2021年1月〜

2020年1月〜

2019年1月〜

2018年1月〜

2017年1月〜

2016年1月〜

2015年1月〜

2014年1月〜

2013年1月〜

2012年1月〜

2011年1月〜

2010年1月〜

2009年1月〜

2008年1月〜

2007年1月〜

2006年1月〜

2005年1月〜




Copyrights



厳格な(笑)コロナ自粛生活で、なかなか季節を実感できない日々が続いていた、私。
先週、すがすがしい春の風を感じながら、イッセイ・ミヤケのブティックに出かけ、嬉しくなって、買ったばかりの春のお洋服を、今日の生放送「バイキングMORE」で着ちゃいました。
菜の花の黄色のコーディネートです。
黄色と薄いグレイの優しいグラデーションのロングワンピースと、同柄のパンツ、そしてストール。
それに、やはり春の黄色の特殊織りのソフトジャケット。
春のお洋服で、春の喜びをいっぱいに感じる、これって、女性ならではの楽しみですよね!
2021年4月13日

久〜しぶりに、イッセイ・ミヤケのブティックに、行ってきました!
1年ぶり?
いや、もっとですね。
模範的なコロナ自粛生活を送っている私は、食事会もイベントも買い物も、全て断って、ずっと、ほとんど外出しない生活を続けてきたのです。
外の空気が新鮮〜、気持ちいい〜。
プリーツ・プリーズで、黄色とライトグレーの柄の上下と、同色のストールを、イッセイ・ミヤケで、特殊織りのソフトジャケットを、黄色とペパーミントグリーンの2枚、購入しました。
一気に春らしい装いになりますね。
でも・・・自粛生活でどこにも行かないのに、いつ日の目を見るのやら・・・?
あっ、と気付きました。
私、来週、「バイキング」の生放送に出演するのです!
そのとき、着ていこう、っと!!
2021年4月9日

困ったなあ〜。
運転免許の更新に行かなければならないのですが・・・。
緊急事態宣言下で、3か月の延長の手続きはしたものの、その期限が5月12日。
でも、まだまだ感染者数は増えるばかりで、更新所に、恐くて行きたくない〜!
手続きの行列に並ぶの、怖ろしい〜!
密にならないように、予約制にしてもらえないでしょうかねえ?
免許更新手続き、オンラインにならないでしょうかねえ?
2021年4月5日

緊急事態宣言解除を待っての打ち合わせが、やっと今日、実現しました!
チョコレートのイベント企画です。
2年前からすでに動き始めていながら、コロナ・パンデミックでストップしていたアイデアが、少し形を変えてですが、何とかまとまりそうで、嬉しいです。
勿論、年内は無理でしょうから、来年の1月〜2月。
それまでに、どうか、この困難な状況が落ち着いてくれますように!!

あっ、今日は4月1日。
エイプリル・フールですが、この話は嘘じゃありません。
本当です!!!
2021年4月1日

エキシビションの放送で公開された、羽生選手のインタビューで、羽生選手らしい前向きの発言を聞いて、ほっと胸を撫でおろしました。
フリーの「天と地と」も、エキシビションの「花は咲く」も、東日本大震災の被害者への鎮魂のメッセージでした。
出場時刻の符合をはじめとして、神は、選ばれた人に、あまりにも大きな試練を課したのだと、改めて、私も心に苦しい痛みを感じたのでした。
2021年3月29日

一夜明けて、情報が入ってきました。
羽生結弦選手、昨日の試合の直前に、喘息の発作が起こり、ギリギリまで治療を受けていたそうです。
そういえば、スタンバイしているスペースで、羽生選手が壁にもたれて、目を閉じていたシーンが、一瞬テレビ画面に映し出されたことがあって、あれ?と不安を覚えたのを、思い出しました。
いつものような気迫は感じられず、集中しているのでもなく、なんだか不思議な表情でした。
きっと、試練を受け入れる心の準備をしていたのかもしれません(泣)。
2021年3月28日

なんだか、今、胸がいっぱいです。
まずは、この世界フィギュアスケート選手権大会を実現してくださった、ISUはじめフィギュアスケート関係者の皆さん、力いっぱいパフォーマンスを見せてくださった選手の皆さん、放送してくれたフジテレビさん、本当に、関わってくださった全ての方々に、心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。
すばらしい4日間でした。
このコロナ禍で戦い疲れた私たちの心に、長く失われていた高揚と希望をもたらしてくれました。
今日の男子フリーも、大興奮の連続でした。
ジェイソン・ブラウンは、悲願の4回転に挑み、大空に突き抜けるような心地よいスケーティングで、見る者の気持ちを開放してくれました。
「ホワイトクロウ」を描いたコリヤダは、随所にバレエのポージングを決めた優雅なスケーティング、美しかった!
ショートも含め、コーチを替えたことが今回の飛躍に繋がっている気がしますね。
宇野昌磨選手は、思わず抱きしめたくなるようなチャーミングなパフォーマンスで、私たちを魅了しました。
ネイサン・チェンは、ショートの時とは打って変わって、にくらしいほどの完璧なパフォーマンスに感服し、あっぱれと拍手を送るばかりです。
そのすぐあとにリンクに登場した、若き鍵山優真選手の度胸、落ち着いたスケーティングには、目を見張りました。
そして、羽生結弦選手。
実は、競技会が始まる前、フィギュアスケート通の友人から、驚く話を聞きました。
羽生選手の出場が、現地時間で14時46分。
10年前の3.11の時刻だというのです!!
なんという衝撃の符合!
羽生選手は、つくづく神の御許にいる人なのだと、感じました。
だからこそ、数々の受難を運命づけられているかもしれない。
そして、それを乗り越えるべく、生かされているのかもしれません。
目に見えない何かを背負って滑っているような羽生選手のパフォーマンスの途中から、私は涙を止めることができませんでした。
2021年3月28日

フィギュアスケートは、総合芸術である、と一昨日書きました。
眠い目をこすり、徹夜で女子フリーの生放送を見て、ますますその感を強くしています。
目指すべき世界の実現・完成させるための、チームの総合力の勝利、と言い換えましょうか。
ロシア、サンボ70の軌跡を、思い浮かべていただきたい。
サンボ70は、スケーティングのエテリコーチばかりが表に出ていますが、さまざまな分野の秀でた才能の持ち主が集まった、非常に厚みのあるプロフェッショナルな演出集団だと思われます。
明確な方針を持って、ひとりひとりのスケーターを育て上げる。
ザギトワにはロシアバレエの世界をイメージした。
彼女が身に付けたのは、バレエのコスチュームさながら。
衣裳ばかりではなく、物語も選曲も、それぞれのプロが結集し、描かれるべきバレエの舞台を構築し、ザギトワにポジションを与えたのです。
メドヴェージェワには、ドラマチックなロシアの物語の主人公を演じさせました。
そして、シェルバコワには、恐い悲しい世界の美しきヒロインを。
15歳でのデビューの初戦に、静脈と動脈を想起させる衣裳を身に付け、「香水」の怪しい物語を演じて、世界を驚愕させたことは、記憶に新しいでしょう。
少女に人間の深い闇を表現させる、このスタッフの感覚の、なんと斬新でインテリジェントなこと!
今回のショートは「エレジー(悲しい歌)」、今日のフリーは、やはり寂しく、少し怪しげな曲調で始まり、それを打ち破って、踏み出すストーリーが描かれました。
衣裳も、ヘアスタイルも、ムーブメントも、見事に計算され、マッチしています。
シェルバコワの今後の演出プランが、ますます、楽しみになってきましたね。

今や、フィギュアスケート(特に女子)では、このチームとしての総合力が求められる時代になった、とすれば、日本の状況は、不安だらけといわざるをえないでしょうか。
シロウトの勝手な感想で申し訳ありませんが、紀平梨花選手も、彼女の身体能力だけで、戦っている感が拭えないのです。
ショート、フリーともに、あの衣裳も、ヘアスタイル・髪飾りも、少しも彼女を美しく見せていないし、選曲にもあまりセンスを感じない。
世界のトップを争える才能を持った、日本の宝なのに、これでは可哀そう、と私はいつも思ってしまうのです。
申し上げにくいのですが、日本の女子選手で、衣裳デザインが評価できるのは、宮原選手と樋口選手くらいではないかしら・・・。
衣裳も含め、有能な総合演出家が必要だと思われるのは、坂本選手もそうですね。
ショートは、プログラムも、衣裳も、彼女のテイストではなかった。
一方、今日の「マトリックス」は、スピード感があって、力強く、ダイナミック。
彼女の魅力を最大限に引き出せるプログラムですから、この方向で、今後の展開を演出できる方に、チームを率いていただきたいですね〜。

ところで、今日のフリーでの収穫のひとつは、ルナ・ヘンドリクスの、大人の女性のスケーティングを見せてもらったこと。
最近は10代の少女たちが多くスポットライトを浴びるなかで、大人の魅力を表現できるスケーターの活躍は、この世界の豊かさを感じさせ、嬉しいものですね。
2021年3月27日

すごい!
すごすぎる!!
いやもう、羽生結弦は、天才なんて言葉ではとても足りない。
神に選ばれし存在!!!

失礼しました。
思わず興奮してしまいました。
世界フィギュア、男子ショート・プログラム。
私は昼間から、何も手に付かず、生中継の時間が近づくにつけ、ドキドキは最高潮に達して・・・。
始まったら、もう座っていられなくて、立ち上がって、テレビの画面を食い入るように見つめていました。
順番は無視して、羽生結弦選手。
昨日の練習風景を見たときから、特に下半身の筋肉の付き方が以前とは明らかに違って、体をさらにしっかり作りこんできたな、という印象だったのですが、予想を裏切らない、パーフェクトの演技でしたね。
「Let me entertain you」という選曲にも、羽生選手の抜きんでた才能を感じます。
この困難な時代を生きている全ての人々と共に生きる覚悟があり、人々のために滑る、という意識をしっかり持っているのが、羽生選手なのですね。
それだけでもう、他の選手とは、違うステージに立っているのです。
私は、テレビの前に立ち続け、大きな拍手を送りました。
鍵山雄真選手も、大健闘でしたね。
とても落ち着いていて、隙のないスケーティングは、さすがでした。
いかにも優等生のスケーティングは、ややもすると面白みに欠ける印象になってしまうのだけれど、ローリー・ニコルの振り付けが、それをうまくカバーし、彼のチャーミングな部分を引き出すことに成功していたと思います。
世界フィギュア初出場で2位発進とは、すごいです。
宇野昌磨選手は、ジャンプミスはあったものの、力強い、彼にしか表現できない魅力的なパフォーマンスが復活したと、心から嬉しく思っています。
悩み苦しんだ期間を脱して、滑ることに喜びを見出した宇野選手を、どこまでも応援していきましょう。
ケヴィン・エイモスの、全身で飛び跳ねているような、独特のスケーティングにも、たちまち引き込まれました。
フランスには、こういうダンサブルな表現力に溢れた選手が、次々登場しますよね〜。
そういえば、カナダのキーガン・メッシングの演技を見ていて、すがすがしい気持ちになって、パトリック・チャンの誠実なスケーティングが、そのまま引き継がれているなあ、とも感じましたね。
ジェイソン・ブラウンの、長い手足を存分に使った、ダイナミックな風を巻き起こすパフォーマンスが、私は大好き。
今日も、一瞬も息つく暇なく、見入ってしまいましたよ。
注目のネイサン・チェンは、ジャンプに失敗しただけでなく、スタートから、動きに切れがなく、精彩に欠いたスケーティングで、驚きました。
振り返ってみると、ネイサンの群を抜いてすばらしいプログラムは、シェイリーン・ボーンを代表する、抜きんでた才能を持った振付師が付いた時だ、と気付きました。
スケーティングの技術力はすごいけれど、ネイサン自身には演出力はさほどないのかもしれない。
だから、今回のパフォーマンスは今ひとつ、成功しなかったのではないか・・・とシロウトの感想です。
それにしても、今日の羽生選手の点数は低すぎる一方で、ネイサンは高く評価されすぎているなあ、と感じ、たった今、フィギュア・ファン友だちと、夜中に電話で話していたら、
「いつも、そうなんですよ。
羽生選手にとんでもなく低い点数をつけるジャッジがいて、何か政治的な力が動いているんじゃないかと思うの。
ネイサンのあの出来で、あんな高い点数、ありえない」
とひどく怒ってました。
同感。
あさってのフリーが心配になってしまいますね。
でも、羽生選手は、もう一段も二段も高いステージにいる表現者だから、この現実社会の試練など、きっと乗り越えてくれる、と祈ります。
2021年3月26日

2年ぶりの世界フィギュアスケート選手権大会。
無観客とはいえ、開催していただいて、本当に良かった、嬉しかった!
厳しいコロナ自粛生活のなかで、この日をずうっと楽しみに待っていたのですもの。
以前ちょうどこの季節にストックホルムを旅したこともあり、私はあの空、あの空気、あの風景を思い浮かべながら、生中継の映像を待ったのでした。

最終グループは、さすがに見応えがありましたね〜。
トゥルソワの切れ味の良さは、変わらず。
デビューの時のあどけない印象が、いつのまにか大人びた表情・動きになっていて、少女の成長のスピードを実感。
シェルバコワの世界観には、いつも圧倒されます。
デビュー時に、ジュースキント「香水」の怪しい世界を演じきって、度肝を抜かれた私は、今日も、この人の持つニュアンスに魅せられました。
エレジー(悲歌)に乗せて、優雅に表現される儚さ、悲しさ・・・。
フィギュアスケートは総合芸術なのだと、納得させられましたね。
トリプルアクセルがなくても、文句なしの1位でしょう。
坂本花織選手は、動きはとてもいいのですが、ヘアスタイル、衣裳の演出が、この曲調とひとつになっていないのではと、ちょっと物足りない気が。
宮原知子選手は、彼女にぴったり合った、上品な衣裳、繊細で美しいムーブメントに、魅了されました。
ジャンプミスはありましたが、彼女にしか描くことのできない美の世界を見せてもらっただけで、十分、感謝です。
紀平梨花選手は、本当にすばらしかった。
ダイナミックなムーブメントで、ガンガンと胸に迫る演技を楽しませてくれました。
大胆な片手側転も、いつもどおりの軽やかさ。
鮮やかなジャンプのすぐあとにつないだムーブメントが、とてもしなやかに流れて美しかったですね。
二位発進ですが、さあ、明後日のフリーで、逆転なるか、楽しみです。
そして、明日は!
男子ショート・プログラムですね!!!
2021年3月25日










「チョコレートの奇跡」
最新刊
(中央公論新社)

チョコレートに、あっと驚く健康効果があった!
「神の食べ物」に迫る最先端の科学から、その文化、芸術までを探求したチョコレート解体新書



「ナスカ砂の王国」
新版
(文春文庫)

いつ、誰が、何の目的で、どうやって、描いたのか。
「ナスカの地上絵」の謎を追って、激動の時代を行く、著者渾身のノンフィクション。



「ピナ・バウシュ中毒」
(河出書房新社)

限りなく優しく温かく美しい世界が、ここにあった!
楠田枝里子が敬愛するアーティストの追っかけの旅の記録。



「かぞえる」
(復刊ドットコム)

「かぞえる」って何だろう?
数えられるもの、数えられないもの、数えきれないものもあるよね。
予想もつかない、壮大な結末が感動を呼ぶ、創作絵本。



「チョコレート・ダイエット」
(幻冬舎)

カカオ70%以上のチョコレートは、こんなにスゴイ!!!
毎日の食生活に正しく取り入れて、健康にスリムになりましょう!
ダイエットしたい人、美しくなりたい方、体調の気になる方、ぜひご覧ください。



「不思議の国のエリコ」
(文春文庫)

科学を気軽に面白く味わっていただくためのエッセイ集。
「虹には雄と雌がある」「薔薇色の秘密」「バカにつける薬」など。



「ぼくは おおきな くまなんだ」
(文化出版局)

大きな毛むくじゃらのクマに変身した、ハンス少年の、愉快で愛らしい冒険物語。
ヤーノシュ作、くすたえりこ訳の絵本です。



「うさちゃんのニュース」
(ほるぷ出版)

とうとう最後に、うさちゃんが見つけたステキなものは?!
心があたたかくなる、優しい絵本です。
ボーンスタイン作、くすたえりこ訳。