** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ 幸せな、時間の贈り物

■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



パリ、美食の日々


私のヨーロッパ旅行の最終滞在地はパリ、というケースが多くなっています。
気の向くままに美しい町を歩き、芸術を愛で、豪華な食事を堪能して、旅を締めくくる、というわけですね。
今回も、パリで4日間を過ごして、毎晩三ツ星レストランで舌鼓を打っていましたよ!

「アルページュ」は、ずっと出かけてみたいと思っていて、前回チャンスを逃したレストラン。
野菜料理を中心としたメニューは、あまりにも生き生きとして新鮮で、今まで味わったことのない素材の旨味と卓越したシェフの技に目を丸くしました。
驚いたのは、シェフのアラン・パッサールさんが気さくにテーブルを回って、いかにも楽しそうに話しかけてくださったこと。
私、すっかりファンになってしまいましたよ。


とても心地よい空間!

アラン・パッサールさん。
気軽に写真にも応じてくださいました。



「ピエール・ガニエール」は、東京店2店舗とも足を運んだことがありましたが、今ひとつの印象があって、一度パリ本店の味を確かめなければ、と思っていました。
そうしたら・・・やっぱり、さすが、本店の味は違う!
次々に刺激的なお料理が登場して、一皿一皿に、唸ることしきり。
多分、私の人生で、最も美味しいリードヴォーを体験しましたよ!
ガニエールさんも、テーブルにいらして、お話することができました。


落ち着いたお席で、ゆっくり食事を楽しみました。



「ル・ムーリス」は、170年の歴史を誇るホテルのなかにあります。
ルイ16世様式のゴージャスな空間で、貴族になったかのような優雅な気分でした。
そこで供された、洗練された現代フレンチは、まるで上質のオペラを楽しんでいるかのように、ドラマチック!
展開される味わいの壮大なドラマに、大興奮の夜でした。
食事を終えて、感動に思わず拍手を贈ってしまったほどです。
シェフのクリストフ・サンターニュさんは、まだ37歳という若さですが、お会いしてお話を伺ったら、とてもナチュラルで、誠実な方でした。


贅沢な空間でした!



夜は三ツ星レストラン、とくれば、昼は勿論、ショコラティエ巡り、ですよね!

パリに来て、ここを外すわけにはいきません。
パトリック・ロジェ。
今回はマドレーヌ広場のロジェのブティックにお邪魔したのですが、ショーウィンドウに飾られた巨大なチョコレートのオブジェが目を奪いました。
さすが天才アーティストのプレゼンテーションですね。


マドレーヌ広場のブティック。

これは、ヒョウ?



ジャック・ジュナンのお店も、訪ねましたよ。
内部にはカフェ・スペースもあって、美味しいくるみのケーキをいただきました。
(すごい人気で、私、40分も並びましたよ。)


モダンなスペースで、ひと息つきました。



どのショコラティエでも、飛びっきりのチョコレートを山ほど買って、手荷物で抱えて、帰国しました。
そして、うちで体重計に乗ってみたら・・・な、な、なんと!
4キロも太ってしまっていたのです。
まあ、あれだけ美食の日々を送ったのですから、しょうがないですよね。
東京では、一転、ダイエットのための粗食の日々となってしまったのでした。。。

それでも、舌に残るパリでの極上の味わいは、今も鮮明に甦ります。
あ〜〜〜、満足、満足、大満足でした。
パリの三ツ星レストラン探訪、この続きは、また来年!


2014年12月1日  

楠田 枝里子