** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ マリア・ライへ基金より、御礼

■ 幸せな、時間の贈り物

■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



天の助け


いやあ、今年の夏は、涼しいですねえ。
農作物や夏物の製品の数々に関わっていらっしゃる方には、本当に申し訳ないのですが、私はこの気候におおいに助けられました。

実は、私は暑さにからきし弱い。
気温が30度を超えると、機能停止に陥ってしまうほどです。
テレビ局のスタジオはとても暑いので、いつも、
「お願い、クーラーを全開にしてね」
とスタッフに頼みこんでいるんですよ。
でないと、無口になっちゃうの、司会者なのに。
(テレビ番組に出演していて、私が妙に静かだったら、それは暑いということなんだな、と解釈していただいて、ほぼ間違いないです。)
「世界まる見えテレビ特捜部」の所ジョージさんは、逆に、とても寒がりなんですよね。
だから、収録スタジオは大変。
所さんは、
「寒い、風邪ひいちゃうよ」
と悲鳴をあげるし、私は、
「暑い、あー、もう意識がなくなる」
と、フラフラの状態。
でもね、寒い場合は、長袖にするとか、少し余分に服を着れば、解決できるでしょ。
暑いのは、そうは簡単にいかない。
だって、脱ぐのには限度があるし、たとえ裸になっても、暑いのは暑い。
ですので、どうか皆様、ご協力のほど、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

そうそう、この涼しさに助けられた、っていうのは・・・。
実は私、ずっとこもって、10月出版予定の単行本のための原稿を、書き下ろしていたんです。
(だから、このメッセージのページも、2箇月近く更新できなかったのです。
すみません。)
6月にヨーロッパに出かけていたのも、その最後の取材旅行でした。
本来なら、最も美しい快適な季節のはずなのに、どういうわけか今年は、パリもミラノも、記録的な猛暑。
毎日35度とか、40度を超えちゃうんですよ。
もう、まいりましたね。
といっても、夕方4時くらいに劇場脇のカフェに集まって、ダンサーたちや劇場関係者らと会っておしゃべりし、夜パフォーマンスを見たあと、夜中の12時くらいからまた皆とにぎやかに遅い夕飯を楽しみ、2時、3時まで、という規則正しい(?)毎日だったので、一番気温が上がる時間帯には、私は動きませんでしたけどね。
それでも、異例の暑さに疲れはてて帰国して、日本もいつもの調子で暑かったら、きっとまだ原稿は仕上がってないと思います。
おかげさまで、先週末、無事脱稿しました!
嬉しい!!!
勿論、このあと、年表を作ったり、写真のキャプションを付けたり、いくつか細かい作業が残ってはいるのですが、でも、本文は完成しましたから、もういいですよ、暑くなっても。
ま、何て勝手なヤツでしょう!
お許しください。

10月の新刊書、楽しみにお待ちくださいね!!!

2003年7月27日  
楠田 枝里子