャラメルクリーム添え)、いつも唸ってしまう美味しさなんですよ。
昨夜から、今日と、食後のデザートに、私は好きなだけケーキを切り分けて、たっぷりのホイップクリームを添えて、大喜びでいただいています。
ああ〜、なんて嬉しい贅沢!
2017年5月7日

連休前に2箱お取り寄せをした、エス・コヤマの「ダニエルズ・カカオ・バウム+フランボワーズ」の最後の一切れを、たった今たいらげました!
フランボワーズのアクセントがおしゃれな、チョコレート味のバウムクーヘン。
毎日ホールの4分の1ずつ、1日を締めくくる夜の楽しみに、いただいていたのです。
美味しかった〜。
きっと、またすぐ再注文してしまいそうですが。。。
2017年5月5日










「かぞえる」
(復刊ドットコム)

「かぞえる」って何だろう?
数えられるもの、数えられないもの、数えきれないものもあるよね。
予想もつかない、壮大な結末が感動を呼ぶ、創作絵本。



「チョコレートの奇跡」
最新刊
(中央公論新社)

チョコレートに、あっと驚く健康効果があった!
「神の食べ物」に迫る最先端の科学から、その文化、芸術までを探求したチョコレート解体新書



「ナスカ砂の王国」
新版
(文春文庫)

いつ、誰が、何の目的で、どうやって、描いたのか。
「ナスカの地上絵」の謎を追って、激動の時代を行く、著者渾身のノンフィクション。



「ピナ・バウシュ中毒」
(河出書房新社)

限りなく優しく温かく美しい世界が、ここにあった!
楠田枝里子が敬愛するアーティストの追っかけの旅の記録。



「チョコレート・ダイエット」
(幻冬舎)

カカオ70%以上のチョコレートは、こんなにスゴイ!!!
毎日の食生活に正しく取り入れて、健康にスリムになりましょう!
ダイエットしたい人、美しくなりたい方、体調の気になる方、ぜひご覧ください。



「不思議の国のエリコ」
(文春文庫)

科学を気軽に面白く味わっていただくためのエッセイ集。
「虹には雄と雌がある」「薔薇色の秘密」「バカにつける薬」など。



「ぼくは おおきな くまなんだ」
(文化出版局)

大きな毛むくじゃらのクマに変身した、ハンス少年の、愉快で愛らしい冒険物語。
ヤーノシュ作、くすたえりこ訳の絵本です。



「うさちゃんのニュース」
(ほるぷ出版)

とうとう最後に、うさちゃんが見つけたステキなものは?!
心があたたかくなる、優しい絵本です。
ボーンスタイン作、くすたえりこ訳。