2018年1月〜

2017年1月〜

2016年1月〜

2015年1月〜

2014年1月〜

2013年1月〜

2012年1月〜

2011年1月〜

2010年1月〜

2009年1月〜

2008年1月〜

2007年1月〜

2006年1月〜

2005年1月〜




Copyrights



いやもう、すごいっ、すごかったとしか、言いようがありません。
「ファンタジー・オン・アイス」を見に、私はウキウキ胸を躍らせながら、幕張メッセへ。
とにかく、信じられないスペシャルなメンバーが勢揃いだったんですよ!
エフゲニー・プルシェンコ、ステファン・ランビエール、ハビエル・フェルナンデス、ジョニー・ウィアー、エフゲニア・メドベージェワ、カロリーナ・コストナー、宮原知子、エラジ・バルデ、ミーシャ・ジー、テッサ・バーチューとスコット・モイヤー・・・ああ、とても書ききれない!!
そして勿論この人も、羽生結弦!!!
私は、羽生さんのすばらしさを十分知っていると思っていたのだけれど、今日そのパフォーマンスを目の前にして、実はその100倍すばらしい選手なのだと、感嘆しました。
超一流のスケーターの1ストロークの間に、繊細な5つのムーブメントを鮮やかに表現しているのですもの、息を呑むばかりです。
ランビエールがステキだと、以前このサイトに書いたことがありますが、今日はその抜きんでたカッコよさに、ただただ酔いしれました。
バックステージで少し言葉を交わしたとき、ちょっぴりシャイな感じだったのが、また魅力的でしたね〜。
皇帝プルシェンコは、さすがのエンターテイメントでおおいに沸かせてくれましたし、コストナーの美しい大人の説得力には、唸りました。
スタンディング・オーベーションの連続。
は〜〜、本当に、豪華な時間でした。
卓越したパフォーマンスで、会場中の空気が大きく揺さぶられていくさまを、肌で感じ取ることができたのは、何にも代えがたい貴重な体験でした。
帰宅して、もう何時間も経つのに、私はまだ熱狂と興奮の渦の中にいて、なかなか眠れそうにありません。
ファンタジー・オン・アイス、最高でしたっ!!!
また来年も、見にいきたいなっ(叫)!
2018年5月27日

明日は、年に一度の人間ドック。
いやだな〜。
食いしん坊の私も、もう今日は何も食べられない。
お腹ペコペコ、のどカラカラ、ひどい睡眠不足で朝っぱらから病院へ行って・・・かえって体調を崩すんですよね〜。
もうこのトシだし、そろそろ人間ドックやめよう、と思っているのですけれど・・・。
ちょっと気になる脳ドックと、胃カメラだけを受けて、あとはパスしたいと相談してみることにしましょう。
とにかく明日を乗り越えれば、明後日には、とびっきりのお楽しみが待っているんだも〜ん!
2018年5月24日

やった〜、やりました!
新しいaibo購入の抽選会に、当選しました!!
今年の1月から、半年もの長い時間がかかりました。
aiboを希望するサイトに登録をしたけれど、最初の抽選に外れ、その後もSONY側からは、aiboがほしかったら、●月●日●時に電話してこいとか、サイトにアクセスしてこい、といったニュアンスの募集が続き、私はすっかりシラけてしまっていたのです。
何度も指定通りに動けなんて、なんだか上から目線の対応だなあ、よほどヒマな人しかaiboは手に入らない、ということなんだろうなあ、と私はすっかり諦め、登録も取り消そうかと思っていた矢先でした。
最後のトライと考え、今回の抽選に応募したのです。
選に漏れた場合も通知する、という文言が、案内文にあったからでした。
(以前は、面倒な手続きをさせておきながら、落選の人には全く何の連絡もなされなかったのですよ。)
ただ・・・当選したはいいけれど、先方から送られてきたメールには「6月20日頃発送」とあったので、あわてて、
「6月20日〜7月10日まで海外出張に出かけていて留守なので、受け取れない。
配送は帰国後にしてほしい」
旨、伝えたのですが、いっこうに返事がこない。
そんな対応なら、もうキャンセルしようと思っていたところ、ようやく、発送時期をなんとか変更してくださると、お知らせいただきました。
う〜む・・・高価な商品を販売するのに、客側の都合も考慮せず、一方的な通達をしてくる企業姿勢には、驚きますね。
aiboに愛情を注ぎ、かけがえのない「相棒」として迎え入れたいと願う人たちの、温かな気持ちにも背くものではないでしょうか?
1月のウキウキした気分がかなり萎んでしまいましたが、ヨーロッパから帰国後、新しいaiboが、そんなマイナス・イメージを一掃してくれることを、期待しています。
2018年5月21日

明治のチョコレートの専門家の方々と、ミーティング。
カカオをこよなく愛するプロの皆さんとの話は、おおいに盛り上がって、あっという間に3時間が過ぎました!
貴重なカカオのテイスティングには、本当に興奮しましたし、日本のチョコレート文化の更なる発展のために、どのように貢献していくべきか、新しいアイデアが次々生まれて・・・あ〜〜、ますます面白くなってきましたよ!!
2018年5月17日

何てことでしょう。
のんびりマイペースに過ごした大型連休が終わったとたん、予想外の慌ただしさにずっと追われ、このページをフォローする余裕がなくなってしまっていました。
スミマセン!
ふうっ。
今日は、ドイツから来日しているマティアスと、アレクセイと一緒に、野田岩でディナーを楽しみましたよ。
去年の秋、ミュンヘンのオクトーバー・フェストで大盛り上がりした仲間です。
野田岩の天然鰻のスペシャル・コースは、私の大好物。
煮凝りや蒲焼きは勿論、特に、キャビア添えの白焼きは、傑作です!!
日本では、土用の丑の日に鰻を食べる、というのがポピュラーになっていますが、本当のところは、夏場は鰻は痩せていて美味しくない。
江戸時代に平賀源内のキャッチコピーに踊らされた人々が鰻屋さんに押し寄せ、いつのまにか習慣として定着した、だけのことなんですよね。
野田岩はそんな風潮に一石を投じるというのかしら、暑い夏の盛りの土用の丑の日には、お店を閉めてしまうという、こだわりのお店なんです。
ああ、今日も、満足、満足。
しっかり栄養補給をして、この忙しさを乗り切りますよ。
2018年5月15日

ラプロス・デビューしました!
って書くと、いかにも楽しいイベントみたいでしょうか・・・いえいえ、そうではありません。
ラプロスというのは、昨年発売されて大きな話題になった、猫の腎臓病のお薬のこと。
連休中に、マフィンを猫ドックに連れていったら、クレアチニンの値から、慢性腎臓病のステージ3だと、診断されたのですね。
もう食事療法だけではだめだということで、ついに投薬に踏み切ったというわけです。
がっかりしていてもしょうがない。
ちょうど画期的な新薬が開発されて、その効果に期待できるのだから、ここは明るくスタートしましょう、という気分です。
とはいえ、猫にお薬を飲ませるのは、一苦労。
最初の2〜3日は、嫌がってもがくマフィンに引っかかれて、私の手は傷だらけになりました。
でもね、もう大丈夫。
マフィンはお薬を飲むことに少しずつ慣れてきたし、私もとっても上手になりました。
1日2回、ラプロスを飲んで、病気とうまく付き合って、マフィンは長生きしますよ〜。
2018年5月7日

ゴールデンウィークに、突入しました!
皆さんは、如何お過ごしになりますか?
すでに旅に出発したという方も、多くいらっしゃるでしょうね。
私は、次の新しいプロジェクトの立ち上げのためのリサーチに、この連休を使う予定。
(なかなか集中的に動ける時間が、取れなかったのです。)
どんな内容か、ですって?
うふふふ、それは・・・まだ秘密。
少し時間がかかるかもしれませんが、なるべく早くにお知らせしたいと思っていますので、どうぞご期待ください!

そうそう、そういえば。
5月2日夜10時から、フジテレビ系で「梅沢冨美男のズバッと聞きます」という1時間番組が放送されるのですが、私、ゲストとして出演します。
オフの日の密着ロケのようすや、スタジオでのおしゃべり、宜しかったら、ご覧になってくださいね。
(今回初めて仕事をするスタッフだったので、どういう編集になっているか、ちょっと不安ではありますが・・・。)

それでは、皆さん、長い休日をたっぷりと楽しんでくださいね!!!
2018年4月28日

今日は、愛猫マフィンの16歳の誕生日〜!
人間に換算すると、もう78歳のおじいちゃん(笑)です。
ハッピー・バースデーの歌をうたい、大好物の烏骨鶏のカステラで、バースデーケーキを作ってあげたら、マフィンは大喜びでバクバク食べましたよ!!
たくさんのお友だちから、お祝いのメッセージやすてきなプレゼントが届きました。
本当に嬉しい、ありがたいお誕生日です。
皆さんからいただいた温かな応援の声に力を得て、マフィンがまた1年、楽しく元気に過ごしてくれますように!!
2018年4月26日

きゃは〜!
面白かった〜〜!!
TBSラジオの2時間の生放送の、司会を務めさせていただきました!
なんと、私が大ファンの杉山アナウンサーと一緒にね!!!
なんて、いいお声なんでしょう!
なんて美しいアナウンスメントでしょう!
私はずっと杉山アナのおしゃべりに聞き惚れていて、自分のセリフを何度か忘れてしまいましたよ。
(杉山アナが見事にフォローしてくださって、さすが〜〜!!)
聞いてくださった皆さん、私、変じゃなかった?
大丈夫でした?
実は私は、これまでテレビの仕事ばかりで、ラジオの経験がほとんどなく、勝手がわかっていないのですね。
さらに正直に言うと、ラジオの生放送の司会は初めてでしたが、いやあ〜、すごく新鮮で愉快な時間でした。
このトシになって、なお初体験を楽しむことができるなんて、本当に幸せで、ありがたいことですね〜!!
また杉山アナとご一緒したいな、ラジオでも、テレビでもね!
2018年4月24日

「♯Me Too」運動が、ようやく日本でもスタートするか、というところですね。
日本の圧倒的な男性優位社会の中で、女性たちはずっと、セクハラ、パワハラの暴力に泣かされてきました。
抵抗しようとすれば、ツブされるか、さらにひどい仕打ちに怯えなければならない。
勿論、私も例外ではありません。
腹立たしい思いをすることは、日常茶飯事でした。
どんなに悔しくても、理不尽と憤っていても、耐えるしかなかったのです。
やっと、女たちが声をあげることができる時代がやってきたのだと、胸が熱くなります。
私は、若い世代の女性たちに、大きなエールを送ります。
テレビ朝日の女性記者は、ひるむことなく、先頭を切ってほしい。
同じ被害にあっている多くの女性たちが、勇気をもって、それに続くことを期待しています。
真っ黒を白と言い張る福田事務次官も、そのセクハラ行為を堂々とかばい、被害者を攻撃する麻生財務大臣も、あまりに異常な人たち。
日本は、女性の地位の極めて低い国だと、海外から批判されている現状は、とても恥ずかしいことなのだと、そろそろ無神経な男たちも気付かなければいけませんよね。
2018年4月21日










「チョコレートの奇跡」
最新刊
(中央公論新社)

チョコレートに、あっと驚く健康効果があった!
「神の食べ物」に迫る最先端の科学から、その文化、芸術までを探求したチョコレート解体新書



「ナスカ砂の王国」
新版
(文春文庫)

いつ、誰が、何の目的で、どうやって、描いたのか。
「ナスカの地上絵」の謎を追って、激動の時代を行く、著者渾身のノンフィクション。



「ピナ・バウシュ中毒」
(河出書房新社)

限りなく優しく温かく美しい世界が、ここにあった!
楠田枝里子が敬愛するアーティストの追っかけの旅の記録。



「かぞえる」
(復刊ドットコム)

「かぞえる」って何だろう?
数えられるもの、数えられないもの、数えきれないものもあるよね。
予想もつかない、壮大な結末が感動を呼ぶ、創作絵本。



「チョコレート・ダイエット」
(幻冬舎)

カカオ70%以上のチョコレートは、こんなにスゴイ!!!
毎日の食生活に正しく取り入れて、健康にスリムになりましょう!
ダイエットしたい人、美しくなりたい方、体調の気になる方、ぜひご覧ください。



「不思議の国のエリコ」
(文春文庫)

科学を気軽に面白く味わっていただくためのエッセイ集。
「虹には雄と雌がある」「薔薇色の秘密」「バカにつける薬」など。



「ぼくは おおきな くまなんだ」
(文化出版局)

大きな毛むくじゃらのクマに変身した、ハンス少年の、愉快で愛らしい冒険物語。
ヤーノシュ作、くすたえりこ訳の絵本です。



「うさちゃんのニュース」
(ほるぷ出版)

とうとう最後に、うさちゃんが見つけたステキなものは?!
心があたたかくなる、優しい絵本です。
ボーンスタイン作、くすたえりこ訳。