** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



パリにて、チョコレート三昧


6月のパリ!
なんと刺激的な日々だったことでしょう!!!


大好きなショコラティエに会って、お話を伺えたのは、飛びっきり幸せな体験でした。

パトリック・ロジェは、私がこのところ最も注目しているショコラティエです。
まだ日本には上陸していないため、彼のチョコを手に入れるのは大変。
ましてや、会って話が聞きたいなんて、無謀な試みだったのですが、嬉しいことに、パリ在住のジャーナリストの知人の応援を得て、実現することになりました。
しかも、パリ郊外の、彼のアトリエにまで入れていただけたのです!
魔法のようにチョコレートができあがってくる現場で、インタビューさせてもらいました。
(その内容はどこかで詳しく披露できるといいなと思っています。)
彼は、次々にイメージを形作っていく、とても繊細で天才的な造形作家でした!
どういうところから造形のヒントを得るのかと聞いたところ、「まわりに自然にあるものから何でも・・・たとえばあなたの姿からもチョコレートのオブジェが生まれますよ」と言うなり、近くにあった紙にささっとスケッチをし、チョコレートの断片を組み合わせて、形を作ってくださいました。
大感激!!!


パリの一番新しいブティック。
エメラルド・グリーンのパッケージが鮮やかです。
ジェリーやヌガーやジャムも。

ロジェの故郷の緑の森をイメージしたお店です。
チョコで拵えた大きなクマまで、飾られていました。

チョコレートで、私のオブジェを作ってくれました!

とても繊細な天才ショコラティエです。



リシャールさんも、パリのブティックで、待っていてくれました。
お会いするのは2度目ですが、常に優しい微笑をたたえた、とっても誠実な方です。
チョコレートが好きで好きでたまらなくて、1日中チョコのことを考えているといった印象。
新しいアイデアを次々と話して聞かせてくれました。
カカオのパーセンテージ、カカオ豆、原産地に着目した画期的なチョコレートのセット(「ウルトラマンス」と呼ばれる作品)は、実はリシャールさんが21年前に最初に世に出したのですよ。
それが大評判となり、後を追うように他のショコラティエたちも真似をして、同じような商品を出すようになったのでした。
すばらしい!
リシャールさんのお店は、日本にもありますから、ぜひお出かけくださいね。


リシャールさんのブティックにて。



昼間の興奮さめやらぬなか、夜は夜で、食の贅沢が待ち受けていました。
ディナーのために、選びに選んだレストランへ向かいます。
う〜む、驚きの味わいに、連日唸ってばかりです。
夜7時から夜中の12時すぎるまで、えんえん食事を楽しんでいました。
207年もの歴史を誇る「ルドワイヤン」の厨房に入れてもらって、シェフの話を聞きながら、シャンパンを開け、お料理をつまませてもらったのも、この上ない愉快な時間でした。


旅の途上で親切にしてくださった皆さんに、心から感謝いたします。

さて、さて。
出発の日の朝まで、私はチョコレート三昧をしておりました。
チョコレートのトリートメントを受けに、スパに向かったのです。
サロンで喉を潤し、個室に案内されると、そこはアロマ漂う中世風の優雅な空間。
まずはチョコレートのスクラブで、足の先まで磨き上げます。
次は、チョコレートのパック。
全身をカカオですっぽりと包み込まれ、まるで自分が上質のアーモンドチョコレートのアーモンドになったみたい。
さらにはカカオのオイルを使った全身マッサージで、リラックス。
あまりに気持ちが良くて、途中でうとうとしてしまいましたよ。
最後は、お茶と本物のチョコレートのテイスティングで、仕上げ。
2時間後にサロンを出るときには、私の体の隅々まで、チョコレートの匂いで満ちていました。

そして・・・ええ勿論、帰りの機内の持ち込み手荷物は、チョコレートでいっぱいでしたよ。


2008年7月1日  

楠田 枝里子