** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



ゴンドラに揺られて


水の都ヴェネツィアに初めて飛んだのは、もう30年以上も前になるでしょうか?
古いパラッツォで開催されていたモダンアートの美術展に足を運ぶためでした。
私はたちまち、ヴェネツィアの奇跡のような美しさの虜になり、その後数えきれないほどこの地を訪れることになりました。
テレビの番組の撮影のための旅もありましたし、仮面のカーニバルに参加しようと特製の衣装を拵えていったことも、1度や2度ではありません。
ピナ・バウシュがフェニーチェ劇場で公演するとなると、彼女たちと同じホテルに滞在し、1週間を共に過ごしました。


テアトロ・ラ・フェニーチェ



けれども、ヴェネツィア名物のゴンドラを体験したのは、最初の1回だけでした。
幾度もこの地に立つうちに、ゴンドラに乗るなんて「お上りさんみたいで恥ずかしい」と感じるようになっちゃったんですね。
でも・・・。




今年ばかりは、誘惑に打ち勝つことができませんでした。
「もう一度、ゴンドラに乗ってみよう」
と勇気を奮い起こしたのです。
さすがに真っ昼間に観光客を気取るのは憚られましたので、そろそろ陽も落ちるという黄昏時を選び、私はひとり、ゴンドラに身を沈めました。
それはもう、信じられない優美なひとときでした。
目に入るどの情景も、現実のものとは思われない、幻想的なものでした。
その心震わす感動は、とても写真にうつしとれるものではないのですが、このページで、ほんの少しでも皆さまに味わっていただければ幸いです。




狭い運河をゴンドラがすれちがうたびに、互いに軽く挨拶を交わし、歌手や楽隊を乗せた大きなゴンドラから耳に届くみごとなカンツォーネに拍手を贈りました。
最後に、ゴンドリエッレのマリオと、記念撮影。




ああ、また来年もヴェネツィアに旅して、ゴンドラに乗ろう!

2015年11月25日  

楠田 枝里子