** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ 幸せな、時間の贈り物

■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



ナスカ、パルパそしてシクラスへ


2006年、夏。
さあ、私はまたナスカへと旅立ちます。



ナスカの地上絵
「サル」


パルパの地上絵
「日時計」

ナスカ・パルパ・プロジェクトのリーダー、ドイツ考古学研究所のドクター・マルクス・ラインデルと、パルパで待ち合わせ、続々と発見されている新しい遺跡と地上絵を巡ります。
ナスカ・パルパの地上絵の最新かつ詳細な地図を作製するという、壮大な仕事に取り組んでいる、プロフェッサー・アーミン・グリューンとも、1年ぶりに合流することができるはず。
ナスカでは、マリア・ライヘ博物館の友人たちや、いつものホテル・ナスカラインズの皆さんが、待っていてくれます。
私自身、ナスカの地上絵に関する新しいアイデアを証明するためのリサーチにも、精力的に取り組む予定です。
あ〜〜、なんと心躍る旅でしょう!!!

ナスカに加えて、先日大きく報じられたシクラス遺跡を訪ねるのも、大きな楽しみです。
今からおよそ5000年前と言われる、アメリカ大陸最古の遺跡の新発見は、歴史を変えてしまうほどの、快挙。
今だから打ち明けますが、実は私も発掘調査団のメンバーのひとりに入っていて、この遺跡についての情報は、もう1年も前から入っていたのですよね。
ただ正式発表までは一切外に漏らすことができず、ずっと我慢しているのは、ホントに苦しかった。
(私は口が堅いと、自分でも感心しました。)

次々に、遺物が出土していますよ。
シクラは勿論のこと、人形や、夥しい布や、人骨など、もう舞い上がってしまうほどの面白さ!
(シクラとは、葦の一種を編んでゆるい網を拵え、そのなかに石を詰めて、建築資材にしたもの。
それを積み重ねて、神殿の壁や天井を作ったのです。)
稲村先生や、藤澤先生、天野博物館の阪根さんと、おなじみのメンバーが顔を揃え、大興奮のフィールドワークとなるでしょう!!

南半球のペルーでは、季節は逆転しています。
つまり、8月後半から9月は、冬から、春の初め。
また新しい時間と冒険の始まりです。
これから大急ぎで、山ほどの仕事を片付けて、スペイン語のレッスンを受けて、出かけます。
帰国後、9月末から10月に、このページか、「マリア・ライヘ基金」のセクションでご報告しますので、期待して、待っててくださいねっ!


2006年8月1日  

楠田 枝里子