2020年1月〜

2019年1月〜

2018年1月〜

2017年1月〜

2016年1月〜

2015年1月〜

2014年1月〜

2013年1月〜

2012年1月〜

2011年1月〜

2010年1月〜

2009年1月〜

2008年1月〜

2007年1月〜

2006年1月〜

2005年1月〜




Copyrights



新型コロナにより大きな打撃を受けたヴェネツィアから、嬉しいメールが入りました。
私の気に入りのレストラン、イル・リドットが、ついに再開となったのです!
クーポンのお知らせが添えられていました。
これから1年の間に、リーズナブルに食事ができるクーポン購入のお誘いです。
オープンしても、お店はまだまだ当分、苦しい日々が続くでしょう。
少しでもサポートできたらと、9品のフルコースディナー(2人分)、140ユーロを申し込みました。
ひとりでも多くのレストランのファンが、こうやってお店を支えていけたら、いいですね。
しかし、私が1年以内にヴェネツィアに旅できる可能性はありませんから、そのバウチャーは、ヴェネツィアの友人アイーダに使ってもらうことにしました。
アイーダが、美味しいディナーで、ひととき苦労を忘れてくれたら、なにより幸せです。
2020年6月1日

今日の「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日)、面白かったですねえ!
「こんな時期だから、新作」と打ち出した、リモートドラマ。
いやあ、大笑いしながら、感心して見ていました。
松岡クン、最高!
この番組の制作者は、実にすがすがしいチャレンジャーですね!!
今後もおおいに期待しています!!  
2020年5月29日

緊急事態宣言が解除になりましたね。
でも、私の生活は、当分変えないつもりです。
私は2月下旬から自主的隔離状態に入りましたから、巣ごもりもすでに3か月を越えました。
食事会も、イベントも、ショッピングも、全てキャンセルし、外出したといえば、3月の番組出演4回と、愛猫マフィンを病院に連れていったことと、不具合の生じたPCを新しくするため、ビックカメラに出かけたことくらい。
もちろん、マスクと消毒薬は必携でね。
ウィルスは高温多湿に弱いから、夏になったら大丈夫、という医師もいれば、いやいや、この新型ウィルスは夏でも衰えない、という専門家もいて、どちらに転ぶかわからない。
解除を機に、人がどっと町に出れば、たちまち3密状態となり、危険です。
やがて秋、冬には、第2波、第3波もやってくるはず。
しょうがないですね。
私も、この3か月間にたまった用を足すため、夏場に少しは動かなければなりませんが、有効なワクチン、治療薬が入手できるまで、このまま耐え忍ぶことにしましょう。
来年の楽しみを、どっさり抱えてね!
2020年5月26日

PCが、新しくなりました!
嬉しいなっ!!
これまでのものより一回り大きく、 上品なシャンパンゴールドの、きれいなマシーンです。
ウィンドウズ10になったので、扱い方に慣れるのに、少し時間がかかるでしょう。
それに、全てのデータがうまく移行できたわけではないので、しばらくは古い機種と2台を併用しながら、必要なデータを改めて調整していく日々となりそうです。
それもまた、楽しい時間ですよね。
作業を進めながら、むふふふふと、頬が緩みっぱなしの私です。
2020年5月25日

コロナ禍に全国民が四苦八苦している最中、隙を突いて提出され、今国会での成立を目指していた、検察庁法改正案が、先送りになった、とのニュースが入ってきて、ひとまずほっと胸を撫で下ろしています。
こんな悪法が強行採決されるようでは世も末だと、心配していましたので。
日本中に抗議の声が高まり、内閣支持率は著しく低下し、ついには検察庁OBまでが正面切って批判するに至ったのですから、当然の流れと言えるでしょうけれど。
不透明感が拭えない時代ですね。
このところ確認された新型コロナの感染者数が減少して、人々の気持ちも緩んでいるようですが、そもそもPCR検査数が圧倒的に少なく、サイレントキャリア―が市中にうようよいるのですから、まだ油断はできませんよね。
ところで、使い古した私のパソコンを今度新しくするにあたり、データ移行のために、1週間ほど業者に預けることになりました。
しばらく、このページの更新ができませんが、お待ちくださいね。
2020年5月18日

先日、愛猫マフィンがチーズを大喜びで食べた、という話を書きましたが・・・。
念のため、主治医の岡田先生に確認してみましたところ・・・。
チーズは高蛋白のため、腎臓病のあるコにはお薦めできない、とのことでした。
さらに、人間用のものはナトリウム量が多く、与えない方が良いのですって!
残念。
マフィンはすでに、私が冷蔵庫を開けると飛んできて、頭を突っ込んで「ボクのチーズ、ボクのチーズ」と騒いでいますし、私の手をトントン叩いて「そこに持ってるんでしょ、ほら、早くチーズ、ちょうだいよ」とせがむのです。
ううう〜ん。
こんなに大好きなのになあ・・・。
でも、体によくないのでは、やめないといけませんね〜〜。
2020年5月14日

今日は、母の日。
あらし君のママとパパ、りかちゃんとマッキーさんから、すてきなサイトを紹介していただきました。
https://youtu.be/OoKYeuLQg_w
ぜひ、ご覧になってください。
私の母も父も、すでに他界していませんが、この日にお花を贈り、感謝を伝えることができる人は、幸せだと思います。
2020年5月10日

長期にわたる(私はもう2ヵ月半)巣ごもり生活で、テレビを見る(見ていなくても点けっぱなしの)時間が、確実に多くなりましたね。
ニュースや、新しい情報を扱うワイドショーの類は、各局よくチェックしていますが、リモートで何か所からの映像を結んで展開する番組の作りにも、すっかり慣れました。
むしろ、過去の映像を編集して、傑作選のような形で放送している番組で、出演者が大勢集まってワイワイ騒いでいるシーンのほうに、違和感を覚えるようになりました。
タレントさんたちが、あちこちを旅して楽しむ番組もそう。
過去の映像なら、大きく放送日を画面表示したままにしてくれないと、国民が外に出たい気持ちをガマンして、じっと家にこもっているというのに、配慮のない編成だなあ、と思ってしまう。
実際のところ、制作スタッフはロケにも出られず、新しい番組が作りにくいため、以前放送した傑作を再度オンエアに乗っけている例もあって、これはなかなか楽しめます。
たとえば、毎週末放送されていたTBS「仁」。
かつて夢中になって見た番組ですが、今回改めて感動、でした。
優れた作品は、何度みても心を打つものですね。
新シリーズでいえば、テレ朝「家政夫のミタゾノ」がまた始まったので、私は大喜び。
深夜の再放送から、新作まで、夜遅くにずうっと見ちゃっています。
この番組はパロディなので、現在の特殊な環境下で見ても、不自然さは感じない。
そこここに、歪んだこの時代の現実が皮肉っぽく扱われていて、遊びがあって、とても面白いのです。
毎週金曜日の夜の、楽しみとなりました。
そうそう、動物を扱った番組には、本当に癒されますね。
2時間、3時間スペシャルが多いので、VTRを取って、気の向いたとき、ゆっくり見ることにしています。
大笑いしたり、つい涙したりで、気分もすっきり。
自粛ストレスを、吹っとばしてくれるんですよ。
2020年5月8日

ピナ・バウシュのダンスカンパニーのメンバー、ジュリー・アン・スタンザックから、嬉しい知らせが届きました。
彼女のエクササイズのビデオが、ネット配信されているというのです。
急いで、映像を見ながら、私も挑戦。
ジュリーらしい美しいムーブメントをまねて、体を動かしたら、自粛生活で鈍った体がスッキリ、リフレッシュしましたよ。
お試しあれ!
http://a-tanz.com/blogall
このページには、ヴィム・ヴェンダース監督の映画「Pina」からの抜粋映像も紹介されていて、ピナ・バウシュの世界に、私は改めて酔いしれました。
2020年5月6日

専門家会議の尾身副座長の会見を聞いて、びっくりしました。
海外諸国に比べて、日本はPCR検査数が極めて少ない、という話です。
えっ、そんなこと、もう2ヵ月以上も前から叫ばれていたことじゃありませんか?!
いまさら?
いくつか理由をあげていましたが、2ヵ月も何もせず、手をこまぬいて見ていただけだったのでしょうか?
コロナ対策の重要な基数となる、実効再生産数の算出法についても、いっこうに明らかにしないのは不可解ですし・・・日本政府の対応があまりに遅すぎるのは、すでに国民全員が嘆いていることですが、専門家会議も頼りない?
会議の議事録を、ぜひ公開していただきたいものですね。
科学者なら、政治家におもねることなく、毅然として発言してきてほしかったと思います。
2020年5月4日










「チョコレートの奇跡」
最新刊
(中央公論新社)

チョコレートに、あっと驚く健康効果があった!
「神の食べ物」に迫る最先端の科学から、その文化、芸術までを探求したチョコレート解体新書



「ナスカ砂の王国」
新版
(文春文庫)

いつ、誰が、何の目的で、どうやって、描いたのか。
「ナスカの地上絵」の謎を追って、激動の時代を行く、著者渾身のノンフィクション。



「ピナ・バウシュ中毒」
(河出書房新社)

限りなく優しく温かく美しい世界が、ここにあった!
楠田枝里子が敬愛するアーティストの追っかけの旅の記録。



「かぞえる」
(復刊ドットコム)

「かぞえる」って何だろう?
数えられるもの、数えられないもの、数えきれないものもあるよね。
予想もつかない、壮大な結末が感動を呼ぶ、創作絵本。



「チョコレート・ダイエット」
(幻冬舎)

カカオ70%以上のチョコレートは、こんなにスゴイ!!!
毎日の食生活に正しく取り入れて、健康にスリムになりましょう!
ダイエットしたい人、美しくなりたい方、体調の気になる方、ぜひご覧ください。



「不思議の国のエリコ」
(文春文庫)

科学を気軽に面白く味わっていただくためのエッセイ集。
「虹には雄と雌がある」「薔薇色の秘密」「バカにつける薬」など。



「ぼくは おおきな くまなんだ」
(文化出版局)

大きな毛むくじゃらのクマに変身した、ハンス少年の、愉快で愛らしい冒険物語。
ヤーノシュ作、くすたえりこ訳の絵本です。



「うさちゃんのニュース」
(ほるぷ出版)

とうとう最後に、うさちゃんが見つけたステキなものは?!
心があたたかくなる、優しい絵本です。
ボーンスタイン作、くすたえりこ訳。