** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



夏、祭りのあと


あ〜〜〜、
終わってしまいました、私の「ピナ月間」。


毎日、毎日、劇場へ行って、美しいパフォーマンスに酔いしれて・・・。
そのあとは、ピナやダンサーたちと、ご飯を食べにいって、一緒に遊んで・・・。
楽しかったあ〜〜〜。


全員集合!


新作「TEN−CHI」が、5月ヴッパータールで初演されたとき、みるみる大きく変化していくので、驚きと興奮の連続だった、って書きましたよね。
それがね!
なんと、今回の日本公演でも、そうだったの!
ドレス・リハーサルを見たら、ヴッパータールとあまりに違っているので、
「まあ、この1ヵ月半で、大幅な変更を入れたんだ〜」
と感心してたら、翌日のプレミエで、またがらりと変っていて、もう仰天するばかり!
特に音楽は、40%近く、変更になっている印象でしたよ。
その後も、連日、次々に変貌を遂げる作品の姿に、目が離せない。
けっして満足することなく、もっともっとと高処を追い続けるピナのエネルギーもものすごいけど、それに間違いなく付いていくダンサーたちも、すごいね!
そのうち、もうちょっと詳しく、「ピナ・バウシュ中毒」のセクションに書きますから、待っててね。


プレミエのあとのパーティ会場にて、ピナと。
私が右手につけているのは、
ピナとダンサーたちからプレゼントしてもらった、ブレスレット。
私の宝物なの。

左から、マリオン、メヒトヒルト、エリコ

ジュリー(シャナハン)とライナーの息子の、セミヨン。
かわいい〜!
音楽に合わせて、はやくも、飛んだり跳ねたり。
将来は間違いなく、スター・ダンサーだね!



とっても嬉しかったことがあります。
劇場で、何人かの人に声を掛けてもらいました。
ほとんどが若い女性で、パフォーマンスを見たあとで、みんな涙してたんです。
で、私にこう言ってくれたの。
「『ピナ・バウシュ中毒』を読んで、初めて舞台を見にきました。
ほんとうに、感動しました!
こんなにすばらしい世界を教えてくださって、ありがとう」
って。
私はもう、胸がいっぱいになって、言葉につまり、
「私のほうこそ、嬉しいです、ありがとう」
と、何度も繰り返しお礼を言うばかりでした。
ピナが与えてくれた幸せというのは・・・表現されたパフォーマンスから体感されるものや、ピナやダンサーたちとの直接の触れあいの中で心に染みるものに加えて、さらに、見知らぬ人とも通い合うことができる、こういう新しい形でももたらされるものなんだ、と改めて知って、私はなおいっそう、ピナ・バウシュの世界の深さを噛みしめたのです。
幸せ、って思いがけずいろんな形で姿を現すんですね。
そういうことに気付かせてもらえるのは、なによりありがたいことだと、私は心から感謝しています。
そう、だから!
寝不足でも、疲れていても、どんなに遠くても、ピナのところに飛んで行っちゃうんですよね!!


な、な、なんだ、この怪しい3人。

と言いながら、私も・・・。

ハーレム!?!



おっとーっ!
たいへんだあ〜〜〜!!!
いつまでも、甘い思い出に浸ってはいられません!
秋に出る単行本の、原稿の締め切りなの!!

それが終わったら、9月には、ペルーへ飛びます。
砂漠のなかに、2年をかけて建設してきた、私たちの博物館が、ついに完成するの!
私は、オープニング・セレモニーと記念シンポジウムに出席します!!!
(詳しくは、「マリア・ライヘ基金」を読んでね。)

さあ、急がなくっちゃ!
私の夏は、終わりました・・・。


2004年8月1日  

楠田 枝里子