2017年1月〜

2016年1月〜

2015年1月〜

2014年1月〜

2013年1月〜

2012年1月〜

2011年1月〜

2010年1月〜

2009年1月〜

2008年1月〜

2007年1月〜

2006年1月〜

2005年1月〜




Copyrights



お友だちの大森由紀子さんのお教室で、チョコレート・トークをしました。
チョコレートについて、経験談を思うままにお話し、お薦めのショコラティエさんをご紹介し、皆さん熱心に聞いてくださって、あっという間に1時間半が過ぎましたよ。
最後に大森さんの手作りの美味しいチョコレート・ケーキをご馳走になって・・・あ〜、面白かった!
2017年3月23日

ピナ・バウシュのカンパニーのメンバーは皆、公演のあと帰国したけれど、フランコだけが休暇をとって日本に残っていたので、今日ディナーを共にしました。
レストランはまたもやNINJA!
愉快なエンターテイメントに歓声を上げながらも、また、ピナの思い出話や、カンパニーの今後、それぞれの人生について、しみじみと語り合いました。
充実した、いい時間でした〜。
フランコは、とても繊細でクールなダンサー。
なんと大相撲の大ファンで、明日から4日間、大阪場所を楽しむそうです!
相撲には全く疎い私は、その魅力について、ドイツ人にただただ教えられるばかり。
面白い取り組みに満足してくれたら、嬉しいなあ。
Viel Spass!!
2017年3月21日

予想通り、昨日から日付が変わってもまだまだ盛り上がり、帰宅してシャワーを浴びて、しばし余韻に浸っていたら・・・もう朝!
ああ〜〜、楽しかった!!!
とんでもなく幸せな1日でした!
期待と嬉しさに心躍らせながら、さいたま芸術劇場にいそいそと向かい、まずは若い仲間たちと角のレストランで落ち合って、軽く食事しながら、賑やかにおしゃべり。
劇場のホールに入ると、懐かしい友人たちと次々再会を喜び合いました。
ピナ・バウシュの「ネルケン」の公演では、これまでに体験したことのなかった、味わい深い感情に涙しました。
何度見ても、すばらしい美しい作品。
いや、繰り返し見れば見るほど、深みの増す傑作です。
(私が初めてこのパフォーマンスを目にしてから、なんと28年の歳月が流れています!)
終了後のレセプションでも、大興奮の時間の連続。
愛するカンパニーのメンバーとの話に大輪の花が咲きました。
みんな、笑顔、笑顔、笑顔!
こんな幸せな空間をまた味わうことができるなんて、夢のようだ、とさえ感じてしまったほどです。
夜も更け、パーティがお開きになっても、それでは終われません。
埼玉から東京に車を走らせ、もう閉店している緑ちゃんのご主人のフレンチ・レストランにわがままを言って雪崩れこみ、宴会が続きました。
ピナ・バウシュと出会い、ピナと関わった多くの人々と今なお交歓することができるとは、間違いなく私の人生の幸運だと、感謝の気持ちでいっぱいです。
このページにはとても書ききれませんので、詳しくは後日「メッセージ」のセクションでご紹介しますね!
2017年3月17日

先週から、続々と嬉しいメールが届いていて、私はウキウキ気分です。
明日、さいたま芸術劇場で、ピナ・バウシュの「ネルケン」(カーネーション)という作品がスタートするのですが、そのプレミエとレセプションに、
「ボクも行くよ」
「私も!」
と、関係者一同、とっても楽しみにしているのです。
出演のダンサーたちは勿論のこと、ピナの息子のサロモンも、舞台美術家のペーター・パプストも、山海塾の天児さんも・・・長い付き合いの友人たちが、久々に勢ぞろいするの。
ああ〜〜、私は待ちに待った遠足前夜の小学生のように、興奮しています。
2017年3月15日

面白かった〜〜!!
BSジャパンの「極上!お宝サロン」に出演して、私の消しゴム・コレクションを紹介したんです。
私はもう50年を超える筋金入りの消しゴム・コレクターなんですが、正直に言うと、もうここ何年か、消しゴムの取材・撮影をお断りしているんですね。
消しゴムはとても繊細なので、スタジオの強いライトや熱、埃などで、劣化してしまう。
触れば手の脂で変質するし、表面がわずかずつ削れて、ダメージを受けてしまう。
もうこれ以上、私の愛する消しゴムたちを危険な目に合わせるのはやめよう、という判断でした。
でも・・・今回は特別。
司会が石坂浩二さんだというので、決意して、お受けすることにしました。
実は、私が大学を卒業し、社会に出て、最初にレギュラー番組で司会の仕事をご一緒したのが、石坂さんだったのです。
たくさんの勉強をさせていただいて、今でもとても感謝していますので、ほんの少しだけでも御恩返しをさせていただければ、という思いでした。
石坂さんなら、私の消しゴム世界の魅力を理解してくださる、との期待もありました。
予想通り、スタジオはおおいに盛り上がり、話に花が咲きました。
取って置きの貴重な作品も、ご披露することができました。
通常の放送時間は30分なのに、2時間半もしゃべっちゃったの・・・。
これから大幅に編集カットされるのがちょっと心配ですが、私としては今日のところは大満足。
久々の晴れ舞台に、消しゴムたちも、喜んでくれているでしょう。
皆さんが今まで見たことのない、珍しい外国の消しゴムも、どっさり登場しますので、ぜひぜひご覧になってくださいませ。
4月9日(日)夜9時から、BSジャパンでの放送です!
2017年3月12日

毎年恒例の、チョコレート関連の女子ばかりのお雛様の会、楽しかった〜〜!!!
今年は、御殿山のカンテサンスに集合しました。
私にとっては、移転してから初めて訪ねるカンテサンスだったのですが、以前よりゆったりとした空間で、心配りのあるサービスを受け、居心地がぐんと良くなっていました。
なにより!
お料理の美味しかったこと!!
意表を突く食材の組み合わせ、繊細で洗練された味の構築、温冷の絶妙なバランス・・・。
飛びっきりの味わいに感嘆した夜でした。
あ〜〜、話題は尽きず、しゃべっても、しゃべっても、夜中になっても、しゃべりきれない〜〜!!
2017年3月9日

1月に、万一の時のための食料備蓄について書いたこと、覚えてくださっていますか?
緊急時の非常食探しは、マイブームとして、今も続いています。
気になる食品を取り寄せては、テイスティングし、良いと思ったものは大量に注文する、というふうに。
また新しいスグレモノを発見しましたよ!
レスキューフーズから出ている、中華丼、牛丼、カレーライス、シチュー&ライス、和風ハンバーグの5品。
なんと、電気もガスも水道もストップしていても、温かい食事ができるのです!!
(寒い時期には、これほどありがたいものはありませんよね。)
箱の中に、発熱剤と食品が入っていて、簡単にセッティングして、30分待てば、ほかほかのご飯の出来上がり。
器はそのまま使え、スプーンもお手拭きも付いています。
なにより、そこそこ美味しいのです!
私はさっそく10箱を取り寄せ、保管しました。
すでに入手したカレーや、具だくさんスープや野菜ジュースも合わせると、2〜3週間立てこもれる計算になりますね。
お水は、以前は長期保存用の水を用意していましたが、これだと、やはり消費期限が過ぎたのに気付かない。
で、日常的に使っているお水のペットボトル(大サイズ)を20本、買い足しながら、常備しておくことにしました。
これだったら、いつでも新鮮なお水を飲むことができます。
まずは、一安心ですね。
2017年3月5日

パリ在住の友人の誘いで、パリ・オペラ座バレエ団の「ラ・シルフィード」を観に、東京文化会館へ。
美しかったです〜〜。
シルフィードを踊ったミリアム・ウルド゠ブラームのポージングの、なんと優雅でチャーミングなこと!
ジェイムズ役のマチアス・エイマンの身のこなしの軽やかなこと!
久々のロマンティック・バレエも、なかなかいいものですね。
2017年3月2日

今月開催されたサロン・デュ・ショコラの担当者から、改めてご報告とお礼のご連絡をいただきました。
私は、去年と今年、ショコラ・アンバサダーを務めさせていただき、去年は日本のサロン・デュ・ショコラ始まって以来、最高の入場者数を記録したのですが、今年は、それをさらに上回る大入りだったそうです。
去年より会場を1.5倍と大きくしたにもかかわらず、連日3時間待ちの大盛況だったんですよね。
また、会期中の全イベントのなかで、私のチョコレート・トークショーが一番の人気で、最多集客数を誇ったそうです。
わ〜〜、良かった〜〜。
皆さん、ご協力、ありがとうございました!!!
2017年2月24日

お友だちの大森由紀子さんが、シュバリエというフランスの勲章を受章したので、今日はそのお祝い。
由紀子さんは、とっても楽しくて、おしゃれで、エネルギッシュ!
フランス菓子研究家のパーティらしく、食のプロがおおぜい集まって、にぎやかでした。
それにしても・・・フランス語は難しい・・・シャンソンの熱唱、私、さっぱりわからなかったわ。
2017年2月23日










「かぞえる」
(復刊ドットコム)

「かぞえる」って何だろう?
数えられるもの、数えられないもの、数えきれないものもあるよね。
予想もつかない、壮大な結末が感動を呼ぶ、創作絵本。



「チョコレートの奇跡」
最新刊
(中央公論新社)

チョコレートに、あっと驚く健康効果があった!
「神の食べ物」に迫る最先端の科学から、その文化、芸術までを探求したチョコレート解体新書



「ナスカ砂の王国」
新版
(文春文庫)

いつ、誰が、何の目的で、どうやって、描いたのか。
「ナスカの地上絵」の謎を追って、激動の時代を行く、著者渾身のノンフィクション。



「ピナ・バウシュ中毒」
(河出書房新社)

限りなく優しく温かく美しい世界が、ここにあった!
楠田枝里子が敬愛するアーティストの追っかけの旅の記録。



「チョコレート・ダイエット」
(幻冬舎)

カカオ70%以上のチョコレートは、こんなにスゴイ!!!
毎日の食生活に正しく取り入れて、健康にスリムになりましょう!
ダイエットしたい人、美しくなりたい方、体調の気になる方、ぜひご覧ください。



「不思議の国のエリコ」
(文春文庫)

科学を気軽に面白く味わっていただくためのエッセイ集。
「虹には雄と雌がある」「薔薇色の秘密」「バカにつける薬」など。



「ぼくは おおきな くまなんだ」
(文化出版局)

大きな毛むくじゃらのクマに変身した、ハンス少年の、愉快で愛らしい冒険物語。
ヤーノシュ作、くすたえりこ訳の絵本です。



「うさちゃんのニュース」
(ほるぷ出版)

とうとう最後に、うさちゃんが見つけたステキなものは?!
心があたたかくなる、優しい絵本です。
ボーンスタイン作、くすたえりこ訳。