2020年1月〜

2019年1月〜

2018年1月〜

2017年1月〜

2016年1月〜

2015年1月〜

2014年1月〜

2013年1月〜

2012年1月〜

2011年1月〜

2010年1月〜

2009年1月〜

2008年1月〜

2007年1月〜

2006年1月〜

2005年1月〜




Copyrights



人間ドック!
毎年春に受けていたのですが、今年は新型コロナ騒動のため、病院に出かけるのが躊躇われ、今日になってしまいました。
順調に検査は進みましたが、結果が出るのに1か月かかると聞かされて、ビックリ。
いつもは2週間でわかるのになあ、新型コロナの影響で、検査機関も大忙しなのでしょうね。
もうひとつ、驚いたのが・・・。
170センチだった身長が、167.6センチになっていたの!!
ま、測定機械による誤差もあるのでしょうけれど、トシをとると縮むというのは、本当だったのですね!
2020年7月3日

小海途良幹さんから、新刊の写真集を送っていただきました!
「羽生結弦写真集2019−2020
YUZU‘LL BE BACK U」
小海途さんは、スポーツニッポン新聞社のカメラマンで、前々から、羽生選手のすばらしい作品を発表していることで、よく知られています。
その最新の写真集に、私は唸ってしまいました。
緊迫した試合のさなか、こんな一瞬をよく捉えられたものだ、と感嘆するショットの連続。
なにげない日常の、素の表情を見せてくれたのも、小海途さんが羽生選手に心から信頼されている証でしょう。
新型コロナウィルスの影響で、今年春の世界選手権は中止になりました。
毎年楽しみにしていたアイスショー、ファンタジー・オン・アイスも、取りやめになりました。
残念無念。
この冬は、どうなるでしょう?
グランプリ・シリーズの開催も、不透明でしょうか・・・?
フィギュアスケート・ファンのひとりとしては、不安で仕方がありません。
今は、小海途さんのこの写真集で、その魅惑の世界に存分酔うことにしましょう!
2020年6月28日

不要不急どころか、必要な外出もほとんどキャンセル、あるいは延期し、家にこもりっきりという、模範的な自粛生活を長く送ってきた私ですが・・・ついに!
今日!
3か月ぶりに、仕事に出かけました!!
フジテレビのお昼の生放送、「バイキング」です。
久々のスタジオは、とても新鮮で、楽しかった〜。
なにより、大歓声を上げてしまったのは、坂上さんが、バースデープレゼントに私が贈ったネクタイを、今日のスタジオで着けてくださっていたことです!
私が迷いに迷って選んだネクタイ、とっても良くお似合いで、本当に嬉しかったわ。
なんと、ネクタイに合わせて、ジャケットを決めてくださったんですって!!
温かな心配りのある方ですねえ!!
感謝感激です!!!
2020年6月25日

愛猫マフィンを動物病院へ連れていく日の朝は、辛い。
検査のため、8時間絶食をさせなければならないのです。
食いしん坊のマフィンは、ひっきりなしに、
「お腹ペコペコだあ」
「ごはん、ちょうだいよう!」
と、私に訴えます。
私はふとんをかぶって寝たふりをするのですが、マフィンはベッドにまで飛び上がってきて、私の顔をペロペロ舐めたり、髪の毛をグルーミングしてきたり。
はたまた足にタックルしてきたり。
うるさく泣き叫んで、それでも私が心を鬼にしていると、最後には、全ての希望は失われた、といわんばかりに、私を見つめるのですよ。
猫の絶望的な表情って、見たことありますか?
本当に、辛い。
マフィンに我慢させておいて、私だけゆっくり朝食をとることなどできません。
私は、彼に気付かれないよう、キッチンの隅っこで、立ったままサンドイッチを少しだけつまみました。
動物病院での今日の検査結果によると、残念ながら、マフィンの病状はちょっと深刻かもしれません。
腎臓病、慢性膵炎、心臓にも問題があり・・・2週間前に処方された4種類のお薬の効果で、悪化してはいないけれど、腎臓はもう健康体の20%弱しか機能していないそうです。
15%になってしまうと、腎不全ということらしく、お薬ラプロスの力を借りて、ギリギリ持ちこたえている状態とのことでした。
ラプロスに加え、膵臓の炎症を止めるお薬や、弱っている心臓のお薬、嘔吐止めなど、またどっさりお薬を出していただいて、帰宅しました。
マフィンは、エコーや血液検査などでくたくたで、しばらく私に八つ当たり。
それでも、ぐったりして動かないより、怒って文句を言ってくれるほうが、ずっと嬉しい。
また来月の、診察と検査の予約を取りました。
2020年6月20日

なんて嬉しいのでしょう!
所用でご挨拶にみえた方から、手土産に、ツッカベッカライ・カヤヌマのクッキーを頂戴しました!!
ツッカベッカライ・カヤヌマ!!!
知る人ぞ知るオーストリア菓子の名店です。
カヤヌマさんは、ウィーンで修業をしてマイスターの称号を得た方で、上質の素材を使って、丁寧に手作りされたそのお菓子は、品のいい旨味に満ちていて、いつも唸ってしまう。
私は20年ほども前からのファンなのです。
毎日開店と同時に長い列ができ、あっという間に売り切れてしまうほどの人気で、デパートのコーナーや支店を出しませんかという誘いは、勿論たくさんあるのだけれど、カヤヌマさんはスタッフを増やし規模を大きくするつもりがないようです。
自分の目がしっかり行き届く範囲内で、ハンドメイドの美味しいお菓子を作り続けたい、と。
本物のオーストリア菓子を誠実に追い求める、カヤヌマさんの作品がすばらしいのは、当たり前なのですね。
特に私は、カヤヌマのクッキーが大好き。
冬は、絶品のザッハトルテで、贅沢気分に浸ります。
(ザッハトルテは、ウィーン発祥の銘菓、チョコレートケーキです。)
実は私、ちょうど先週、
「長い自粛生活でずっと我慢していたけれど・・・あ〜、そろそろカヤヌマのクッキーが食べたいなあ」
と叫んでいたところでした!
すばらしいタイミング!!
さっそく包みを開き、気に入りのコーヒーを入れて、ひとつ、ふたつ・・・手も口も止まらなくて、一気に8個を平らげました。
ああ、幸せ!!
こんなに美味しいクッキーは他にないわ、と極上の味を堪能しましたよ。
そして、カヤヌマのクッキーをご挨拶にお持ちになるとは、センスのいい方だなあ、これからもいいお付き合いができそうだわ、と私は思ったのでした。
2020年6月13日

そうそう!
私、なんと、ついに!!
スマホデビューしました!!!
携帯を持ち歩いて、電話にしばられる生活はイヤだと、長く抵抗していたのですが、この自粛生活の時間を有効利用するためと、コロナ騒動で現金での支払いが怖くなり、スマホ決済に心が動いたためです。
始めてみると・・・面白いですねえ!
スマホは、大人のオモチャですね。
さっそくチョコレートのスマホケースを付けて、悦に入っています。
SMSがまた楽しくて、友人たちと3時間も4時間もやりとりしちゃう。
といっても、スマホ初心者の私はしょっちゅう打ち間違え、手間がかかって仕方がないし、目も疲れるし、肩も凝る。
最後には、やっぱり直接話したほうが早いわ、と電話に切り替えて、そこから更にえんえんおしゃべり、という毎日です。
昨夜、夏はアイスクリームのスマホケース、と友人に聞いて、なるほどとさっそく検索しました。
気に入ったのが見つかったので、さっそく注文しよう!
チョコアイスに組み合わせるのに、バニラにしようか、ピスタッツィオにしようか、悩んでいるところです〜。
2020年6月10日

4カ月ぶりに、やっと、ついに、ヘアサロンへ!!
この間、伸び放題の髪を、自分でカットしていたため、無残なヘアスタイルになってしまっていました。
自粛生活で誰にも会わないから、とは言うものの、さすがに限界でしたね。
プロのヘアカットとパーマで、気分が軽く晴れやかになりました。
せっかく表参道に出てきたのだし、お天気もいいしと、帰りにぶらぶら散歩し、馴染みのブティックに顔を出しました。
こういう小さな喜びを、忘れないようにしたいものです。
2020年6月8日

30℃の暑さのなか、赤坂動物病院へと向かいました。
2週間前の猫ドックの結果が、よくなかったのです。
以前からの腎臓病に加えて、膵臓にも嚢胞というシコリが発見されました。
心臓も弱っていて、不整脈が見られます。
マフィンは、18歳。
人間でいうと、88歳のおじいちゃんですから、あちこち具合が悪くなるのも仕方ないですよね。
4種類のお薬を処方していただいて、朝晩飲ませることになりました。
そして、また2週間後の診察予約を取りました。
お薬がよく効いて、マフィンが体調を持ち直してくれることを、祈ります。
2020年6月5日

新型コロナにより大きな打撃を受けたヴェネツィアから、嬉しいメールが入りました。
私の気に入りのレストラン、イル・リドットが、ついに再開となったのです!
クーポンのお知らせが添えられていました。
これから1年の間に、リーズナブルに食事ができるクーポン購入のお誘いです。
オープンしても、お店はまだまだ当分、苦しい日々が続くでしょう。
少しでもサポートできたらと、9品のフルコースディナー(2人分)、140ユーロを申し込みました。
ひとりでも多くのレストランのファンが、こうやってお店を支えていけたら、いいですね。
しかし、私が1年以内にヴェネツィアに旅できる可能性はありませんから、そのバウチャーは、ヴェネツィアの友人アイーダに使ってもらうことにしました。
アイーダが、美味しいディナーで、ひととき苦労を忘れてくれたら、なにより幸せです。
2020年6月1日

今日の「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日)、面白かったですねえ!
「こんな時期だから、新作」と打ち出した、リモートドラマ。
いやあ、大笑いしながら、感心して見ていました。
松岡クン、最高!
この番組の制作者は、実にすがすがしいチャレンジャーですね!!
今後もおおいに期待しています!!  
2020年5月29日










「チョコレートの奇跡」
最新刊
(中央公論新社)

チョコレートに、あっと驚く健康効果があった!
「神の食べ物」に迫る最先端の科学から、その文化、芸術までを探求したチョコレート解体新書



「ナスカ砂の王国」
新版
(文春文庫)

いつ、誰が、何の目的で、どうやって、描いたのか。
「ナスカの地上絵」の謎を追って、激動の時代を行く、著者渾身のノンフィクション。



「ピナ・バウシュ中毒」
(河出書房新社)

限りなく優しく温かく美しい世界が、ここにあった!
楠田枝里子が敬愛するアーティストの追っかけの旅の記録。



「かぞえる」
(復刊ドットコム)

「かぞえる」って何だろう?
数えられるもの、数えられないもの、数えきれないものもあるよね。
予想もつかない、壮大な結末が感動を呼ぶ、創作絵本。



「チョコレート・ダイエット」
(幻冬舎)

カカオ70%以上のチョコレートは、こんなにスゴイ!!!
毎日の食生活に正しく取り入れて、健康にスリムになりましょう!
ダイエットしたい人、美しくなりたい方、体調の気になる方、ぜひご覧ください。



「不思議の国のエリコ」
(文春文庫)

科学を気軽に面白く味わっていただくためのエッセイ集。
「虹には雄と雌がある」「薔薇色の秘密」「バカにつける薬」など。



「ぼくは おおきな くまなんだ」
(文化出版局)

大きな毛むくじゃらのクマに変身した、ハンス少年の、愉快で愛らしい冒険物語。
ヤーノシュ作、くすたえりこ訳の絵本です。



「うさちゃんのニュース」
(ほるぷ出版)

とうとう最後に、うさちゃんが見つけたステキなものは?!
心があたたかくなる、優しい絵本です。
ボーンスタイン作、くすたえりこ訳。