** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
■ おもしろ消しゴムの、イワコー

■ ショコラ・エ・ショコラ

■ ドイツから、友情のプレゼント

■ 新年にあたって

■ クリスマス・マーケット

■ 愛猫マフィン、虹の橋へと

■ ロジェさんのアトリエ、情熱のボレロ

■ ピナ・バウシュからの招待状

■ 今年の、私のクリスマス・ケーキ

■ ラ・メゾン・デュ・ショコラに拍手

■ 「鮎正」の鮎尽くし

■ ベッリーニの夏

■ ヴェネツィア、仮面のカーニバル

■ サロン・デュ・ショコラ、注目のチョコ

■ ロジェ・ワインに、夢中

■ アラン・デュカスさんの、クリスマス

■ エヴァンさんのクリスマスケーキ

■ フェルベールさんのアトリエ、アルザス

■ J・P・エヴァンさんの、ラボラトリー

■ マリア・ライへ基金、最後の食事会

■ パトリック・ロジェの彫刻展

■ カフェ・フローリアン

■ 速報!パトリック・ロジェのワイン

■ オクトーバーフェスト

■ マリア・ライへ基金より、御礼

■ 幸せな、時間の贈り物

■ サロン・デュ・ショコラ2017

■ サロン・デュ・ショコラ・パリ

■ マルコリーニさんのアトリエ

■ 世界のどこかで

■ 毎日、シュパーゲル

■ ペギー・グッゲンハイム・コレクション

■ サロン・デュ・ショコラ2016

■ チョコレート、チョコレート

■ ゴンドラに揺られて

■ ピナ・バウシュを追いかけて

■ ホワイトアスパラの季節

■ 絵本「かぞえる」

■ パリ、美食の日々

■ ナスカを想う夜

■ ヴッパータール、ヴッパータール

■ なるほど!同窓会

■ スイスの休日

■ ナスカ・パルパを巡る国際講演会

■ 長谷川博さんのこと

■ ピナ・バウシュに会うために

■ チョコレートの奇跡

■ J.P.エヴァンのクリスマス・コレクション

■ ピナを想う

■ 楠田枝里子オリジナル・ジュエリー

■ 2010年の初めに

■ ピナ・バウシュ追悼

■ 訃報

■ 年賀状

■ 楠田枝里子のフィギュア消しゴム

■ パリにて、チョコレート三昧

■ 春の宴

■ 「パレルモ、パレルモ」に酔う

■ 年明けのご挨拶

■ チョコレート・レストラン

■ ピナ・バウシュの新作に酔う

■ 生駒編集長からのプレゼント

■ 話題のラス・シクラス遺跡

■ まるみえ誕生会2007

■ 寒い冬の日は、りんごのケーキで

■ 自分の力で、電気を起こす

■ どうぞ良いお年を!

■ クリスマス・ケーキ、シュトレン

■ チョコレートの季節

■ 新発見、ナスカの地上絵

■ まるみえ、似顔絵大会

■ ナスカ、パルパそしてシクラスへ

■ バー・ラジオ

■ 5月の静かな涙

■ まだ、ピナ月間

■ いざ、ピナ月間

■ まるみえ誕生会2006

■ 2006年の、ニューフェイス

■ サイン本と、衣装プレゼント

■ パラシュート

■ 東京湾大華火祭

■ ダイアン、フロイト、そしてピナ

■ 続く、ピナ月間

■ また、ピナ月間

■ バルタバスの春

■ 新年に、絵本メール

■ チョコレート・ダイエット

■ ナスカへ

■ 夏、祭りのあと

■ 私のピナ月間

■ 夢のような日々

■ ゆかいな帽子

■ 珍しいキノコ

■ 真っ暗闇のなか

■ 新年は花火とともに

■ お礼

■ FNS歌謡祭

■ ピナ・バウシュ中毒

■ 衣装プレゼント

■ 火星、大接近!

■ からくり人形

■ 天の助け

■ 検索エンジンの不思議

■ ペルーの子供達

■ 鯉のぼりを着る

■ お掃除ロボット

■ まる見え誕生会

■ はじめまして!


Copyrights



おもしろ消しゴムの、イワコー


それはもう、すばらしい1日でした。
この秋、日本一のおもしろ消しゴムメーカー、イワコーの埼玉本社、工場を、久しぶりに訪ねたのです。
創業者の岩沢善和さんに、またお会いしましょう、とずっとお約束していたのでした。


創業者の岩沢善和さんと。
「ボクはね、世界中の子供たちを、消しゴムで、笑顔にしたいんです」
とおっしゃいます。
88歳におなりですが、お肌はつるつるピカピカで、
お元気で毎日お仕事していらっしゃるのです。


1〜2時間のつもりでしたが、社員の皆さんに温かく迎えていただき、あまりに嬉しくて、楽しくて、話が弾み、なんと5時間も長居しちゃった!
イワコーの皆さん、本当に、ありがとうございました!!!


本社前で、社員の皆さんに大歓迎していただきました。


工場の入口には、きれいなショーケースがあり、そこには、イワコーの消しゴムで、スタッフの皆さんが作った「お菓子の家」が!



なんて夢のある工場でしょう!!
中には、消しゴムを作る大きな機械が、15台。
24時間稼働していて、1日に4万個の消しゴムのパーツを作り出しているそうです。
機械から出来あがったばかりの、一連の小さなハンドルを、岩沢さんが見せてくれました。



これ、何の消しゴムの一部か、わかりますか?
答えは、イワコーの公式サイトで探してね(笑)。

工場長の三浦さんは、「何かものを作り出す仕事をしたい」と思っていたころ、イワコーの消しゴムと出会って感動し、この道に入ったそうです。


三浦工場長


彼の消しゴム人生で、一番嬉しかったことは、と聞いたら、
「創業者と一緒に仕事ができていることです」
と、おっしゃっていました。
他の方々も、とても楽しく作業をしていらっしゃるのが、よくわかりますね。



誇りを持って、すばらしい作品を生み出している・・・皆さん、そういう実感をお持ちなのだと、感じました。


昨年の私の「消しゴムのクリスマスツリー」製作を助けてくださった、
藤澤さん(向かって左)と、谷さん(右)。


イワコー本社内の展示室には、愉快で、可愛くて、心躍るデコレーションがいっぱいで、絵本の国のようでしたよ。

ちっとも偉ぶらず、冗談を言って皆を笑わせ、若いスタッフと一緒にアイデアを練りながら、新しい消しゴムを開発していらっしゃる、岩沢さんの姿に胸打たれました。
イワコーの皆さんは、そんな創業者を心から尊敬し、共に仕事をする幸せを感じているのでしょう。
だからこそ、イワコーの消しゴムは、愛や喜びや夢や笑顔に満ちた、傑作となるわけですね!
私はお土産をたくさんいただいて、恐縮しながらも、大喜び。
そのなかから、ひとつだけ、飛びっきりのお気に入りを、ご紹介しましょう。



なんて可愛いのでしょう!
赤ちゃんの消しゴム、できたてほやほやの新作です。
おすわりしている子、立っちしている子、ハイハイしている子の、3種類。
またもや、傑作の誕生ですね!
ちなみに、赤ちゃんたちのベビーカーは、藤澤さんの手作りなんですよ!!

途中で、消しゴムコレクターの、まゆぷーさんもわざわざ駆けつけてくださって、みんなで、消しゴムの未来や、新しいクリエーション、イベントのプランなど、話はおおいに盛り上がりました。
あ〜、本当に、ステキな時間でした!!
実は!
来年5月1日、イワコーは創業55周年を迎えます。
その記念イベントを実現させましょう、と私たちはウキウキと話し込んだのです。
そしてそのあと大至急で動いて、なんと、東京銀座、伊東屋10階サロンでの、「イワコー面白消しゴムの全て」展の開催が、決定しました!!
スゴイです!!
4月29日〜5月2日の展示会で、55周年記念のスペシャルな消しゴムも、どっさり製作し、販売します。
(この会場でしか手に入らない、記念の消しゴムたちです。)
5月1日の午後には、私たちのトークショーもありますよ。
ぜひ皆さん、遊びにいらしてくださいね!
一緒に、すばらしい消しゴムの世界を楽しみましょう!!!


2022年12月10日  

楠田 枝里子