** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ 幸せな、時間の贈り物

■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



寒い冬の日は、りんごのケーキで


一年で、今が一番寒い時期。
そんな季節にぴったりの、私の大好物のお菓子をご紹介しましょう。
ちょっと舌を噛みそうな名前ですが、ドイツのApfelstrudel(アプフェル・シュトゥルーデル)という、あたたかいりんごのタルトです。
ご覧ください。


こんなふうに、焼きあがります。
生地の肌が、つやつやでしょ。
これを輪切りにして、盛り付けると・・・。
中から、ほら、旨みたっぷりのりんごが!
私はいつも、バニラアイスと、
大盛りのホイップクリームとともにいただきます。
4人分をいっぺんに平らげてしまうことも!


しゃきっとしたリンゴの酸味と、生地のしっとりとした甘やかさ、蜂蜜とバニラの香りにシナモンのアクセントが効いて、とっても美味し〜〜いのです!
バニラソースが付きますが、それだと甘くなりすぎるので、私はむしろ、バニラアイスクリームとシュラークザーネ(ホイップクリーム)を添えるのが、好きですね。
ドイツのホイップクリームって、日本のものと違って、あっさりしていて、触れるとすぐ消えてしまいそうなくらい、ふわっふわで軽いのですよ。

この写真のアプフェル・シュトゥルーデルは、東京、六本木の"Zum Einhorn"(ツム・アインホルン)という、ドイツ料理店のものです。
ここなら、間違いなく美味しいアプフェル・シュトゥルーデルに出会うことができますよ。

アプフェル・シュトゥルーデルは、りんごが旬の10月から2月までしか食べられません。
さあ、あと1ヵ月、たっぷり楽しみましょう。


2007年1月25日  

楠田 枝里子