2021年1月〜

2020年1月〜

2019年1月〜

2018年1月〜

2017年1月〜

2016年1月〜

2015年1月〜

2014年1月〜

2013年1月〜

2012年1月〜

2011年1月〜

2010年1月〜

2009年1月〜

2008年1月〜

2007年1月〜

2006年1月〜

2005年1月〜




Copyrights



meijiのチョコレートの専門家の方々と、チョコレート・プロジェクトの打ち合わせで、大盛り上がり!
私からの協力依頼を快くお受けくださり、また新商品のテイスティングもさせていただいて、すばらしい経験でした。
新しいカカオの可能性、新しいチョコレートの形・・・さらに大きく広がる、愛すべきチョコレートの世界で、まだまだやらなければならないことが、たくさんある、と情熱的に語り合うことができ、本当に幸せな時間でした。
さあ、ガンバルゾ、と力が湧いてきました。
2021年10月15日

運転免許の更新に行ってきました!
緊急事態宣言が長く続いたため、更新手続きの期限延長手続きを経て、ようやく、今日!
新しい免許証を手にして、う〜んと唸ってしまいました。
皆が言っていることですが、どうして免許証の写真って、妙に暗い印象になるんでしょうかねえ。
私、思うに、圧倒的にライティングが足りないのですよね。
普通の事務室の普通の蛍光灯で撮っているから、顔は暗く写る。
スタジオまでいかなくても、もう少し心配りが必要ですよね〜。
5年間も、こんな顔写真の免許証を持たなければならないのは、悲しい。
もうひとつ、撮影のとき、私は普通に正面を見ていたのに、「あごを引いて」と言われたのにも、ちょっと疑問を感じました。
あごを引くと、目つきが上向きで、険しくなる。
これも、表情が怪しくなる一因なのでは・・・。
免許用写真の撮影スタッフも、職員さんではなく、プロのカメラマンさんを導入してくださることを、期待したいですね。
2021年10月14日

バリーカレボー社の「サステナブルチョコレートの未来2021」というカンファレンスが、オンラインで行われました。
バリーカレボーは、新世代のチョコレートを続々開発して注目されるだけではなく、チョコレートのサステナビリティについて、他に先駆けて熱意をもって取り組み、業界を率いてきた企業。
海外から届けられる興味深いレポートに、背筋を伸ばす思いでした。
ただ、今日は、日本の協力企業に気を使いすぎたためか、失礼ながら不要なブロックも・・・。
そんな時間があったら、大事な話を、もっと掘り下げて聞かせていただきたかったです。

ところで・・・こういうテーマを、ライブでやる必要があったかなあ、と首を傾げてしまいました。
これは、すでに行われたチョコレート・ココア国際栄養シンポジウムでも、チョコブランドの新作発表会でも感じたこと。
機材トラブルで、開始が20分も遅れたり、音声レベルが調整できず、発言者の声が聞こえなかったり、プツプツ途切れたり、生だと、どうしても見苦しい進行になってしまって、みっともない。
今日の内容も、VTRを取って、余計な待ち時間や空白や、通訳の失敗などを編集して、きれいな仕上がりにして、翌日配信したほうが、ずっといいと思うんですけどねえ。
もし、どうしてもライブでやりたければ、優秀なプロのイベント・スタッフを揃えないと、社内会議を垂れ流している印象になってしまって、もったいない。
誰もが気軽に何でも配信できる時代になったからといって、それに甘えた企画にしてしまうと、肝心の情報が効果的に伝わらず、残念な結果になってしまいますよね。
2021年10月13日

ラ・メゾン・デュ・ショコラの新作発表会が、今日オンラインで開催されました。
まあ、クリスマス・コレクションの、なんてロマンチックで美しいことでしょう!!
さすがのデザインセンス、うっとりする精緻な造型!!
マンディアンの飾り、アドヴェント・カレンダー・・・すばらしい!!
私はすっかり、ラ・メゾン・デュ・ショコラのクリスマス気分に酔いました。
続くバレンタイン・コレクションにも、唸ります。
なんと、意表を突く、シックな黒のボックス。
そのなかにも、華やかで品のいいイラスト、輝きを放つ差し色・・・選ばれた大人のバレンタイン、って印象です。
今年はちょっとミルクチョコレートが多めで、私の好みとは違うけれど、味わいの見事さには感嘆!
ニコラさんの鮮やかなプレゼンテーションにも、大拍手です。

ズームを使っていたので、画質が今ひとつで、5秒に1度プツプツ途切れるのは煩わしかったけれど、それを上回り、作品の魅力が心を掴んで離しませんでした。
次回は、ユーチューブでの配信をお願いしたいものですね。
2021年10月6日

私のチョコレート・プロジェクトの打ち合わせで、ハイアット・リージェンシー・東京へ。
とても楽しく心弾む時間は、あっという間に過ぎて、充実した意見交換ができました。
このプロジェクトをスタートしてから、関係する皆さまに、本当に快く温かく協力していただいて、私はなんて幸せ者なのだろうと、感激する毎日です。
心から、感謝しています。
このページを読んでくださっている皆さん、詳細発表まで、もう少し、お待ちくださいね。
2021年10月4日

先週、テレビ朝日パネルクイズ「アタック25」が、46年の歴史に幕を閉じました。
もう、ガッカリです。
小玉清さん司会の頃から、ずっと、日曜の楽しみの番組だったのです。
アタック25は、クイズ番組のひとつの完成形だったと思います。
長寿番組のなかには、長年の疲れが見え、魅力を失っている例もありますが、アタック25は、いつも、心地よい緊張感と面白さがありました。
後番組はどうなるのかしら、と今日モニターしましたが、若者が大騒ぎする、夜遅い時間帯によくある番組。
あ〜あ、ともう一度ガッカリして、テレビのスイッチを切りました。
どの放送局でも、若者をターゲットにした番組編成が進んでいますが、日曜の午後に、自宅にいてテレビ見てる若者なんて、いませんよ。
それに、若者のテレビ離れはますます加速し、インターネットやYouTubeなど、もっと魅力的なメディアに移行している。
実際に一番よくテレビを見ている、必要としているシニア層のために、充実した番組を提供しようとは、考えていただけないものでしょうか。
こんなことだから、日本では、大人の文化が育たないのではないでしょうか。
2021年10月3日

ついに、今夜、東京の緊急事態宣言も解除になります。
これまで、なかなか思うように動けなかった、チョコレートのスペシャル・プロジェクトも、いよいよ全力で疾走しますよ!
でも、勿論、感染予防対策は完璧に、油断しないで動きますね!!
ご期待ください!
2021年9月30日

ペルー極左ゲリラ「センデロ・ルミノソ」の最高指導者アビマエル・グスマンが、今月11日に、刑務所で病死したと聞きました。
1980年代を中心に、残虐なテロを繰り返していたこの地下組織は、人々を恐怖に陥れ、日本人も多く犠牲になったのです。
85年から、度々ペルー、ナスカを訪れていた私も、常に細心の注意を払って行動していたことを、ありありと思い出しました。
遠い日の、苦い記憶です。
2021年9月24日

チョコレート、生クリーム、ケーキ・・・洋菓子大好きな私は、和菓子があまり得意ではありません。
おもちも牛皮も食感が好まないし、粒あんはいいけど、こしあん、白あんは食べられない・・・。
そんな私に、弟の奥さんの英子さんが、季節の和菓子を送ってくれました。
栗蒸羊羹!!
羊羹のねっとり感が苦手なんだけど・・・とつぶやきながら、少しテイスティングしてみると!
な、な、なんと!!
甘さ控えめで、さっぱり上品な口当たりの、蒸羊羹です。
そして、それより何より、口いっぱいに溢れる栗の旨味に驚嘆!!
立派な丸ごとの栗が、ぎっしり詰まっていて、その繋ぎとして、ちょっぴり蒸羊羹が添えてある、という印象で、あまりにも美味しいのです!!
それは、岐阜県中津川という、有名な栗の産地で作られた、「すや」という名店の逸品でした。
すやは、創業500年という、老舗中の老舗。
納得の味わいですね。
嬉しい栗の和菓子で、日本の秋を満喫しました。
英子さん、ありがとう!!
2021年9月18日

日本橋の「ル・ショコラ・アラン・デュカス」に出かけてきました。
1月〜2月のチョコレートのスペシャル・プロジェクトの打ち合わせです。
ドアが開いて、中に足を踏み入れた瞬間に、極上のカカオの匂いが出迎えてくれて、それだけで私はもう幸せ気分です。
(マスクをしていても濃厚に感じられる、美味しい香り、です!)
魅力的なアラン・デュカスのチョコレートのボックスを選び、新しいアイデアを伝え、わくわくしながら話を進めていると・・・。
エグゼクティブ・ショコラティエのジュリアンも参加してくれて、すばらしい提案をしてくれました。
とんでもなく魅力的で、画期的なアイデアに、私は飛び上がりました。
夢のよう・・・実現したら、こんなステキなことはありません。
まだ、皆さんにお伝えすることができないのですが、どうぞお楽しみに、待っててくださいね!
2021年9月15日










「チョコレートの奇跡」
最新刊
(中央公論新社)

チョコレートに、あっと驚く健康効果があった!
「神の食べ物」に迫る最先端の科学から、その文化、芸術までを探求したチョコレート解体新書



「ナスカ砂の王国」
新版
(文春文庫)

いつ、誰が、何の目的で、どうやって、描いたのか。
「ナスカの地上絵」の謎を追って、激動の時代を行く、著者渾身のノンフィクション。



「ピナ・バウシュ中毒」
(河出書房新社)

限りなく優しく温かく美しい世界が、ここにあった!
楠田枝里子が敬愛するアーティストの追っかけの旅の記録。



「かぞえる」
(復刊ドットコム)

「かぞえる」って何だろう?
数えられるもの、数えられないもの、数えきれないものもあるよね。
予想もつかない、壮大な結末が感動を呼ぶ、創作絵本。



「チョコレート・ダイエット」
(幻冬舎)

カカオ70%以上のチョコレートは、こんなにスゴイ!!!
毎日の食生活に正しく取り入れて、健康にスリムになりましょう!
ダイエットしたい人、美しくなりたい方、体調の気になる方、ぜひご覧ください。



「不思議の国のエリコ」
(文春文庫)

科学を気軽に面白く味わっていただくためのエッセイ集。
「虹には雄と雌がある」「薔薇色の秘密」「バカにつける薬」など。



「ぼくは おおきな くまなんだ」
(文化出版局)

大きな毛むくじゃらのクマに変身した、ハンス少年の、愉快で愛らしい冒険物語。
ヤーノシュ作、くすたえりこ訳の絵本です。



「うさちゃんのニュース」
(ほるぷ出版)

とうとう最後に、うさちゃんが見つけたステキなものは?!
心があたたかくなる、優しい絵本です。
ボーンスタイン作、くすたえりこ訳。