** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



毎日、シュパーゲル


今年も!
5月の旬のシュパーゲル、満喫してきましたよ!!
日本のアスパラの4倍ほどもあろうかという、堂々たるドイツの白いアスパラガス。
かの地では、この時期、市場やスーパーに山盛りのシュパーゲルが並び、どのレストランにもシュパーゲル・メニューが躍って、私たちを誘っています。
ええ、もちろん私も、馴染みのデュッセルドルフで、毎日シュパーゲル三昧でしたよ。
いつも行きつけのヴィクトーリアンというレストランに足を運ぶのですが、お昼に、仲良しのアポテケ(薬局)のティナさんとおしゃべりしているうち、
「ヴィクトーリアンは味が落ちたわよ〜」
との噂を耳にして、急遽、ラ・テラッツァに予約変更。
ここも、私がよく通っていた気に入りのレストランのひとつです。
「そうね、ラ・テラッツァはいいアイデアね」
とティナさん。
急いで友人たちに連絡し直して、無事その日のディナーを迎えることができたのでした。


メインディッシュは、あくまでもシュパーゲルが主役。
ステーキもカツレツも、その添え物という扱いです。

デュッセルのお友だちと。
ガラス張りの窓の向こうには、豊かな緑が揺れていて、
とってもきれいでした。



私が定宿としているホテルのメインダイニングでも、すばらしいシュパーゲル・メニューをいただくことができました。


前菜の、シュパーゲルのパンナコッタ。
といっても、デザートではありません。、
シュパーゲルのエッセンスがつるんと優しく形をなしていて、
その上に、緑と白のアスパラが美しくデコレーションされていました。

シュパーゲル・クレーム・ズッペ。
ほのかにアスパラの優しい甘味が漂う、クリーム・スープです。
泡立たせてあって、本当になめらかで、上品で、香り高い。

シュタンゲン・シュパーゲル。
つやつやのシュパーゲルを、オランデーズ・ソースでいただきました。
(バターソースでも美味しいですよ。)
新じゃがも、まさに今の季節のもので、付け合わせに欠かせませんね。



窓際のお席で、緑のお庭の向こうに、リベスキントの斬新な建築を眺めながら、ゆっくり夕食を楽しみました。


もう夜の9時だというのに、こんなに明るいの!



満足、満足。
今年も本場のシュパーゲルを堪能しました!


2016年6月22日  

楠田 枝里子