** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



ホワイトアスパラの季節


風薫る5月にドイツの町を旅する大きな喜びのひとつは、何といっても、「シュパーゲル」!
この季節に旬を迎える、白いアスパラガスです。
最近では日本のスーパーでも目にするようになってきましたが、ドイツ本場のホワイトアスパラは、その4倍の大きさがあろうかという、堂々たる代物。
「野菜の王様」と呼ばれ、メインディッシュに登場します。
しかも、付け合わせとしてステーキやハムやカツレツを従わせて、テーブルに姿を現すという贅沢さ。
オランデーズソース、あるいはバターソースをかけていただきます。
私は、デュッセルドルフの馴染みのレストラン、ヴィクトーリアンで、毎年友人たちと、シュパーゲル・ディナーを堪能しているのです。
前菜は、やはりこの時期のマイ・ショレ(5月のカレイ)!
シュパーゲル・クレーム・ズッペ(白アスパラのクリームスープ)も、外すことはできませんね。


ヴィクトーリアンにて、デュッセル在住の古い友人たちと。



ごめんなさい、食べるのに夢中で、肝心のシュパーゲルの写真を撮るの、忘れてました。
来年、必ず、披露しますね!

そのかわりと言っては何ですが、定宿にしているシュタイゲンベルガー・パルク・ホテルのレストランでもシュパーゲルをいただきましたので、その写真をご覧になってください。


シュパーゲル、フィレステーキと新じゃが添え。



ヴィクトーリアンのシュパーゲルより、繊細でエレガントな仕上がりになっています。
春の喜びに満ち溢れた新鮮な味わいに、とろーり、つやつや、黄金色のソースが流れて・・・。
は〜〜〜、今思い出しただけで、至福の時が甦ります。
また、来年を心待ちに!


2015年7月31日  

楠田 枝里子