** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ マリア・ライへ基金より、御礼

■ 幸せな、時間の贈り物

■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ スタッフを、募集しています

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



クリスマス・ケーキ、シュトレン


ドイツ、ミュンヘンから、大きな箱が届きました。
送り主は、ピナ・バウシュのゼネラル・マネージャーだった、マティアス・シュミーゲルト。
(マティアスについては、「ピナ・バウシュ中毒」のページを見てね。)
開けてみると、まあ、KreutzkammのStollen(シュトレン)ではありませんか!


ミュンヘンからの「シュトレン」


Kreutzkamm(クロイツカム)は、1825年ドレスデンに創業した歴史ある菓子店で、のちに本店をミュンヘンに移して現在に至っています。
シュトレンは、ドイツのクリスマス・ケーキ。
ぎゅっと旨みの詰まったフルーツケーキで、日本人が思い描くような華やかさはないけれど、その深い味わいは、誰もが大きく頷く美味しさです。
ドイツには、各家庭の味のシュトレンがあるんですって。

そうこうするうちに、いつもの私の「シュトレン」も到着しました。


ゴッツェさんのシュトレン。
幼いキリストがおくるみに包まれているような形をしています。


ヘッセやゲーテの作品を日本に紹介なさったドイツ文学者の、今は亡き高橋健二先生から、
「日本で一番美味しいシュトレンですよ」
とご紹介いただいて以来、毎年、私はもう20年以上も、クリスマスを、このシュトレンとともに迎えているのです。
日本国内のみならず、本場ドイツからも注文があるそうですから、これは「世界一のシュトレン」と言えるかもしれません。
確かに、この時期いろいろなメーカーのシュトレンを口にする機会がありますが、ゴッツェさんの味を凌ぐものは、なかなか見つからないのですよ。


シュトレンは1センチくらいの厚さに切って、
いただきます。
イースト菌を使ったフルーツケーキで、
中にアーモンドやレーズン、カレンツ、
オレンジピールなどがたっぷり入っています。
ゴッツェさんの、
かわいいクリスマス・クッキー。
これがまた楽しくて、
とっても美味しいの!
まさに、ドイツの味。


ゴッツェさんは、長く吉祥寺にお店を開いていらっしゃいましたが、数年前にクローズして、今は「シェフ・パティシエ、ショコラティエ、スイス・ドイツ菓子のコンサルタント」として、幅広く活動していらっしゃいます。
そしてこの季節、昔からの得意客のためだけに注文を受け、シュトレンを焼いて、分けてくださるのです。
シュトレンは特別なものだから、ゴッツェさんは厨房にこもって、祈りながら焼くそうです。
そんなゴッツェさんの心のこもったシュトレンを、今年も味わうことのできる幸せを、私は噛みしめています。

ゴッツェさんのホームページは、こちら。
http://homepage3.nifty.com/e-youko/goetze
ぜひ一度、覗いてみてくださいね。

それでは、どうぞ皆様、楽しいクリスマスを!!


2006年12月8日  

楠田 枝里子