** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ サロン・デュ・ショコラ、注目のチョコ

■ ロジェ・ワインに、夢中

■ アラン・デュカスさんの、クリスマス

■ エヴァンさんのクリスマスケーキ

■ フェルベールさんのアトリエ、アルザス

■ J・P・エヴァンさんの、ラボラトリー

■ マリア・ライへ基金、最後の食事会

■ パトリック・ロジェの彫刻展

■ カフェ・フローリアン

■ 速報!パトリック・ロジェのワイン

■ オクトーバーフェスト

■ マリア・ライへ基金より、御礼

■ 幸せな、時間の贈り物

■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



アラン・デュカスさんの、クリスマス


ステキ、ステキ!!
フランス料理界の巨匠、アラン・デュカスさんのところから、チョコレートのクリスマス・ツリーが届きました!
こんなオシャレなボックスに入っているの。




箱を開けると・・・まあ!!
あたりはたちまち、チョコレートの甘い香りに包まれます。


左下に入っているのは、仕上げをするさいに使う、白い手袋。
手が汚れないように、またチョコレートが手の熱で溶けてしまわないようにという、
きめ細かな心配りなんですね。
すばらしい!


なんと、プラモデルのセットのような、組み立てキットになっているんです。
アラン・デュカスの、さすがのセンスですね。
私は大喜びで、ウキウキと、クリスマス・ツリーをセッティングしました。
あっという間に、こんなチャーミングなツリーが完成!!!




ナッツやドライフルーツをあしらった、極上のチョコレートです。
美味しそ〜〜。
でもクリスマスまでは、食べるなんて、もったいない!
ガラスのケースに入れて、しばらく飾っておくことにしました。




実は、私は、クリスマス・ツリーが大好きで、旅先で見つけた気に入りの小さなツリーを、この時期テーブルにずらり並べて、楽しんでいるのですね。
こんな感じです。




ヴェネツイアの、ガラスのツリー、
ニュルンベルクの、木と蜜蝋のツリー、
赤と緑の、フランス、バカラのツリー、
ロンドンの、猫たちが遊ぶ陶器のツリー、
スペイン、リアドロのツリー、
ドイツの、お菓子缶のブリキのツリー、
ストックホルムの、真っ白なツリー、
ロシアの、サンタさんのマトリョーシカ、
・・・などなどなど。

これに、デュカスさんのチョコレートのツリーが加わって・・・




一段と華やかで豪華なクリスマス・デコレーションになったでしょ!
ああ、嬉しい!!!

42年前、チョコレートの道を選ぼうか、料理の世界に入ろうか、悩んだという、アラン・デュカスさん。
あまりにも有名なグラン・シェフとして大成功を収めながらも、チョコレートへの愛情を持ち続け、ついにパリに、チョコレート工房をスタートさせました。
そして今年の春、日本、東京の日本橋にも、ブティックを展開。
絶品のチョコレートは勿論のこと(8種類のプラリネのボックスが、私の一番のお薦めです)、2Fのサロンでは、ここでしか味わえない特別なスイーツもオーダーできますし、チョコレートを作っている工房も見渡せるという、驚きがいっぱいのお店なんですよ。
チョコのクリスマス・ツリーも、ここで手に入りますが、さあて、それでは、デュカスさんのクリスマス・ケーキはいったい、どんな感じになるのでしょう?
まだ、写真しか公開されていないのですが、見てください!




なんてクールなデザインでしょう!
私たちの持つ平凡なケーキのイメージとは全く異なる、スタイリッシュで大人のケーキ!!
これもまた、デュカスさんの抜きんでたセンスでしょう。
切り口を見ただけで、心が躍り、魅了されますね。
注目のペルー産カカオでシェルを作り、層をなしているのは、プラリネ・フィヤンティーヌ、クレームショコラ、なめらかにとろけるキャラメル、ビスキュイショコラ・・・。
さくさく、ザクザクという食感がアクセントになっているようで、これはもう、美味しくないはずがないっ!
私も、食べないではいられません。
できあがり次第にと、注文をしてしまいました。
わ〜〜、待ち遠しい!!

ところで、12月のアラン・デュカスのスペシャリティは、このツリーとケーキだけではありません。
なんと!
デュカスさんの「ショコラの言葉」というブックが、出版になりましたよ!!
チョコレートの世界が辞書のようにレクチャーされていて、とっても美しく、面白い構成なのです。




Aから始まって、最後のXのページは、アステカの愛と美と豊穣の女神で締める、という心憎い演出です。
ここにも、ツリーをプラモデル・キットのように拵えた、デュカスさんの極上の遊び心とアイデアが伺えますね。
そして!
この本の翻訳を担当したのが、藤田美香さんという、とても魅力的な女性、私の友人なんです!!
フランス語―日本語の通訳さんで、美香ちゃんほど優秀な人を、私は知りません。
日本語を正確に訳せるプロは他にもいるでしょうけれど、美香ちゃんはなんと、パッションまで情熱的に表現してくれるのです!


アラン・デュカスさんと私の間にいるのが、藤田美香さん。
日本橋の「ル・ショコラ・アラン・デュカス」にて。


美香ちゃんの力作「ショコラの言葉」を読めば、チョコレートがもっと好きになる!!
日本橋、あるいは六本木ヒルズのブティックで、ぜひご覧になってくださいね!

さあ、私は、デュカスさんのチョコレートのツリーをうっとり眺め、「ショコラの言葉」のページを繰りながら、クリスマス・ケーキが出来上がってくるのを待つばかり。
ワクワクの12月を過ごしていますよ!!
皆さんも、どうぞ幸せなクリスマスを!!


2018年12月8日  

楠田 枝里子