** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ 幸せな、時間の贈り物

■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



はじめまして!


最初のメッセージ、ってどういう感じなんでしょう?
「皆さーん、めでたくホームページ開設になりました!」
と胸を張るのも、ちょっと気恥ずかしい・・・。
なにしろ、2002年の最後の1週間に、大慌てで作業をしていたのですから・・・。
それもこれも、師走の忙しい時期に、私が10日間も日本を離れていたのが悪いのです。
12月5日の夜、「FNS歌謡祭」の3時間半の生放送(あー、面白かった!)を終え、帰宅して寝る暇もなく、大至急荷造りをして、成田へ向かい、私はドイツへと旅立ちました。
飛行機が大幅に遅れ、目的地に到着したのは、深夜になってのことでした。
が、早くもその日の午後には、ヴッパータールのオペラ・ハウスにいて、ピナ・バウシュの作品に涙していたのですよ!
それから毎日、オペラ・ハウスへ通い、パフォーマンスに感嘆し、そのあと夜12時近くから、ピナやダンサーたちと賑やかに食事を楽しみ、朝帰り・・・。
それはもう本当に、夢のように美しい日々でした!
と、
そこまでは良かったのですが・・・帰国してからが、大変でした。
私が決めるべきことも決めず、とっとと旅に出たため、何もかもが、「ぎりぎり間に合うかなあ、いやもう間に合わないよ〜」と、お尻に火の点いた状況になってしまっていたのです。
2003年1月1日オープン、とすでに各所に通知してしまっていたので、今さらナシにもできず・・・。
何という計画性の無さ!
とにかく、できるところまで頑張って、あとは少しづつ追加していきましょう、ということになりました。
(徐徐にホームページが完成していく過程を見ていただくのも一興かも・・・と勝手な言い訳。)
今日ここまでこられたのは、ひとえに年末奮闘してくださった櫻さんのおかげです。
ありがとうございました。

トップ・ページを飾っている星のイラストは、私の古くからの友人で舞台美術家の小竹信節さんの作品です。
1985年ハレー彗星来訪を記念して、描いていただいたものなのですが、とてもきれいなので、その後、私の事務所ファンタシウムのシンボル・マークとして、使わせていただくようになりました。
(”ファンタシウム”は、稲垣足穂の掌編に登場する、星の元素の名前です。)
この場を借りて、小竹さんに改めてお礼を申し上げたいと思います。

それでは皆さま、
このサイト、長ーい目で見てやってくださいね!
どうぞ宜しくお願い致します。

2003年1月1日  
楠田 枝里子