** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



ナスカを想う夜


数えきれない思い出が、次から次に溢れだし、それはもう楽しく、懐かしく、刺激的なひとときでした。
山形大学の坂井正人教授、国立天文台の小久保英一郎教授と、夕飯をご一緒したのです。
おふたりとも、もう20年以上ものお付き合いで、積もる話に花が咲きました。
坂井さんは、若き考古学者として、ペルー、クントゥルワシ遺跡の発掘調査に力を注いでいらした頃からの知り合いです。
マリア・ライへ基金にも多大なご協力をくださり、ナスカでの活動が困難だった時代、私のナスカ・リサーチに同行して、苦労を共にしてくださった方。
パルパ博物館のオープニングにも駆けつけていただきました。
今では、新しいナスカの地上絵の発見・研究に大活躍していらっしゃいます。
小久保さんは、拙著「ナスカ砂の王国」を読んで、ナスカを訪れ、マリアさんから伝言を受け取って、私の元に来て下さったのが、最初の出会いでした。
その縁で、マリア・ライへ基金のために、大地震の後のナスカ・レポートを務めてくださったり、彗星好きの私と一緒に、あちこちに観測に出かけてくださったりしたのでした。
(特に、1997年のヘール・ボップがすばらしかった!)
現在は、日本の天文学の最前線で、お仕事をしていらっしゃいます。


(右)坂井さん、(左)小久保さん


3人揃うのは、何年ぶりでしょう。
ナスカの地上絵研究の最新情報、地球外生命体の存在する惑星の可能性、人類の未来など、次々繰り出す飛びっきり面白いニュースに沸きました。
マリア・ライへのミラドールを新たに建設しようと活動中の田島さんも参加して、あっという間の4時間でした。
本当に嬉しい、心躍る出会いに、感謝!
すばらしい友人たちと、熱い思いを共有し、この人生で貴重な体験を重ねてこられたことを、この上なくありがたく、幸せに感じる夜でした。


2014年11月1日  

楠田 枝里子