** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ クリスマス・マーケット

■ 愛猫マフィン、虹の橋へと

■ ロジェさんのアトリエ、情熱のボレロ

■ ピナ・バウシュからの招待状

■ 今年の、私のクリスマス・ケーキ

■ ラ・メゾン・デュ・ショコラに拍手

■ 「鮎正」の鮎尽くし

■ ベッリーニの夏

■ ヴェネツィア、仮面のカーニバル

■ サロン・デュ・ショコラ、注目のチョコ

■ ロジェ・ワインに、夢中

■ アラン・デュカスさんの、クリスマス

■ エヴァンさんのクリスマスケーキ

■ フェルベールさんのアトリエ、アルザス

■ J・P・エヴァンさんの、ラボラトリー

■ マリア・ライへ基金、最後の食事会

■ パトリック・ロジェの彫刻展

■ カフェ・フローリアン

■ 速報!パトリック・ロジェのワイン

■ オクトーバーフェスト

■ マリア・ライへ基金より、御礼

■ 幸せな、時間の贈り物

■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



クリスマス・マーケット


昨年の11月末、私はドイツを旅していて、デュッセルドルフのクリスマス・マーケットに飛び込むことができたのは、今思うと、本当にラッキーでした。




祝祭の季節の到来を告げるクリスマス・マーケットは、ドイツ発祥と言われています。
2500ヵ所で開催され、国内外から訪れる観光客は1億6000万人にも上るという、一大イベント。
町はきらびやかに飾り付けされ、大きな広場を中心に、絵本の世界さながらの、かわいい家の形の出店がずらり並んでいます。




クリスマスツリーやリース、サンタさんや聖人の人形、オーナメントの数々など、クリスマスにちなんだ商品だけでなく、愛らしいぬいぐるみや、カラフルに光り輝くランプ、細工物のアクセサリーも、伝統工芸品も、勢揃い!!
星や人やハートに形作られたレープクーヘン(ドイツならではのシナモンやクローブなどのスパイス入りケーキ)のお店が、お祝いムードを盛り上げます。
グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家は、レープクーヘンでできていたということ、ご存じでしたか?




この時期なじみの温かな赤ワイン、グリューワインや、クレープ、焼きソーセージなどの店から、美味しそうな匂いが溢れて、道行く人々を誘います。
豪華に装飾された、きらめくメリーゴーラウンドが回り、子供たちが歓声を上げています。



その町らしい特徴があるのも、楽しみのひとつ。
たとえば、ドイツで最も有名なクリスマス・マーケットを誇るニュルンベルクは、オモチャの町としてよく知られ、丁寧にハンドメイドされた、夢のある木製の玩具でいっぱいでした。
私はニュルンベルクの名物ソーセージ、ニュルンベルガーに舌鼓を打ち、レープクーヘンの老舗で、評判のエリーゼン・レープクーヘンをほおばり、蜜蝋のロウソクを飾った素朴な木造りのクリスマス・ツリーを買い求めました。
(ツリーは今でも毎年、私のテーブルに飾ります。
火をつけると、甘いハチミツの香りが広がるのですよ。




ミュンヘンのクリスマス・マーケットでは、歴史的な大仕掛け時計で知られる市庁舎前の広場に、ツリー用の大きなモミの木が山となっていて、人々が自宅用にと吟味していたのに、目を奪われましたね。
隣りの露店では、色とりどりのフレッシュフルーツが、こぼれんばかりに積み上げられ、華やかに飾りを付けた店々が、どこまでも続いていました。
私はここで、天使のオーナメントと、あたたかな手袋を買い求めたことを、懐かしく思い出します。
ミュンヘンの冬はとても寒く、手の大きい私は、当時日本でサイズの合う手袋を見つけることができなかったので、大喜びでした。

私自身、たくさんの思い出のあるドイツのクリスマス・マーケットですが、コロナ禍にあって、今年は開催が難しい状況です。
フランクフルトやニュルンベルクは、10月すでに中止が発表されましたし、ヨーロッパ全土に広がる感染再爆発の深刻な事態に、ドイツ中の多くの町から続々とクリスマス・マーケット取り止めのニュースが届いています。
残念ながら、今年は、寂しい年末となりそう。
せめて、このページで、去年私が訪ねたデュッセルドルフの写真をご覧いただいて、クリスマス・マーケットを味わってくださいね。






2020年11月10日  

楠田 枝里子