** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



チョコレートの季節


街を吹き抜ける心地よい風が、私のケープをひらめかせて・・・。
今年も、嬉しいチョコレートの季節がやってきましたね!

先日、渋谷での仕事の帰り、私は有名ショコラトリー「テオブロマ」に立ち寄りました。
ショーウィンドーには、とりどりのチョコレートに、ケーキ、焼き菓子・・・その先には、ティールームがあります。
私たちは悩みに悩んだ末、それぞれタイプの違うチョコレート・ケーキをオーダーし、席に着きました。
ティールームの壁は一面、すばらしいチョコレート・グッズのコレクション。
古いヨーロッパのチョコレートのパッケージや、ポスター、チョコレートを運ぶ女性を描いた絵画などが、所狭しと飾られています。
いやいや、ティールームだけでなく、ショップ全体が小さな博物館のように、至るところに、色とりどりのカカオや珍しいティーポットやチョコレート関連グッズが溢れているのです。
「土屋さんはいらっしゃいますか?」
と声をかけてみると、奥からにこやかな笑顔のシェフが登場しました。
そう、ここのご主人、ショコラティエ土屋公二さんは、おそらく日本で一番のチョコレート・グッズのコレクター。
このお店は、土屋さんのチョコレートに対する愛で飾られているのですね。
土屋さんとは、2月に、チョコとワインのスペシャル・パーティでもご一緒しました。
「今年もチョコレートのために頑張りましょう」
と、チョコの話をあれこれしているうち、あっという間に時間が過ぎ、閉店ぎりぎりまで長居をしてしまいました。
土屋さんが、最近手に入れたカカオを見せてくださいます。
なんて、美しいのでしょう!!
こんなきれいな木の実の豆から、チョコレートが作られるのです。
土屋さんは、
「これを見て、ステキなんて言う人は、そうそういませんよ」
と苦笑しながら、うふふ、私に譲ってくださいました。


これが、そのカカオ!
長さは、18センチ。
中に50個のカカオ豆が入っています。


もうひとつ、土屋さんが見せてくださったのが、これ!




何だと思います?
巨大なチョコレートの塊?
いいえ、実は・・・。




そう、これ、ノートだったんです。
表紙は、革の細工物。
すばらしいでしょう!!
私が感嘆の声をあげ、このチョコ・ノートをつくづくと眺めているのを見て、土屋さんも、「しょうがないなあ」とお思いになったのでしょう。
この1冊も、いただいてしまいましたよ!!
ふわ〜〜〜、嬉しい〜〜〜!!!
そして、そして。
スパイスやハーブの効いたショコラショーの、なんと美味しかったこと!
(冷凍で、お土産に持ち帰ることもできます。
勿論私も小躍りしながら、1セット抱えてきました。)
ベネズエラのサン・フォアキン農園で収穫されたカカオで作った「サン・フォアキン」というチョコレート・ケーキも、最高の味わいです。

ほんとうに、この上なく、美味しく、暖かく、幸せな夕暮れでした。


2006年11月22日  

楠田 枝里子