** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ ベッリーニの夏

■ ヴェネツィア、仮面のカーニバル

■ サロン・デュ・ショコラ、注目のチョコ

■ ロジェ・ワインに、夢中

■ アラン・デュカスさんの、クリスマス

■ エヴァンさんのクリスマスケーキ

■ フェルベールさんのアトリエ、アルザス

■ J・P・エヴァンさんの、ラボラトリー

■ マリア・ライへ基金、最後の食事会

■ パトリック・ロジェの彫刻展

■ カフェ・フローリアン

■ 速報!パトリック・ロジェのワイン

■ オクトーバーフェスト

■ マリア・ライへ基金より、御礼

■ 幸せな、時間の贈り物

■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



ベッリーニの夏


毎年6月、1週間ほどを、私はヴェネツィアで過ごしています。
下旬になるともう暑いけれど、上旬は爽やかで実に心地よい。




そして、この時期は、「ベッリーニ」のシーズンなのです!
ジョヴァンニ・ベッリーニは、15世紀の、イタリアルネッサンス期、ヴェネツィア派の巨匠。
その名を冠したベッリーニは、ヴェネツィアのハリーズ・バーで生まれたカクテルなんですね。
ジュゼッペ・チプリアーニが考案したもので、スプマンテ(イタリアのスパークリングワイン)と、桃のジュース、グレナデンシロップを合わせたもの。
仄かに大人のピンクがかった、エレガントな一杯です。
実は、ジュゼッペはシロップではなく、少量の砂糖を加えていたのですが、後にグレナデンシロップが一般的になりました。
また、世界に広まるにつれ、スプマンテの代わりにシャンパンを使うことも多くなったのですね。
初夏の爽やかさと、季節のフルーツのフレッシュな甘味が見事なハーモニーをなしていて、私の大好きなカクテルのひとつです。
保存されたピーチネクターを使えば、1年中楽しめるのですが、いやいや、私は桃の旬の時期にしか、飲みたいとは思いません。
新鮮な桃の果実を目の前で絞って、スプマンテと合わせる!
この美味しさを知ってしまったら、もう他の季節に濃縮ジュースを使ったベッリーニなど、いただく気にはならないのです。
そこで!!
6月のヴェネツィアでは、私は毎日ベッリーニを楽しみます。
食前酒としては勿論、ちょっと休憩とか、のどが渇いたな、とか事あるごとにベッリーニを注文してしまうの。

昨年6月、ヴェネツィア初日に、私は、クエリーニ・スタンパーリアというパラッツォで開催されていた「ベッリーニとマンテーニャ展」に向かいました。
(マンテーニャは、ベッリーニの弟子です。)




三十数年ぶりに感動の再会を果たした、マサコちゃんと一緒です。
マサコちゃんは、私の優秀なアシスタントでした。
細やかな心遣いがあり、私が忙しくて食事する時間さえ満足に取れなかった時期には、移動の車のなかでも手早くお腹に入れられるよう、お弁当を作ってきてくれたりしたのですよ。
相次ぐ海外ロケにも同行して、頑張って仕事をこなしていました。
大学卒業したばかりでしたから、慣れない外国で戸惑うことも、苦労することも多かったでしょう。
努力家の彼女はやがて、
「私の英語力では、全く役に立たない。
勉強してきます。」
と一念発起して、アメリカに留学したのでした。
その後、長い年月が過ぎ、まさかヴェネツィアで再会するとは、夢にも思っていませんでしたね。
ひょんなことから、マサコちゃんがヴェネツィア大学の教授を務めているとの情報を得、伝手をたどって、急いで連絡を取ったのでした。
マサコちゃんも、私が毎年ヴェネツィアに滞在していると知り、とても驚いていました。
ひょっとすると、町なかですれちがったこともあったかもしれないけれど、気付かなかったのでしょうか・・・?
ともあれ、奇跡のように美しい町で、すばらしい奇跡が起こったのですね!!!
こんなステキな経験ができるのなら、トシをとるのも悪くないものだなあ、なんて、私はしみじみと感じたのでした。




1年ぶりの町歩きをマサコちゃんと楽しみ、ベッリーニの展覧会を堪能しました。
食事の予約をしていたレストランのバーに落ち着き、マサコちゃんと最初のベッリーニで乾杯しました。
格別のベッリーニの味でした。
30年のブランクなど、たちまち飛び越えて、つもる話に花が咲きました。
マサコちゃんはアメリカで勉強したあと、ロンドンの会社で仕事をしていたそうです。
ある年、バカンスで訪れたヴェネツィアで、電撃的な恋に落ち、結婚して、イタリアに移り住んだということでした。
そのうち、大学で教鞭を取ることに・・・。
まあ、なんてドラマチックな人生でしょう!!
夜遅くまで、飛びっきりのヴェネツィア料理に舌鼓を打ちながら、大興奮で話し続けました。
(私のヴェネツィアの美味しいレストラン・リストは、なかなかのものですよ。
ガイドブックが書けるくらい・・・笑。)
さらに翌日には、マサコちゃんとムラーノ島まで出かけ、ヴェネツィアン・グラスに感嘆して回りました。


気に入りのカルロ・モレッティのお店で。
ディナーのレストランのテーブルで。


さて、 マサコちゃんと「また来年、会いましょう!」と約束をして別れたのですが・・・。
なんて残念なことでしょう。
愛猫マフィンの体調が悪く、今年の6月は長期に渡欧することが難しくなってしまいました。
パリでどうしても外せない用事をいくつか済ませて、超特急で帰ってくる予定です。
いつものように、ヴェネツィアでのんびりする余裕がないのです(泣)。
仕方がありません、1年先にお楽しみを取っておくことにしましょう。
でも・・・今年のベッリーニはどうしましょうか?
パリのレストランで友人と、あるいは再びいつものホテルのバーで、美しい季節の到来を祝うことにしましょう!



おまけの情報(1)
ベッリーニ発祥のハリーズ・バーは、あまりにも有名になりすぎて、いつも観光客でいっぱいなので、私はもう行きません。
2Fのレストランを予約して、大きな窓いっぱいに広がるグランドカナールを眺めながら食事をするのは、なかなかステキですよ。

おまけの情報(2)
ベッリーニは、勿論ヴェネツィアが本場ですが、そこまで行く暇がないという方、ミラノのフォーシーズンズホテルのバーで味わうベッリーニも、絶品ですよ。
ミラノでは、私はいつもここで、ベッリーニをいただきます。
お試しあれ!

おまけの情報(3)
ヴェネツィアのハリーズ・バーで生まれたベッリーニがあまりにも評判になったため、触発されたフィレンツェのハリーズ・バーが、「ティッツィアーノ」というカクテルを発表しました。
桃のジュースを、グレープフルーツジュースに置き換えたもので、これもとても美味しい。
季節を問わず、楽しむことができます。
ティッツイアーノは・・・ベッリーニの弟子のひとりなんですよ。
オシャレな話でしょう!


2019年6月8日  

楠田 枝里子